Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

泥酔

忘年会で泥酔した会社の後輩の美人受付嬢を食べて中出ししちゃった

会社で忘年会だったなあ。 事務の子が受付の友達連れてきてた。 

かなりの美人でキレイだなって。好みによるけどね。退社後に宝くじキャンペーンガール?もやってたくらいだし。良いほうじゃないかな。 

お酒注いで貰って キレイですよねなんて話しながら彼氏いいねえ。 羨ましいよな。なんて何気ない話し。 

事務の子が酔っちゃって俺が送ることになって 受付の子も一緒についてきた。 

オレも酔ってるもんでフラフラ三人で二人三脚みたいで歩き無事に送り届けた。 

受付の子を送る段階で結構飲んでたのか安心感かわかんないけど グタッってもたれ掛かってきた。

うわっラッキーだなあ。でもタクシー捕まえなきゃって通りに出てると 

えっ 気分悪くて休みたいって言い出した。マジか? 

吐きたいって言い出すもんだから公衆トイレに入った。 深夜だからひっそりしてて ついてきてって、、。ついていったよ。 

後ろから支えて口の中にオレの指入れて吐かせた。 何かこんな状況下だが大きくなってきて 彼女に当たってるんだが支えてて離せないんだよね。 

ハンカチで彼女の顔を拭いて タクシーに何とか乗った。 

彼女が何か小声で言ってるけどよく聴こえないから 口元に耳を寄せた。 

気分悪くてまたダメみたい、、。って。 慌てて停めて降りた。 

何故か前にこれでもかってギラギラのラブホ、、。 

入っちまった 

(続きは下記のリンク先で)

10歳年上の会社の女上司と(接待で泥酔し寝ている姿にムラムラ)

思い切って投稿してみます。
需要無いようでしたらスルーして下さいな。
会社の上司がセフレだったっていう話です。

先にスペック書いておきます。
女上司は仮名でエミコ37歳のバツイチでした。
気が強そうなキリリ顔で、仕事もできるバリバリのキャリアウーマンタイプ。
お○ノ水大卒のお嬢様育ち。
164cmで体重は分からないけどスレンダー。
タイトスカートから出る脚は生唾モノ。
着痩せするタイプで、脱げばDカップ美乳の持ち主。
入社当時からエミコは上司でした。
ミスをすると冷たい表情で淡々と説教するので、一緒に仕事するのが本当に嫌だった。
運良く俺は違う上司が直属でいたのでだが、27歳の時転勤が決まりエミコの部下になった。
無難に過ごしていたが、ある時ちょっとした計算間違いが元で大変な事になった。
急遽俺とエミコの2人で謝罪に行き、初めて2人で接待をした。

当時のエミコは接待はしない上司だったので、先方もチャンスだと思ったんじゃないかな。
懐石料理を食べに行き、エミコに飲め飲めと酒を勧めてくる。
俺の失敗だったから見ているわけにもいかず、代わりに呑みます!と凄い飲まされた。
人生であんなに酒を飲んだのは、あの時が最初で最後。
記憶は飛んで歩く事も出来なかったらしく、エミコが家に送ってくれたみたい。

タクシーで帰る途中、何度も停めては路上に吐いてたと後で聞かされた。

その時は俺だけじゃなく、エミコも普通以上に酔ってたみたいです。
俺を抱えて何度も転んでは立ち上がり、擦り傷やアザを作ってました。
部屋に辿り着いてスグに俺はトイレへ直行し、声を掛けても反応が無かったみたいです。
心配でそのまま放置するわけにもいかないと思い、エミコは部屋で待ってたようです。
急アルで意識不明にでもなったら責任問題ですから。

酔ってたエミコは気が付けばそのままベッドにもたれて爆睡。
俺は数時間後の早朝に復活して、寝ているエミコを発見しました。
この時の姿がもう堪らないぐらいエロく見えてしまいました。
タイトスカートからスラリとした綺麗な脚。
正座を横にずらした様なスタイルで寄り掛かって寝ていました。
ヒザ辺りからストッキングは伝線していて、それが妙にエロかったのを覚えてる。

職場の飲み会で39歳独身女性上司を酔わせてお持ち帰り、強引に挿入

一昨日の飲み会で39歳女上司正子マネージャーを持ち帰った。 
化粧ッ気の無い、童顔といえば童顔 
薄化粧のためか39には見えない。 
 
その日の正子マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える 
結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。 
一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人 
マネージャー以外の女性は20代と若い 
ノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、 
正子マネージャーのなんともいえない、純真さというか 
男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、 
隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。 
9時まで飲み2次会のカラオケへ 
カラオケでも正子マネージャーの隣に座り 
腋の隙間から見える黒いブラとハミ乳を見ながら 
正子マネージャーに色々な酒を勧め結構酔いが回り 
眠りに付きそうだった。 

12時カラオケも終わり、各々帰ったが正子マネージャーが酔いが回り 
グッタリとしていたので、俺が肩を支え周りからは後輩たちに 
「先輩マネージャーお願いします」の一言を残し帰っていった。 
先輩といっても後輩と2歳違い、マネージャより14歳も若い。 
内心、しょうがないなぁと思いながらも目は笑っていたに違いない。 
マネージャーに「マネージャータクシー乗りますか?」と聞いても 
返事が無い。しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ 
俺のマンションヘと持ち帰った。 
タクシーに乗ってる間、俺の肩にずっともたれかかって寝ているマネージャー 
15分ほどでマンションに着き、マネージャーを抱えマンションへと入った。 

酔いが完全に廻ったのか、グッタリとして手足をダラ~ンと伸ばしきって 
俺に身を預けているマネージャー。 
部屋に入り、ソファに寝かせるとワンピースが肌蹴太股までずり上がり 
太股の奥の黒い下着と白くスレンダーな太股が目の前に 
俺は時間を忘れずっと見ていた。 
すると寝返りをうって向きを変えたマネージャーを見て我に帰り、 
冷蔵庫から冷えた水を出し一気に飲んだ。 
冷静さが戻ると、逆にこのチャンスを見逃すのかという 
心の誘惑が体を動かし、気がつけばワンピースの背中のジッパーを下ろしていた。 

10歳年上の会社の女上司と(接待で泥酔し寝ている姿にムラムラ)

会社の上司がセフレだった話ですが、先にスペック書いておきます。

女上司は仮名で絵美子37歳のバツイチでした。
気が強そうなキリリ顔で、仕事もできるバリバリのキャリアウーマンタイプ。
お○ノ水大卒のお嬢様育ち。
身長は164cmで、体重は分からないけどスレンダー。
タイトスカートから出る脚は生唾モノ。
着痩せするタイプで、脱げばDカップ美乳の持ち主。

入社当時から絵美子は上司でした。
ミスをすると冷たい表情で淡々と説教するので、一緒に仕事するのが本当に嫌だったのを覚えています。
運良く俺は違う上司が直属だったのだけど、27歳の時転勤が決まり絵美子の部下になった。
無難に過ごしていたが、ある時ちょっとした計算間違いが元で大変な事になった。
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
急遽俺と絵美子の2人で謝罪に行き、初めて2人で接待をした。

当時の絵美子は接待はしない方針だったので、先方もチャンスだと思ったんじゃないかな。
懐石料理を食べに行き、絵美子に飲め飲めと酒を勧めてくる。
俺の失敗だったから見ているわけにもいかず、代わりに呑みます!と凄い飲まされた。
人生であんなに酒を飲んだのは、あの時が最初で最後。
記憶は飛んで歩く事も出来なかったらしく、絵美子が家に送ってくれたみたい。

タクシーで帰る途中、何度も停めては路上に吐いてたと後で聞かされた。
その時は俺だけじゃなく、絵美子も普通以上に酔ってたみたいです。
俺を抱えて何度も転んでは立ち上がり、擦り傷やアザを作ってました。
部屋に辿り着いてスグに俺はトイレへ直行し、声を掛けても反応が無かったみたいです。
心配でそのまま放置するわけにもいかないと思い、絵美子は部屋で待ってたようです。
急性アルコール中毒で意識不明にでもなったら責任問題ですから。

酔ってた絵美子は気が付けばそのままベッドにもたれて爆睡。
俺は数時間後の早朝に復活して、寝ている絵美子を発見しました。
この時の姿がもう堪らないぐらいエロく見えてしまいました。
タイトスカートからスラリとした綺麗な脚。
正座を横にずらした様なスタイルで寄り掛かって寝ていました。

みんなに嫌われている年下女上司は幼い双子の母親、泥酔して家に送ったら

俺は中途採用だから、会社の女上司といえども11歳も年下。
やはりこの会社に10年務めるだけあって、確かに仕事はできる。
この女上司、すこぶる嫌われており、俺も嫌いだった。
とにかくいちいち細かいし、言い方もきつい。さらに独身で、離婚経験2回。
で、

すまん、離婚経験2回はなく、一度目は死別だった。だから離婚ではないよな。
双子の子供がいて、再婚したのはいいが、どうやら旦那がパチンコ好きで別れたという。
全然お金を入れなくて、困っていたところこの会社に拾われたという。
男で懲りているから、余計にきつくなるのかねぇ。
俺としては、とにかく近づきがたい存在だった。

中途採用といってもこの会社とは取引があるところで働いていたし、
いわゆるこの俺がだよ、ヘッドハントされたってこと。自慢じゃないが、自慢してる?
仕事は真面目にするということで、引っ張られたのか、真相は専務に聞かないとわからない。
何かで気に入られたのだろうね。

九月の中旬に他社との懇親会があって、そこに俺と女上司が列席したんだよ。
俺はなんでかというと、相手の会社の会計責任者(女性)とは学生時代、友達だったというだけのことで。
友達って言ったって、そんなに詳しくは知らないんだよ。
相手が俺のほうを知っているという報告があって、そういえば、そんな奴がいたなぁと思ったくらいの関係。

で、祝賀会の後に懇親会。俺は専務に言われたとおりのご挨拶をし、和やかな歓談。
俺はあちらこちらに挨拶を兼ねて回っていたわけだ。しばらくその筋の人とその筋に関して話を進めていると、
さ、酒くせぇぞ…。となり・・・。お、女上司がきつい目で見てる。少し出来上がってる。こえぇ・・・なんか。
「○○さん、意外と社交的じゃん」
きつい口調の女上司。別にそんなつもりも何もないんだけど、とにかくお礼の言葉とか…あちこちにかけないと。
「私には一度もそういう挨拶したことないよね」
まずい…女上司。酔ってるの・・・???9Zw.yq@9,%酔ってるんだよねぇ・・・。
何飲んでんだ、すごい酒臭い。メチルアルコールでも飲んだ勢い。
最新記事