Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

枕営業

枕営業で接待される社長のおこぼれをもらっていた秘書兼運転手

よく都市伝説やら噂とかで、アイドルの枕営業って聞きますよね。
やはりというか何というか、最近関あゆみがブログで暴露してましたしね。
それで芸能活動を引退するって言っていましたが。
枕営業ってそこらの普通の社会人の中にもありますから不思議でも何でもありませんよね。
うちの前の社長なんて枕営業なんてしょっちゅうでしたから。
その社長の傍らで数年間見てきた体験談を投稿したいと思います。

かれこれ数年前ですが、当時の社長にはかなり好かれていました。
漫画みたいですが、知らずに社長の甥っ子を助けたのが理由です。
数日後にいきなり社長室に呼ばれて、お礼と異動を命じられました。
秘書みたいな仕事で、運転手も兼ねた仕事に。
移動してからすぐに、社長の接待にも同行しました。
そこで初めて枕営業を知りました。
しかも相手は、ある会社の秘書課のOLさんです。
最初は普通に料亭で食事をしてて、そこでお酌とかしてたOLさん。
なのに終わってから社長とホテルへ行きました。

僕が運転する車で向かい、帰りも僕が運転する車です。
枕営業がある日に呼ばれると、社長からお小遣いが出ました。
簡単に言えば、口止め料みたいなもんなんでしょう。
これでコーヒーでも飲んで待ってろって数万円くれるんです。
月に数回あると、僕には凄い助かる臨時収入でした。

社長は還暦を越えた年齢でしたが、夜の方がお盛んでした。
実際にプレイを目撃はしていませんが、帰りの女の人の反応がヤバかったです。
帰りの女の人はだいたい腰が砕けてましたから、もしかしたら得体の知れない変態行為をしていたのかもしれません。
足もプルプル震えている人もいましたので。
バリッとスーツを着た知的で上品そうな女性が、帰りは顔が火照っているし、セックスの直後って感じがするんです。
それを毎回見てましたから、それだけでかなり興奮もしてしまいました。
秘書課の女性や受付の女性、ある程度の管理職の女性などなど、本当に凄かったです。

もしかしたら風俗嬢でも連れてきてるのか?と思いましたが、その後に相手先の職場に行くと、その女性が働いているんです。
受付にいたり部下に激を飛ばしていたり。
あの恍惚とした表情とのギャップはたまりませんでした。

年に2回か3回ぐらい、社長はゴルフで一泊旅行に行きます。
旅行というかゴルフして1泊するだけの旅行です。
そのゴルフも当然接待です。
毎回、早朝に社長宅へ伺い、荷物を積んでゴルフ場へ向かいます。
ラウンド中の僕は宿泊するホテルへ行って自由行動。
終わる頃に迎えに行って、夜の接待も付き合い、最後に部屋へ送るだけ。

当然ですが、接待終了後は枕営業です。
秘書系や受付系などの女性や、ちょっと言えない仕事の女性もいました。

同じホテルに泊まるので、何度か僕もオイシい思いをした体験があります。
似た状況の体験談

ノルマのために体を開く銀行員(お漏らししながら中出しを許した)

 よく、保険外交員やセールスレディーが「体」を使って契約を取ったという話があるが、 
私にも、似た様な経験がある。

 それは「バブル」がはじけた直後の話。 
私の会社には毎月、ある銀行の渉外担当の女性行員が定期積金等の集金に来ていた。 
一般に、渉外担当は男性行員なのだろうが、この銀行は女性行員だった。 
ちなみに窓口にも美人が多く、私の同級生の男の間でも結構評判だった。

 そんなある日、両親が旅行に行っていて留守の時に、担当者・りつ子が来た。 
りつ子は私の1学年下で、当時24歳だ。 
いつもは玄関先で用件を済ませるのだが、この時のりつ子は、いつもと様子が違っていた。 
 ここで話を少し脱線させると「玄関先」と言うのは、会社に隣接している自宅の玄関だ。 
そこにしゃがんで集金の金額を数えたりするのだが、時々スカートの奥が見えたりする事も 
あり、密かに私は「集金日」を待っていた。 
 さて、この日は休業なので、私は誰もいない会社の事務室で電話番をしていた。 
りつ子は、深刻な顔をして 
「あの…、お話があるんですけど…」 
と言ってきた。 
「何でしょうか?」 
と尋ねると、りつ子は 
「今月、ノルマに足りないんです。で、できましたら『協力』を御願いしたいのですが…」 
と言った。 
私は「もしや」という思いが脳裏をよぎり、 
「ここで立ち話するのもなんだから、奥へ入って話をしましょう」 
と言って、会社の応接室に通した。 
 お茶とお菓子を用意して、りつ子と向かい合って座る。 
ソファーに座っているりつ子は、膝を固く閉じていて、心なしか震えている。 
 私は、りつ子の膝に時々目をやりながら「商談」をした。 
私「銀行員って、給料もいいけど大変ですよねえ」 
り「給料なんて、そんなに高くないですよ」 
私「そうですか。でも私だって、ノルマがなければ就職したいですよ」 
り「私も、ノルマがなければずーっと勤めていたいくらいですよ」 
私「それで、いくら位(ノルマに)足りないんですか」 
り「100万なんです。今月はボーナスが出る月なので、いつも以上に厳しいんです」 
私「100万か…。ボーナスねえ…。ウチは自営だしなあ…」 
り「そこを何とか御願いします」 
私「ちょっと待ってて、金庫の中を見てくるから。いくらかはあると思うから」 
 この時、りつ子は少し膝を開き、スカートの奥を私に見せた。 
いつもは、パンストでガードも堅いのに、この日は生足で、しかも毛が透けて見えた。 
いわゆる「勝負下着」だったのだ。 
 金庫の中には、100万以上の現金があった。 
ここで私は「カケ」に出た。 
金庫からその札束が入った封筒をりつ子の前に差し出し 
「ここに、100万はある。但し『取引』しようじゃないか」 
と言った。 
「何を『取引』するんですか」 
と、青ざめた表情で聞く。 
りつ子は、「生パン」を私に見せれば「ノルマ」が達成できると思っていたみたいだが 
「現実」はそんなに甘くはない。 
 私は、そんなりつ子を見て「これは落とせる」と確信し、 
「そんなの、決まってるじゃん。りつ子の『体』だよ」 
と言って、りつ子と並んで座り、膝から太腿を撫でた。 
りつ子は顔を背けて逃げようとしたが、ここで『逃げて』ノルマを達成できない 
ことの方が怖いのか、 
「やめて下さい」 
とは言ったものの、抵抗らしい抵抗はしなかった。 
 私は、唇を奪いながら、制服の上着を脱がせ、ブラウスをはだけて手を差し込んだ。 
りつ子は、屈辱感からか、涙を一杯溜めて真っ赤になっている。 
それが私を一層興奮させた。 
ペパーミントグリーンのブラをはずすと、84センチ位の柔らかな胸が顔を出した。 

会社のおかしな先輩との恋を淡々と語る(暴力系、サバサバ系)

ちょいと前の話。 
入社した小さい商社。100名程度の企業で俺はおかしな先輩と遭遇する。 
4月に小さい入社式を行う様ないわば「中企業」になりたい「小企業」みたいな感じで 
営業マンも皆バリバリ系、女子だろうが男子だろうが頑張る奴は報われる。 
微妙にブラック臭が漂う会社だった。(実際ブラックだったorz) 

当時入社したての俺はある女性の下についた。 
いわゆる部下というよりも見習い。後ろから金魚の糞状態で各企業を廻る。 
新人紹介というより「あぁ誰?」みたいな目が痛い。 
厳しい先輩だったがおかしな所が多々あった。俺の悪夢と快楽の幕開けだった。 

先輩:当時23もしくは24歳。痩せで高身長。篠原涼子に微妙だが似ている。 
セクシーさはないが社内ではそれなりに「綺麗なお姉さん系」って言われる部類。 
自称Dカップ。暴力系のサバサバ系。喧嘩っ早い。何しろ早い、敵対値マッハ上げ。 
特技は飛び蹴り。あと暴言。あと暴力。あと暴飲。三暴揃った男みたいな性格の方。 

俺:当時二十歳そこそこのガキ。リリーフランキー似。 
先輩担当。先輩迷惑行為後処理担当。謝罪担当。殴られ役のM男。 

【新入生歓迎会】 
先輩は酒が強い。さらに言葉使いは悪い。態度も悪い。 
高圧的で俺には平気で「ねぇ?酒まだぁ?」とのたまう。 
別に構わない、先輩だし、篠原涼子好きだったし、胸を強調した服で 
エロ風味があるなら。男なんてそんなもんだ。 

入社後二か月以上も先輩の後姿を追いかける日々が続き 
お尻の形を覚えるほど追いかけた。あっ!今日生理ね、とかわかる位な達人の域に。 
やっと迎えた歓迎会。飲むぞ!と意気込むが新人なので遠慮がちに飲む。 
先輩の隣に座り、お疲れ様~でスタートした。 

帰りのエレベーター内で先輩に飛び蹴りを食らう。 
口から血が出る。蹴っておいて「大丈夫だから!」と意味不明発言。 
この人とは関わりあいたくないと思い始めた。 
1階につくと奴は走って逃げた。振り向きざまに「いえーい」とか言ってる。 

翌週。何気ない顔で「おはよう」。こいつは頭おかしいと思い始めた青春の終わり。 

【ビッグプロジェクト始動】 
隣で大きい声で「ち●こでかいの?wwウキャキャ」 
そういう話題を会議室でする奴がいる。先輩だ。 
社長、専務、常務、営業部長。それぞれの「(#゜Д゜)キ、キミ!」みたいな顔が面白い。 

会社で新規顧客開拓と称してある地域に絨毯爆撃作戦(突撃訪問)を開始するとの事。 
先輩は「へ~そんなの意味あんの?」とマジで鼻くそほじくってる。 
それを隣の俺につける。ティッシュで拭く俺。 
俺の生きてきた中で鼻くそつけてくる女は奴だけ。 

先輩の営業成績は常に2位、3位はキープしていた。 
だから意外とでかい態度でもそんなに文句言う人はいない 
これこそ能力至上主義、いわゆるブラック風味な部分だった 

「意味あんの?」発言で先輩は何故か係長に昇進した。 
帰り際にモモキックを食らう。はうっ!と廊下にしゃがみ込む俺。 
その後ストッキングが伝線したから買ってこいとコンビニ行かされた。 
選んでいるとメールで「ストッキング好きの変態君」と言う件名で 
本文は「カフ●ラテも買ってきて」と来た。 

従順な俺はまだ逆らう事を知らなかった、そんな社会人一年目。 

枕営業疑惑】 
お客さんとの接待。 
俺たち二人の目の前には研究者風のメガネ君がいた。 
話すことも仕事の話ばかりでつまらないし、プライベートはあまり 
根掘り葉掘り聞けない。 

先輩は俺に先に帰れを言い放つと研究者風メガネ君と街に消えた。 
俺は途方に暮れた。ここまで新幹線で来たのに…帰れないし。 
しかたなくビジネスホテルに泊まる。 

明け方先輩から電話が来る。酔っている。 
駅まで迎えに行った。酔い過ぎてヘロヘロな先輩を発見。 
何故かポケットにブラジャーと下着が突っ込まれていた。 

(続きは下記のリンク先で)

外科部長(病院へのクレーム対応の営業は冷たい感じだが巨乳Gカップ)

たしか二年前くらいの話だが当時おれは関東地方の某病院に勤めていた(今もだが) 
肩書は外科部長で外科医5人の小所帯のナンバー3。 
といっても一番上が副院長(ほとんど手術はしない)、次が診療部長(乳がんしか興味ない)だったので通常診療ではトップだ。 
で外来、手術などで忙しい毎日を過ごしていた。 
 
そんなある日テレビのバラエティー番組で病院、医師を貶めるひどいのがあり、2ちゃんの医師板でも話題になった。 
偶然、その番組を少し見たがあまりのひどさにムカついてすぐチャンネルを変えた記憶がある。 
で、ひどい番組をなくすにはスポンサーにクレームをつけよう!運動が地味に広がったのでおれもとある企業に 
「あんなひどい番組のスポンサーをやるとは医療にかかわる企業としていかがなものか?もし納得のいく説明がなければ今後御社の製品は使えない」ってメールをした。 

そして翌日。早速その企業から「今確認中なのでもう少し時間を下さい」とのメールが。 
そしてその翌日、「たしかにひどい内容でした。お詫びと当社としての今後の対応をお話したいので一度責任者と訪問してもよろしいでしょうか?」と 
まあ、訪問は面倒だが本気かどうかもあるし、2ちゃんにさらしたかったwというのもあって受けた。 

で、当日。4人の大所帯で訪問してきた。名刺を見るだにすっごく偉い人、クレーム課の人、それと当院にきてる営業、関連会社の当院にきてる営業だった。 
まあ、その会社の対応は早く、きちんとしてて某社のように2ちゃんで小さな祭りになることもなかった。 
やはりその番組に対するクレームは何件も来ているみたいなことを話して、今後はこんなことのないようにします。とのことだった。 
その後はその手の番組は明らかに減ったのでやはりスポンサー様は偉大だと思ったよ。 

まあ、前置きは長かったが、その会社の当院にきてる営業は女性だった。 
はっきりいってその会社の製品は営業かけなくても十分売れていてたまにしか見かけないが 
ちょっと冷たい感じのするキャリア志向の女性って感じだった。(まあ、営業にキャリアもなさようだが) 

その翌週、手術が終わって7時くらいに医局に戻ってきたら、そいつが待っていた。 
「先生、先日は大変ご迷惑をかけて…」(別に迷惑はかかってないがw) 
『いや、きちんとした対応だったからもういいよ。でも次はないよ』 
「つきましてはお詫びといってはなんですが一席設けたいのですが」 
はっきりいってその会社から接待の誘いがあったことなんて一度もない。 
『じゃあ、今度都合のいい日連絡するから。』と軽い気持ちで受けた。 
『でも今度は偉いさんとか連れてこないでよ。緊張しちゃうからw』 
「いえ、今回のは私の個人的なお詫びなので○○部長はいらっしゃいません」 
個人的な気持ち?ふーん。 

言うとおりにします(メーカーの巨乳で可愛い営業、ピル飲ませて中出し)

この週末のできごと。
ちょっとスレの趣旨とは違うかもしれないので、興味なければ読み飛ばしてくれてOK。

ウチは部品の輸送用の資材なんか加工する会社で、俺は営業。
仕事柄、材料を作ってるメーカーなんかもよく売り込みに来る。
特に他社と似たような製品を扱っているようなメーカーは必死。
俺が専門というか、よく扱う資材があるのだけど、やはりほとんど同じような物を2社が売りに来る。
仮にA社とB社とするけど、2社は価格もほぼ同等なので(談合してるかどうかは知らん)
どちらを使うかは完全に俺のさじ加減。
まぁ、そのへんはうまく調整して、片方に偏らないようほぼ均等に発注を出してきた。
面倒だが、こうしておけば例えば価格交渉などが発生したときに俺主導で話ができるなどのメリットがある。

そんなふうに、これまで大きなトラブルも無くうまくやってきたのだが
夏の終わりに大きな変化があった。
片方のA社の担当が、これまでオッサンだったのが急に若いねーちゃんになった。
若いだけじゃない。かわいい。そして胸も大きい。ムリヤリ芸能人に例えるなら・・・柴咲コウ?
例えが適切なんかわからんが、どう考えても場違いな配置だ。社長秘書みたいな雰囲気もまとっている。
ていうか、秘書でいいじゃん。一部上場企業の考えることはよくわからん。

聞けば今年の新入社員らしい。上にも書いたとおり俺はよほどのことが無い限りは
ほぼ一定した発注をするので、勉強のためにはちょうどいいのだろう。
人によってはなめとんのかという話かもしれんが、俺は別に気にしない。

で、その品がよくてかわいくておっぱいのでかい若い女の子が担当するようになったのだが
まだウチとあと数社しか任されていないみたいで、近くでも無いのにがんばって毎週来るのよ。
毎回ちゃんと資料とかサンプルとか持ってきて、緊張しながら説明していく。
オジサン(俺・28歳)も大人なので、世間話も織り交ぜながらちゃんと聞く。
質問をして宿題も出す。こんなのは自分も通った道だ。
メーカーの若者が成長するように導くのも仕事のうちなのだよ。

・・・とか思ってはいたのだが、タイミングの悪いことにその子が担当する前に
大きな物件が決まったばかりで、9月は数字がぜんぜん動かなかった。
ちょっと申し訳ないなーと思いながら、月末になった。先月末の話ね。
ちなみにこの時点で下心なんて一切持っていなかったです。神に誓って。
最新記事