Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

新入社員

山梨の温泉旅館への社員旅行で泥酔した彼女が部長にやられた

4年前の話。

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。
まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。
顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。
特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。

当然彼女はチヤホヤされた。
競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。
その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。

ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。
というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。
本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。
初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。

もちろん本人もこれじゃいけないと自覚しているらしく
「信用できる人以外とは飲まない」
と言っていた。
実際会社の飲み会でも、酒は一切口にしなかった。

ちなみに由紀子の体は想像以上だった。
若くて白い肌、仰向けなのに形の崩れない乳房。
しかも由紀子は感度もよかった。まあ酒の力もあったと思うが。

しばらくすると、おれと由紀子は社内で公認の仲となった。
隠す必要もなかったし、なによりもおれが安心したかった。
結婚もお互いに考えていた。仕事も顧客がついてきたし、
何もかもが順当にいっていた。と、思っていた。

というのも、この頃からうち課の木沢部長が、
由紀子に対してセクハラまがいの行為をしていたのだ。
(木沢はがっちりとした体躯に浅黒い肌をしていた。昔、柔道をしていたらしい。
そして、42歳という若さにして部長職に就くほどのやり手だった。)

当然おれはこの事を知らなかった。
まあセクハラと言っても、せいぜい肩に手を置いたりする程度で、
あとは「食事にでも行かないか?」ぐらいのものだったから、由紀子も油断をしていたらしい。

由紀子が入社して、半年がたった初秋。その事件がおきた。
それは社員旅行で山梨の温泉に行った時のことだった。
旅行当日、3台の観光バスで現地に向かった。
気の抜けたような名所めぐりを終えると、旅館でお約束の宴会が待っていた。
総勢60人ほどの宴会だったので、場も騒がしかった。
おれは宴会場に入ると、由紀子の姿をさがした。
(おれと由紀子は別々のバスに乗り込んでいたから、まだほとんど話をしていなかったのだ。)

すぐに末席にいる由紀子を見つけた。浴衣姿が色っぽかった。
しかし彼女は困ったような顔をしていた。周りで騒ぐ男連中が原因だろう。
それを見て一瞬胸騒ぎをおぼえたが、その連中も、由紀子とおれが付き合っている事、
そして彼女が酒を飲めない事を知っていたので、無理にすすめる奴はいないだろうと思っていた。
おれも次々に酒を注がれて忙しく、なかなか由紀子の方に行けなかった。
そうこうするうちに旅の疲れも手伝い、あっという間に酔いがまわってつぶれた。

新入社員をゲットは早い物勝ち(目立たない田舎出身の女の子)

新入社員が入ってくる頃になると、なにか社内は落ちつかない。永遠に死までつづくワンパターンの会社生活の中で、唯一の変化が新入社員が入ってくることなので、多少の期待はある。しかし俺たらのようなベテラン社員の仕事は、カレらを会社のワンパターン仕事に慣れさせることだ。
* 今時、夢を持って職場にくる若いヤツなどいないが、、時々、聞達った情熱を持って入社してくるヤツがいる。そういうのはほとんど迷惑でしかない。だから現実を教えてやるのだ。

 女子新入社員のレベルはここ数年あがっている。就職難だから、信じられないような有名大学の女子学生が入ってくるようになった。そんな中で、吉田菜々美はいかにもあか抜けしていない田舎の学校の生徒会長をやっている女の子。

 ホームルームで不良の男を正論で責める田舎ではいつも成績トップ、みんなの期待を一身に集めて、東京の有名私立大学に入学したけど、そこには自分と同じレベルの知識と、垢抜けたセンスを持った女の子がたくさんいて、自分はいつの間にか目立たなくなってしまった。でも、勉強は一生懸命したので就職はできました・・・まさに、そういうタイプだ。

 実は、俺はそういうタイプに弱いのだ。つまり菜々美は好みだった。すぐに声をかけて色々と話を聞いた。最初は警戒していた菜々美も、そのうちに俺に対して心を開くようになった。しかし、すぐに関係を深めるようなことはしない。この手のタイプは、用心深く、一度しくじると二度と心を開かなくなってしまうのだ。

 人社してからの色々な行事の時にそれとなく菜々美に近づき、声をかける。もちろん、仕事の時もこまめに用事を頼んだり常に俺の存在をアピールした。そうしているうちに菜々美が、俺の色々と相談してくるようになった。予想通り、菜々美は田舎から出てきたなんにも知らない女の子だった。自然とそういう話は喫茶店とか飲み屋でふたりきりで話すことになる。

 ここまでくれば、ベットインは簡単だ。いつもより暗い店で大人っぽいお酒を飲ませる。終電ギリギリの時間に見せを出て、歩みをラブホテルのほうに・・・休んでいく~」かぎりなく白々しい誘い言葉と共に、ホテルに入った。 キスをしなから、背中のチャックをさげてワンピースを脱がすと、俺もネクタイとシャツを脱いだ。その辺から、菜々美の目に妖しい光が宿りはじめた。

マンツーマン研修で担当していた新入社員の処女をもらった体験談

会社に新入社員が入ってきて、マンツーマン研修という社内制度で
4大卒のお嬢さんっぽいI子を担当する事になった。

物覚えが悪い子で、勤務中何度も失敗をして落ち込んでいたので
他のグループも誘って飲み会に誘った。
飲み会では和気藹々となって、やがてエロ話で盛り上がった。
遂には早く処女捨てたいなんて言い出して、
こりゃ食えるなと思った。

その帰り、終電を逃したので歩いて帰るわと、分かれてしばらくしたらI子が追って来て、ウチに泊まって行けと言う。
これはOKだなと思って家に上げてもらったら、すぐに寝付いてしまいガッカリ。
寝相が悪くてM字開脚になってるので、パンツの股の部分をズラしてみると
タンポンが収まっていたので、それを見ながらオナニーして寝た。


翌朝、目を覚ますとI子は浴室でシャワーを浴びていた。
俺は朝立ちでビンビン、これは行くしかないと全裸になって襲い掛かった。
お嬢なためか抵抗はするものの叫び声は上げず、バスマットの上に押し倒して膣に中指を差し込んで
「処女もらったよ、もうあきらめてね」と言ったら抵抗が止んだ。

告白してきた総務の新入社員を無茶苦茶にしてやった【職場の体験談】

こんにちは、都内で営業の仕事をしている28才の男です。

僕の会社は結構デカくて、社員が1000人を超えています。 
僕は自慢じゃ無いんですけどモテる方なんで、社内だけでも5人の女を喰いました。 
でも、社員数が多いので、ちょっとしか噂にならなくて、非常に助かってます。

こんな僕ですが、一応は本命の彼女がいるんですが、来る者は拒まずって感じで遊んでいます。

ちょっと前の話なんですけど、学生時代ぶりに告白された事がありました。 
社会人になると、面と向かって「好きです!付合って下さい!」なんて無いと思っていたので、ビックリしました。

相手の女なんですけど、総務の新人で23才のちょっとぽっちゃりがキツい感じの地味目の女でした。 
僕は細めのギャルとしか付合った事が無いので、ちょっと新鮮な感じでした。 
面識は有るんですが、話した事はほとんど無くて、総務の同期から、「新人であんたの事好きだって娘がいるよ!」とは聞いていましたけど、まさか告白されるとは思っていませんでした。

告白される前に、同期から聞いた情報では、「超真面目の文化系女子!」「バージンじゃないけど、貞操観念が古い!」と言っていました。 
顔もプリクラを見る感じじゃタイプでも無かったので、気にしていませんでした。

そしてそれから2月ぐらい経った夜。 
僕は会社で残業していて10時位になっていました。 
僕のフロアは何人か人が残っていましたが、喫煙所に行こうと思って、上のフロアに行くと誰もいませんでした。 
しばらく一人で一服しながら、こっそり缶ビールを飲んでいました。

すると、喫煙室のドアが開いて、女が入ってきました。 
僕は最初は気が付かなかったんですが、総務の新人の女でした! 
そいつは、「あの、お忙しいトコすいません・・・」と話し掛けてきました。 
僕は「えっ、どうしたのこんな時間に、総務の人でしょ?」と言うと「あっ、えっ、残業で・・・」と言っていましたが、総務の新人がこの時期残業なんてちょっとおかしいです。

処女と思った新入女子社員(実際は遊びまくっていた女の奴隷に)

 ぼくは会社の新人教育担当という役職を悪用して、女子社員たちをズボズボとくいただいてしまうセクハラ男です。こんなやつ、男の風上にも置けないなどといわないでください。

 何しろ、女子大生は就職難ですから、入社試験におちたらあとはホステスをやる以外にはないとばかりに、肉弾で体当たりしてくる女性も多いのです。採用不採用を決めるのもたいていの場合、ぼくの仕事ですから、社員として給料をもらった上でセックスができるという、グリコアーモンドキャラメルのように一粒で二度おいしい思いができるわけです。

 今年、採用した娘はフェラチオがうまそうな裕子ちゃんと、素人っぽいやさしさが身上の啓子ちゃん。裕子の場合は入社前に「実は採用は二人なんだけど、もうー人はきまっちゃってさァ」などとプライベートな場所に呼び出して、暗にセックスを迫るという悪質な手口で絞り出してもらいました。

 もちろん、処女なわけがありません。ところが啓子ちゃんの方は、見た時からピンとくるものがありました。「処女だ・・」と、思ったのです。何で、といわれても理由は説明できませんが・・。さんざん女遊びをしてきたものの勘とでもいったらいいのでしょう。処女相手に強引に迫るわけにはいきません。それにどうせいただくならメインディッシュとして最後に味わった方がいいと思いました。

 だから、入社前には手を出さず、ぼくはじっと時期を待っていたんです。新人研修の夜、合宿所は富士の山嶺近くにあるうちの施設ですが、ぼくは宴会の幹事として彼女に無理やりお酒を飲ませてしまい、酔い潰れた彼女を別室に寝かせるという名目で寝室に連れ込むことに成功したんです。

(続きは下記のリンク先で) 

最新記事