Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

送別会

寿退社する同僚の婚約者はエリートだけどエッチは物足りないらしい

職場の同僚の友紀(27)が寿退社することになった。 

友紀は見た目派手ではないので特別目立つ女というわけではないが、真面目で控え目な性格で家庭をしっかり守ってくれそうな雰囲気が好印象な女だ。 

婚約者の男は一流大学卒で一流企業に勤めているエリートらしい。 

確か最近まで友紀は「今、彼氏はいない」と言っていたと思っていたが・・・

相手の男がエリートとなると結婚への決断も早いということか。 
意外と打算的なところは、やはり女ということなんだろうな、ちっ! 

友紀に対して特に恋愛感情があるわけではなかったが、退社でこのまま会えなくなるのもちょっと惜しいと思ったので飲みに誘った。 
もちろんあわよくば一発という目論見で。 

居酒屋にて最初は会社のことや仕事のことを話していたが、酒が進むと砕けた雰囲気になり、会話もプライベートな話になっていた。

「今、幸せ?」と聞く俺に 
「うん、幸せだよ」と屈託のない笑顔で答える友紀。 

確かに幸せそうだった。 
ただ、結婚相手の彼氏、一流大学卒で一流企業に勤めているエリートということで俺はモテ男を想像していたが、どうやらそうではなく女関係はイマイチらしい。 

「彼からはっきりとは聞いてないけど、私が初めての相手、つまり今まで童貞だったんじゃないかな」ということだった。 

「じゃあ、エッチは物足りないんじゃない?」と聞くと 
「・・・でも、彼のこと好きだから」 

歯切れの悪い返事をする友紀から、ちょっと物足りないでいることは感じとれた。 
もしかしてチャンス!? 

「俺なら友紀のこと満足させてあげられるんだけどなぁ」と押してみたが、 
「ハハハ・・・」と友紀に適当にはぐらかされた。 

居酒屋からの帰り道、数件あるラブホテルの前で友紀を誘った。 
唐突だったので拒否されるが、 
「大丈夫、変なことはしないから!」と言って、半ば強引にラブホの中へ友紀を連れ込んだ。 

百貨店新卒研修で出会った白石美帆似の絵里ちゃんに送別会の後キスされ

 以前、某百貨店に勤めていたときの話ですが、新卒で採用された新入社員は配属先がどこであれ、研修期間中は売り場に立たされます。派遣先は人事部に委ねられていたのですが、事もあろうか、私は婦人服飾部のショップ売り場に派遣される事になってしまいました。

 ショップ売り場とは、ブランドショップがひしめくゾーンで社員は殆どおらず、メーカーから派遣された販売員が数多く在籍する売り場です。案の定その売り場は、4人の管理者である男性社員、2名の会計担当の女性社員、以下約30名の販売員(殆ど女性)で構成されていました。研修派遣の当日、朝礼で私のことが紹介されました。私の目の前にはお洒落な自社ブランドの服を身にまとった面々。中でも私の目をひきつけたのは、細身で背の高い絵里ちゃんでした。身長170cmの私とほぼ同じ背丈で、白石美帆をシャープにした感じの22歳の女性。
 
 その時は、3ヶ月という研修期間の間に何か楽しい事があればいいなと、淡い期待を抱いたのですが・・現実は厳しいものでした。飲みに誘ってくるのは、絵里ちゃん以外の女性。たまに絵里ちゃんが飲み会に来ても、他の人の相手をしている間に絵里ちゃんが帰宅してしまうなど、売り場でたまに会話をしたり、休憩室で話したりすることはあったものの、深いコミュニケーションを取る機会も無く、あっという間に研修期間が終わってしまいました。ヘタレ確定・・

 研修から数ヶ月の間、本部に配属された私は、新入社員ということもあり仕事に没頭していました。そんなある日、私は絵里ちゃんが他の百貨店に異動する事を、売り場でお世話になった派遣さんから、駅でバッタリ会った時に聞いたのです。絵里ちゃんには何となく淡い憧れを抱いていたので、多少ショックを受けましたが、勤務先も離れているためどうしようもありません。私には諦めるしか方法がありませんでした。

 それから10日程経った金曜日の夜9時ごろ、残業中の私の携帯がなりました。電話にでてみると、売場研修でお世話になった主任からの電話でした。「○○君、まだ会社にいる?実は今、絵里ちゃんの送別会の最中なんだけど、絵里ちゃんが酔っ払っちゃって、何で○○君が来ないんだ!』って荒れてるんだよ。何とかこっちに来られないかな?」との事。

 当日は非常に忙しく、終電に間に合わない恐れがあったため、車で出勤していたほどです。絵里ちゃんの送別会に出たい・・。しかし仕事をここで終えると、明日の土曜日は、100%休日出勤になる・・。が、迷いは一瞬でした。

「すぐに伺います。」そう答えると、脱兎のごとく会社を後にしました。店に着くと、部屋を貸しきった送別会会場はかなり盛り上がっていました。なんせ殆どが女性でしたから。一番奥にいる絵里ちゃんは、私の姿を目にするなり「○○ー!遅いぞー!何処行ってたのー!!」明るく元気な性格でありながら、普段は落ち着いている絵里ちゃんがそう叫んだので、更にどっと場が盛り上がりました。

○○営業所の佐藤さん(寿退社する3歳年上のあこがれ女性、高嶺の花)

当時、俺は入社2年目、相手は3つ先輩の営業事務。当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、その中でも「○○営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば誰でも名前を知ってるくらい綺麗な人だった。
割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さはないが、話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。
俺は当時学生の彼女がいたが、飲み会とかで誰が好みか議論になると「おれは断然佐藤さんがいい!」「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」「えー、そうかなー」とか言って楽しんでた感じ。恋愛感情には至らなかった。
その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、まぁ俺もたまに話してホンワカした気持ちになる程度だった。所謂『高嶺の花』という感じ。
そして、俺が2年目の終わりの3月に、佐藤さんは寿退社することになり、その送別会での事だった。

佐藤さんの彼氏は、会った人に言わせると俺に似ているらしかった。
酔った勢いもあって
「佐藤さん、もしもっと早く知り合ってたら、自分が佐藤さんと付き合ってたかもしれませんよね!」
そしたら「そうだね」なんて言うものだから社交辞令とはわかりつつも、送別会では最後まで
「あ~、もっと早く知り合ってれば~」
ばっかり言って、まわりから「何勘違いしてんだ。馬鹿じゃない」とかいじられながら、雰囲気としては楽しくお開きとなった。

スタートが遅くて、店を出た時は電車はなかった。当時は今ほど飲酒運転が騒がれてなかったこともあり、帰る方向が同じ同士で何台かのクルマに別れて帰ることになった。
俺は飲んだ勢いもあり、
「佐藤さんは自分が送ってきますよ!」とみんなに宣言。方向は全然違ったけど。佐藤さんは意外とあっさり「じゃあお願いね」
回りの奴らは「最後だからな。まぁ事故だけ気を付けろよ」とか「おまえもしつこいねー。佐藤さん実は迷惑なんじゃねーの?」とか言ってた。

派遣の女の子との話(22才、送別会の後ホテルに直行)

先週の金曜、派遣の子たちの送別会がありました。

前から気になっていたIさんという子を誘いたくて、2次会後、酔ったから帰ると言う彼女を、最後だからもう1件飲みに行こうと強引にバーに連れていきました。

彼女は22才、童顔で幼く見えますが体は肉感的で、芸能人でいうと乙葉みたいな感じでしょうか。

黙々と仕事をするので、まじめで堅いイメージでしたが、休憩中に話してみると意外と人なつこく、会話も上手で笑顔のかわいい子だなと思うようになりました。

彼女は2件目で結構飲んでいたらしく、「もうあまり飲めませんよー」と赤い顔で嬉しそうに言ってます。

飲みながら、彼氏はいるけどうまくいってないとの話を聞き、「うちの会社にいい人いなかったの?」と聞くと「○○さん(俺)素敵だと思いますよ…」にっこり!と。

いける!と思った俺は、すっかり目がとろんとしてきた彼女に「君のこと好きになったんだ。」と告白。店を出てふらふらしながら歩く彼女の手を引き、ホテルへ直行しました。

(続きは下記のリンク先で)

最新記事