Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

派遣

派遣で入った超美人の人妻を営業に同行させ商談前にフェラさせていた

超激務部署に配属されていた2年前、何人もの派遣さんが入り混じって活気 のある部だった。
そんな中に新しく配属してきたM子さん。概婚の同い年 (29)人妻の色気をもった超美人だった。おちゃらけ担当のわしは即効、
小手先の笑いで挨拶をすませ、4日間位は朝晩の挨拶程度。
 そしてついに人生、最高で最悪の幕開けが始まった。
商談先の会社へ訪問前、上司からM子さんを同行させ、仕事内容を勉強 させてとの事、
ちょっと大きな取引話だったんで、「一瞬マズイと思ったが、まあ バリット決めていい所見せよう」と楽な気でOK
 車の中で初日以来の会話、まあ仕事の話や家庭の話やったと思う。

そのうち、早くもM子さんにヘナチョコアタックをかけてくる奴がいて迷惑
していると相談された。「悩みを聞いて、何とかせんとネって」一通り相談 が終わったあと、出てしまった得意のおちゃらけが・・・・・


「○○の気持ちもわかるで、M子さん美人じゃけわしでも好意持つよ」
「って 、実はもうやばいんじゃ~」って暴露
 助手席のM子さんは、黒ストにヒール。すらーとした脚、車に乗り込んで
から、ちら見決めて「ギンギン」状態。
「もぉお~○カさんって肩をパチと叩かれ、笑った」
そう、実はM子さんは、わしが脚、ちら見してた事も「ギンギン」になってた
事を知っていたのだ。もうこうなりゃ話はH方面へ・・・・
「このままじゃ商談にならん、M子ちゃんが手こきしてくれとる事
想像して自分で慰めてくるよ」
ってスーパーの駐車場に車を入れた。
「自爆ネタと時間つぶしにジュースを買ってくるつもりやったんだが・・・」
「M子ちゃんが、本物でも良いよってマジ顔になった」
そのままスーパーのトイレに二人で入った。

手でしてくれると思ってたら、いきなりフェラしてくれた。もう夢中で、M子ちゃん
の服を脱がせ胸をナメまくった、全喘たれてない むしろハリがある。
M子を便座に座らせ、黒ストッキングを破った(ここはスーパーすぐ買える、なぜかそこだけは冷静だった) M子のアソコを触りまくった。びょしょびしょやった。さすがにここで挿入は音が聞こえるので止めた、そのまま口に出した。
M子は意地悪そうに沢山出たよって笑った。
 黒スト買って、そのまま商談、大成功、最高の取引になった。
M子とは、次の日すぐホテルに行った。

会社の同期のパソコンで職場の女の子とのハメ撮り画像を発見した

先週の土曜日、会社の送別会があった。
俺がいる部署は特にそうなんだけど、女の子ほとんどが派遣社員という会社。
見た目で採用してるんじゃね?
とよく言われるが、それぐらい粒揃いが揃っている。

人妻もいるし20代前半もいるしで、派遣社員と社内恋愛から結婚した同僚もいるぐらい。
だからだと思うけど、ある時期になると決まって送別会をやっている。
派遣期間が切れて更新しない子が数人いると、必ずと言ってイイ程上司がやりたがるんです。
土曜日もそうでした。

4人の派遣さんが辞めるらしく、俺は仕事をしてから出席。
今回の4人にはさほど興味が無かった。
だから同僚たちと普通にメシ食いながら呑んで楽しんでました。

いつも通りなんだけど、来ている他の派遣さんが可愛いから、呑んだ後はカラオケに流れる事が多い。
案の定その日もみんなカラオケに行って、終電ギリギリまで騒ぎまくってた。
そんな中ただ1人、同期の設楽だけは楽しそうじゃない。

そんな中ただ1人、同期の設楽だけは楽しそうじゃない。
「どうした?」
「いや…。具合悪くてさ」
「酔っ払ったのか?」
「いや…。風邪っぽかったからだと思う」
「無理すんなよ?早めに帰ったら?」
「まぁ~もうちょいでお開きだろうからさ・・・」
隅っこで静かにしていた設楽でしたが、お開きになって帰る頃にはもうグッタリです。

同じ沿線だったので俺が面倒みる事になり、一緒に電車に乗りました。
でも3つ進んだ駅で途中下車してしまい、結局終電も無くなってしまいました。
仕方ないからとタクシーを拾い、設楽の家へ向かったんです。
俺は助手席に乗って、後部座席で設楽が寝てる状態。
部屋の中まで連れて行って、とりあえず寝かせてやりました。

「そこに薬箱あるから」
というので取ってやると、常備しているらしい風邪薬を呑んで寝てしまったんです。
熱を測ると、なんと38度以上もあります。
こりゃ伝染ったら最悪だと思って、即退散しようと思いました。

小声で
「帰るぞ~」
と伝えて靴を履いていると、最悪な事に仕事の電話がかかってきました。

ふざけんなよ…。
と思いつつ対応すると、今日持って行ったUBSメモリーの中を確認してくれという。
今出先なんで…と言ったらスゲェ~焦ってるから、あっ!と思い出してまた部屋に入りました。
設楽のPCがあったので、それを拝借しようと思ったんです。
メモリー確認するだけだからとPCを立ち上げ、しばらく仕事をさせてもらいました。

USBを差し込んでエクスプローラーで開いたんですが、電話で説明しながらふとあるフォルダに目が止まりました。
ご丁寧にも
「ハメ①」とか「ハメ②」
とか書いてあったんです。

何だろと思ったので、ちょっとだけ…。
と中を見てしまいました。

(続きは下記のリンク先で)


派遣先のキモイ男に汚い所を盗撮されて弱みを握られ犯された

こんにちは私は穴井伊代(仮名)と申します。

私は派遣社員という仕事が大好きで、色々な企業のお仕事を手伝わせて頂いてきましたが、このお話は、ある企業様に派遣された時にとんだ失態をした事からはじまったお話です。

まず私の紹介からですが、顔は「中山○穂」さんと「伊○美咲」の間みたいな顔だと良く言われます。
比較的良い大学も出ていますので、頭も良い方だと思います。
自慢と悩みのタネでもあるのですが、胸がGカップで、会社でもかなり目立ってしまいます。

若い頃はこの体のせいで、男の人からの攻撃がすごくて酷い目に合った事もあります。
私自身、過去の体験が色々有りすぎて、早くから性に目覚めていたと思います。

さて、私の体験談ですが、ある企業に派遣されて1年半が過ぎた頃です。
その企業は社員数が200人程で、私が派遣された中では中級規模の大きさでした。
繁忙期が年末年始や年度末と言う事もあって、社員旅行が毎年9月に行く事になっていました。
200人いる社員で、出席する人は平均80人位でしたが、その年は50人程しか出席者が居なくて、頭数合わせに派遣社員も誘われたので、私はすぐにオッケーしました。
社員旅行といっても旅費をお給料から積み立てている訳では無く、会社が全額負担をしてくれると言う事だったので問題無く参加を決めました。
会社が旅費を全額負担してくれるので、あまり高額な旅行は経費として認められないそうで、毎年キャンプ場でバーベキューをしてバンガローに泊まる程度の旅行でした。

ちょっと気になったのは、その旅行の幹事役が私の大嫌いな経理部の「阿部」と言う男でした。
阿部は私と話す度に胸の谷間を覗いたり、話を長引かせる為にタイムカードを内容をつついてきたり、とにかく性格が細かくてスケベな癖に人前ではそんな素振りを隠している人なんです。
とくに体系と顔が生理的に受け付けられません。
いわゆる眼鏡デブで、顔はキャ○ーンの天野くんに少し似ていて、お風呂に入っていないのか髪の毛がいつも油っぽい人でした。

旅行の日程の連絡の時も、必ず私が座っている所に後ろから近付いて来て、胸を覗き込むように話しかけて来ます。
「社員じゃ無いのにラッキーだねー」とか空気の読めない一言を平気で言ってくるのが信じられません。
まあ、当日は50人以上は人がいるので、阿部と話さなければ良いだけですので全然気にしてはいませんでした。

しばらくして9月になり旅行の日が来ました。
社員で車を持っている人は乗り合わせて現地に向かったり、マイクロバスをレンタルしたりとバラバラで向かいました。
9月にしては熱い日で、私はタンクトップの上に薄手のカーディガンを着て行きましたが、現地に着くと熱過ぎて着ていられなくなってタンクトップでバーベキューをしていました。

ふと気がつくと、阿部がビデオカメラを持って皆の様子を撮影していました。
案の定私の近くに来て「いやー熱いですねー」とカメラを撮りながら話しかけて来ますが、私がしゃがみ込んでいる時に、上から覗き込むようにカメラを撮っています。
すごく不愉快だったので、すぐに違う女の子達の所へ逃げました。

そしてお酒を飲みながらバーベキューを食べいると、少しお腹が痛くなってきました。
最初は我慢していましたが、どうやらお腹を下している感じでした。
途中でトイレに行ったのですが、別の団体もいたので長蛇の列でした。
今考えればそこで並んでいたら何の問題も無かったのですが、私はまた後で来れば空いているかもと思って、皆の所に戻りました。
しばらくしてどうしても無理だったので、もう一度トイレに向かうと、全然行列は減っていませんでした。
しょうがなく並びましたが、オシッコならまだしも、大きい方なので、脂汗も出てくる程苦しくなって来ました。
私は意を決して、バッグの有る所まで戻ってポケットティッシュ取り、森の方へ小走りに向かいました。
外でするなんて今まで考えられませんでしたが、この時は必死でした。
かなり森の奥まで進んで、周りの人を確認しましたが誰も居なかったので、パンツを降ろして木を背中にしてしゃがみ込みました。
しゃがんだと同時に大きな破裂音が森に響き渡りました。
私は心臓がドキドキいってるのがハッキリ聞こえました。

「プスー、バフッ、バフッ、グリュウウウウウウウウ」と自分でも止められない音でした。
しばらくはお腹が痛くて動けませんでしたが、やっと調子も戻って何とか事を終えて森を出ようとして歩いていると、来る時は全然気がつかなかったのですが、第二駐車場がすぐそこに見えました。
どうやら私は森の奥に進めば皆から離れると思っていたのですが、もう少し進んでいたら駐車場に出ていた所です。
正気に戻るとかなり恥ずかしい所でしていた事に気がつきました。

何とか無事に乗り切れた開放感と、走った時にお酒が廻ったので、良い気分で皆の所へ戻りました。
そして日も落ちて来て、バラバラとバンガローに戻る人や、近くの健康ランドへ行ってお風呂に入る人、まだまだ飲み続けている人など、それぞれで行動していました。
私は女の子達と一緒に健康ランドに行く事にしたので駐車場へ向かいました。
すると途中で阿部が「穴井さーん、ちょっといい?」と話しかけて来ました。
私は「えっ、これからお風呂に皆で行くので・・・」と言うと「ちょっと穴井さんにしか見せられないものがあるんですよ!」としつこく誘ってくるので、「何ですか?すぐ終わります?」と言って少しだけ話を聞く事にしました。

阿部は「じゃあ早送りで見せますね!」と言って自前のカメラを取り出して再生を始めました。
そして始めは理解出来なかったんですが、森の中の映像が映り始めた時に絶句してしまいました・・・
あの時の外で用を足していた映像を盗撮されていました。
それどころか、私が居なくなった後、私の出した物までカメラに納めていたんです・・・

派遣先の上司に無理やり挿入されレイプされた人妻の体験談

私は、優子。今年で28才。主人と二人の子供がいます。

大学を卒業して間もなく主人と結婚しました。
子供の手も離れ生活に困ってる訳ではありませんが、ただ家にいても勿体ないと思って派遣会社に登録しました。
事務のお仕事を中心に暇な時を選んでお勤めに出る事にしたんです。

そんな派遣先に郊外ショッピングモールでの事務のお仕事が決まり派遣されました。

服装は基本自由なのですが、事務職なので華美にならにようと言われていますので、白のブラウスに紺色もしくは黒のスカートで出勤します。

定期的では無いけれど、緊張感もあって楽しく仕事していました。
そんなモールの副店長が事務を束ねていて派遣の采配も握っていました。

そんなある日副店長から派遣会社の事で相談があると言われました。
派遣会社の若い営業さんがようやく取れた得意先なんですと嬉しそうに話していたのと、マネキンさんを含め沢山派遣を受け入れてくれる先でもあったので断る理由も見つからずOKしました。

突然だと家の事もあるので改めてと言う事になりました。
その日は主人が子供達の面倒をみてくれると言う事だったので多少遅くなるかもと告げて出かけました。

仕事も終わり帰り支度をしてたころ副店長からここでは話し辛いので外でと言われ副店長の車ででかけました。

 ファミレスか喫茶店だろうと思っていましたが、少し離れた空き地に車を止めた時、副店長がいきなり覆い被さってきたんです。

シートベルトをしていた事や、突然だったのでいきなり唇を奪われた形でした。

タバコの臭いのする口臭でヌメッとした舌が固く閉じた唇の間に入れてこようとします。

片方の手はブラウスの上から手を差し入れブラの中に・・・抵抗しても力で負けます。

指が乳首に触れ摘まれ思わずふっと息があがりました。それを感じていると勘違いされ更に指で摘んできます。

いやいやと抵抗しますが、派遣会社の営業さんの顔が浮かび激しく抵抗もできません。

(続きは下記のリンク先で)

派遣会社管理職の特権(Hサイトを見ていてそのままセックスした)

某派遣会社で派遣先の割り振りをする仕事をしています。 
オフィースワークを中心に派遣しているので女性が多いです。 
当然のように派遣先でトラブルを起こす人もいて困っていますが 
そんなときがチャンスです。 

ある女性が派遣先でトラブルと連絡があり、 
仕事が終わったら派遣会社の事務所に相談に来ると言うので 
待っていましたが、派遣先が少し遠いので夜8時を過ぎてしまいました。 
事務所には私一人でネットでエロサイトを見て待っていました。 

18 派遣会社 sage 04/12/09 07:03:00 ID:lAxV6Lic
やっと女性が事務所に来てくれました。 
(プロフ:28歳、既婚、どこにでもいそうな普通の人) 
トラブルの原因を聞くと派遣先でのセクハラとのこと。 
どんなことをされたか聞くと 
・部長にしょっちゅう飲みに誘われる。 
・あまりにしつこいので一回だけ食事だけした 
・気をよくしたのか、仕事中に私の隣によく座る。 
・最近は横に座って手を握ってきたりする。 
・今日は朝の電車で腰に手を回された。 
こんな感じの文句でした。 

「明日の朝はこちらに出社してください。一緒に私もあなたの派遣先に伺い話をしにいきます。」と言うと 
「明日から派遣先での仕事をしたくない、派遣先を変えてほしい。」 
最新記事