Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

脅迫

部長と不倫していた人妻上司を証拠の動画をネタに脅して調教する話

僕は31歳の独身会社員です。彼女いない歴もかれこれ7年くらいたつでしょうか?これは、前回付き合った彼女との別れにすったもんだがあり、かなりの労力を使ったため、若干特定の女性と付き合うのにためらっているせいもあります。後、1人身で風俗通いが好きなだけ好きなときにできることに今は満足していることもあります。しかし、周りの同期は昇進していき、会社での焦りがあるのも事実。しかも、今回あるプロジェクトにかかわることになったのですが、てっきりリーダーに指名されると思いきや、サブリーダーでした。しかも、リーダーは34歳の真美子さん。もちろん社歴は先輩なのですが、今までもこれといって、重要な役職はなく、すでに結婚しており、噂では私用で急に休むこともしばしばだそうで、どちらかというと僕が見張り役なのかと思ってしまうほどです。しかし、僕の元上司に確認したところ、真美子さんも一応、結果を出していて、認められての昇格らしいので、従うしかないなと思いました。唯一許せるのは、真美子さん、結構グラマーで、推定Fカップのおっぱいと、スーツ姿がいつもミニスカートで、スカートからこぼれる太腿がちょっと気になっていたのです。 
そして、一緒に働き始めて、数週間が過ぎ、ある見てはいけない秘密を見てしまったのです。それはこの人事の秘密に迫るものです。それは、僕が退社後忘れ物に気づき、社内に戻ったときのことです。気づいたのが30分以上たってからで、しかも翌朝に経過報告するために、家で資料整理いようと思っていたので、どうしても必要だったのです。真美子さんは残業するといっていたので、たぶんまだ残っているだろうと思い、会社のある集合ビルに入って行き、社内へと歩を進め、僕たちのプロジェクトの部屋に近づいた。しかし、中からはなぜか会社からは到底聞こえるはずのない男女の性行為している声が漏れてきたのです。おそらく、誰も来ないと思っているのか、ドアは半開きで中の様子をチラ見したところ、真美子さんとなんと、うちの会社の新規プロジェクトの部長との性行為でした。その部長は真美子さんを人事に推薦した本人です。前からの関係なのか、この件を機にその関係になったのかは定かではありませんが、そういえば、新人のときに一から教えてくれたのが、部長だし、恩返ししたいといっていたのを思い出しました。ひょっとしたら、すでにそのころからの関係なのかもしれません。とはいえ、2人とも家族ある身。いわゆる不倫関係です。 
僕はいいネタをいただいたと思いました。もちろん、携帯で動画をとり、動かぬ証拠をゲットしたのは当然の流れです。 
さて、翌日一日いつも通り仕事をし、昨日あの後家出がんばって用意した資料も無事発表が終わり、部長からもOKを頂き今までになくお褒めの言葉を頂き気分も上々です。その日は部長は家庭の用事があるらしく、定時でそそくさと帰って行きました。真美子さんは今日も残業をするらしいです。他の同じプロジェクトのメンバーも退社して行きました。僕は、真美子さんに一緒に残業すると告げました。今日の報告がうれしくて、さらに確実なものにしたいというと、今日は金曜で明日、あさって休みだし、一緒にがんばってのこってあげるといわれました。1時間ほど経過し、仕事のめどが立ち、真美子さんから、休憩しようと提案があり、コーヒーを入れてもらいました。僕もビルの1階にあるコンビニにいき、スイーツを買い一緒にホッコリと休憩しました。 
しかし、一転空気が変わりました。もちろん昨日のことを問い詰め始めたからです。別に脅すつもりではなく、昨日この部屋に戻って書類を取りに戻った際に起こっていた状況を話し、動画も見せ付けました。真美子さんは凍っていました。
(続きは下記のリンク先で)

会社の女(同僚のW不倫の現場に遭遇・撮影→脅迫して寝取った)

俺は30歳、会社員

俺の会社は電気部品の工場で、俺は製品管理をしている。 
そんな時、友人から噂話を聞いた。 
事務員の女と検査の男が浮気をしているとの事。しかも、書類室で密会をしていて、中では何をしているのか? 
その女は俺の2歳年上で、かなりの美形(スタイル抜群)。俺は入社当時から憧れの女性だった。しかし、結婚していたので 
俺は諦めていたのだ。しかも、相手の男性も結婚していて、まさにW不倫だった。まぁ噂なので、嘘だと思っていた。

ある日、俺は書類を捜しに、例の部屋に入って探し物をしていた。その時、誰かが中に入ってきた。 
その後を追う様にもう一人が入ってきて会話が始まった。俺は、黙って影で様子を伺っていた。

男「誰もいないよな」 
女「大丈夫、こんなとこ、誰も来ないよ」 
男「キスしようぜ!」 チュッ 
男「興奮するよ。真奈美」 
女「でも、バレタラ大変よ」 
男「もう、我慢出来ない、早く頼む」 
女「もう・・・でも私も濡れまくって大変なの」 
男「お前がそんな女だったとは思わなかったよ」 
女「そんな事言わないで」 
男「早くお尻をこっちに向けて」 
パンパンパン肌が当たる音がした。こんな所でSEXしている!俺は物陰から2人を確認し驚いた。噂の人だった。 
俺は携帯で、映像を盗撮した。(開始のタイミングで音がするからドキドキしたが、気づいていない様だった) 
15分位して2人は出て行った。 
事務所で確認すると、何もなかったかの様なそぶりで、仕事をしていた。 
帰り時間、俺は例の彼女に初めて話しかけた。 
俺  「今晩は、真奈美さん」 

セクハラ部長に犯される人妻(夫を海外転勤させると脅されて)

私は社内結婚でもうすぐ2年が過ぎようとしています。
主人は同じ会社の同僚なんですが、出張が多く、国内はもとより海外も年に2~3回くらいあります。

私は結婚して寿退社をしたのですが、勤めている時は会社を辞めたくてしょうがなかったんです。だから今は専業主婦で毎日が充実しているんですが、いまだに子供ができません。
主人は仕事が忙しく、なかなか抱いてもらえないんです。

私としては、エッチすることは大好きなので、毎日でも愛されたいのですが、相手がいてのことなので、仕方なく主人がいない時は決まって午前中からオナニーばかりしてます。
たまにツーショットダイヤルや出会い系サイトで相手を見つけては、会うことはないのですが、テレホンエッチをよくしています。主人には内緒ですが・・・。

でも主人も仕事をがんばったことで、課長に昇進し、同期の中では一番出世です。
でもそれだけ多忙になり、私とのエッチは月に1~2回くらいで、出世するのはうれしいんですが、でも主人も私のためにがんばっているので、そこのところは私が我慢しないといけないんです。

しかしOL時代にある上司からスケベな言葉なんかでセクハラを受けていて、私はどちらかというと、気が弱いほうなので、何も言えずに耐えていたんです。
このことは主人も知っていて、私をかばってくれたこともあるんです。

しかし、出世して半年が過ぎた頃、セクハラ上司から家に電話があったんです。主人のことで相談したいことがある、とのことで呼び出されたんです。
どうしようかと思いましたが、もう退職してるし、主人のことなので、行かないわけにもいかず、駅まで行ったんです。

セクハラ上司は車で来ていて、そのまま車に乗って少しドライブしながら話をすることになったんです。
しかし、セクハラは昔と変わらず、私の膝の上に手をのせたり、夫婦生活のこととか聞いてくるんです。

「部長、いい加減にしてください。今日の話はなんですか」
私は退職してる強みで強く言ったのですが、
「実は旦那の海外転勤のことでな・・」
部長はぶきみな笑いをしながらさらに、
「中東アジアは危険だな~」
「は、はい、そうですね」
「今度行ってもらおうと思ってな」
「え、主人がですか?」
「そうなんだ、残念だな~」
「でも夫婦一緒でいいんですよね」
「いいや、単身赴任かな~」
「え、なんでだめなんですか?」
これは会社命令だからな、仕方ないな」
 「部長、どうにかならないんですか?」
「ならないことはないんだけどな~」
「部長、お願いします、私、主人と離れたくないんです」
「そうだよね、5~10年離れると抱いてもらえなくなるからな」
「まあ、それはまた別の話で・・・・・」
「さっきまでの勢いはどうしたのかな~」

私はこのセクハラ部長にかなり頭にきたのですが、主人のことを思うと、逆らえません。

(続きは下記のリンク先で)

課長との不倫を同僚にバレてしまい(同僚に脅され縛られ犯された)

私は24歳OLです。
1年前から職場の上司と不倫をしていました。

誰にもばれないようにしていたつもりだったのに、ある日、同僚の斉藤君(仮名)に帰り際
「美砂(仮名)ちゃん、ちょっと・・」と呼び止められました。 

「今日、ご飯でもどう?」と言われ、気乗りしなかった私は
「ごめん、用事あるの」と断ると斉藤君は
「今日も課長、美砂の家来るんだ?」と
ニヤッと笑いながら耳元で言いました。

私は動揺し、真っ赤になっていたと思います。

「今日、つきあってくれるよね?」と
半ば強引に食事に行きました。

「いつからつきあってんの?」
「それにしても驚いたな~純情そうな美砂が人の旦那と不倫かあ?」
斉藤君は食事中も意地悪な質問をしてきます。

会社中にバレたら・・課長に迷惑がかかります。
「お願いだから・・言わないで」と頼みました。

すると斉藤君は
「いいよ、そのかわり美砂ちゃんを

不倫してる女上司に(画像データで脅して攻めたら完全に落ちてメス豚に)

夕方になって女上司に呼ばれて、画像の件で話がしたいって言われた。 
俺には話す事無いですよって言ったけど必死になってて、マジでウケた。 
20時に俺の最寄り駅で待ち合わせしたら、上司は車で登場。 
乗せられて向かった先は、駅から20分も車で走ったとこにある寂れたカラオケ。

部屋に入ってすぐ「何でアナタが写真持ってるの?」ってね。 
いつもの冷めた表情じゃなくて、マジでビビった女の子の顔で聞いてきた。 
「この前上司がタクシーで忘れて・・・」って説明してやった。 
画像はあれだけじゃないよ、もっとたくさん持ってるよとも付け加えて。

そしたら俺の腕を掴んで「お願い、お金なら払うから返して」だってさ。 
だから言ってやったのよ。 
「まずは今日の事を謝ってもらえます?」って。 
勘違いであれだけ罵倒しておいて、勘違いを認めず謝りもしなかったしって。 
「ごめんなさい。私の勘違いだったわ。本当にごめんなさい」って素直に謝ってくれた。 
それでも渡す気は無かった。気分はかなり良くなったけどね。

やっぱりここでどこからか悪魔の囁きが聞こえてきちゃいましてね。 
「返して欲しいならチンコ舐めて下さいよ」って言っちゃった。 
「えっ?何言ってるの?そんなの無理に決まってるじゃない。何言ってるのよ」 
まぁ~初めはそんな感じで拒絶されてました。 
でも「今はネットもありますからね」とか付け加えてたら折れました。

俺の要求通り、ベルトを外してトランクスの上からチンコを触らせた。 
黙々と触り始めたけど、何とも言えない興奮感。 
トランクスの社会の窓からチンコを出させて、その場で舐めさせてやった。 
いきなり激しくしゃぶり出したから、頭を掴んで言ってやったわけ。 
「まずは舌で丁寧に舐めて、激しくするのはもっと後だろ」って。 
男上司に仕込まれているのか元々なのか、丁寧に舌を器用に動かしながら舐めてくれた。
最新記事