例年は私と女子社員のMちゃん(28)とで担当している研修に、
Mちゃんが都合で行けなくなったため、今年はAさん36歳既婚♀と昨年
入社したB君24歳♂との3人で行くことになった。
 
 
私は会社では品行方正、人畜無害^^;で通っているが、実は盗撮マニアである。
以前は本屋や電車などで逆さ撮りなどもしていたが、一回捕まりかかったことが
あり、それ以来はあまりリスキーな盗撮はしなくなっていた。

そんな私にとって毎年のこの研修は密かな楽しみだった。
ホテルへのチェックインは私がまとめて行って、全員に鍵を渡すのだが、Mちゃんの
部屋には先に入って、置時計型の盗撮カメラをベッドが映るようにセットしてから
戻って鍵を配るのだ。

バスルームを狙いたいのだがちょうどいい場所がないのでベッドを狙っているのだが
残念ながら生乳や裸はゲットしたことがない。
それでもMちゃんの可愛いい下着姿は何度も盗撮させてもらっていて、活動の少なく
なった私にとっては職場の同僚の盗撮というスリルとあいまって、最高の楽しみだった。

今年はMちゃんがいないかわりにAさんがいる。
まだAさんを盗撮するチャンスは一度もなかったので、私にとっては絶好のチャンスだった。

Aさんは娘さんが一人のママさんだが、背はそれほどでもないが服の上からもわかる
プロポーションは均整がとれて目を引くし、なにより桐島カレン似の美人だった。
初めて会ったときから旦那が羨ましくて羨ましくてしかたがなかったほどだった。

そんな美人でありながら仕事はテキパキ、ちょっと性格的にはキツめのところもあるが
旦那以外は男は眼中にないといったクールな風情もターゲットとしては生唾もの以外の
なにものでもない。

夕方の研修が終わって、ホテルのレストランで夕食。
そのあと外出して一杯と誘ってみたが例年のMちゃん同様やんわりと断られて、若造の
Bを連れていっても面白くもなんともないので、部屋で缶ビールを寝酒に有料テレビを見て
ご就寝となった。 まあ楽しみは帰ってからの盗撮の再生ということ。