Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

受付嬢

セックスの悦びを知らない美人人妻受付嬢を巨根で狂わせメス奴隷に

私は結婚して妻と子ども二人がいる某地方公務員です。
あれは7年前になります。
清楚な美人が庁舎の受付嬢として新しく入りました。

派遣で来たのですが美人に加え、その服装や身のこなしもあまりに優雅で清楚、接客も気品があり完成度の高い女性です。

ほんとに偶然だったんですが、彼女と二人で昼食を摂る幸運にめぐりあえました。
私が昼食をとろうと一人で歩いていると、彼女の方から話しかけてきました。

彼女はいつも弁当を持参していたらしいのですが、たまたまその日は持ってきていなくて、仕方なく外食をとろうとしていたのです。

『この近くに食べるとこありますか?』と尋ねられました。
彼女にしてみれば、特に私である必要はなかったのでしょうが、私の顔を見知っていたこともあり聞いてきたようです。

私は『蕎麦屋ならすぐ近くにありますよ。私もこれから行くとこですけど一緒に行きますか?』と聞き返しました。

『蕎麦屋』という響きが気楽で警戒心を感じさせなかったのか一瞬考えたような間がありましたが、『それじゃお願いします。』と返事が返ってきました。
私は偶然にせよ評判の美人と昼食を一緒にできることで少し舞い上がりました。会話から彼女は元大手保険会社の本社に正社員として勤務していて、そこで知り合った現在の夫と昨年結婚。 自分は寿退職し専業主婦になったが、夫の帰りも遅く時間を持て余し気味なので、また、パートで仕事を始めたとのこと。 ちなみに夫は企画部在籍のエリート社員である様子。 どおりで…というのが感想でした。 それから、庁舎で顔を合わせると言葉を一言二言交わすようになり、飲みに行く約束をする事ができました。 二人でパブに入りお酒を交わしました。 とても楽しいひとときでしたが、彼女は夫の話になると、表情が翳るのです。 夫は仕事で連日深夜にしか帰ってこず、土日も不在のことが多くすれ違いになっているとのことでした。 彼女にしてみればこんなはずではなかったということなのでしょう。 私は帰り道、寂しそうな彼女の肩をそっと抱きました。 彼女は最初驚いて『この手なんですか?』と聞き返してきたので、『なんとなく寂しそうだから、嫌ならどけるよ』というと彼女はそれ以上何も言いませんでした。 一緒にタクシーに乗り彼女の自宅まで送りました。 タクシーの中で自然に私と彼女はキスをしていました。 

社内でアイドル的存在の受付嬢が社員旅行で泥酔していたので悪戯した

新年早々、毎年恒例の社員旅行で温泉へ行ったときの話です。
参加者はおよそ100人で、男女半々。

中でもひときわ目を引いたのは、社内でアイドル的存在の

受付嬢のSさんです。

24か5歳くらいだろうか、すらっとしたモデル級のスタイルに、
軽くウェーブのかかった背中までのロングヘア、
多くの人が小西真奈美に似ていると言う、申し分ない美人です。

そんないかにも育ちが良さそうなお嬢様系Sさんの、
目眩がしそうなほどの華麗な浴衣姿に
男性は一瞬でノックアウトされ、言葉を失い、ただただうっとりするだけ。

ロングヘアをアップにし、浴衣ならではの
セクシーな首回りがなんとも悩ましい。

Sさんの浴衣姿を見られるだけで、
社員旅行に来た甲斐があったと言っても決して過言ではありません。

夕方に到着し、ゆったりと温泉に浸かったあとは、
毎年大盛り上がりの大宴会。

僕はビールや日本酒をたらふく飲むとトイレに行きたくなり立ち上がると、
「トイレですか? 僕も行きます」と、後輩も一緒にトイレに行くことになりました。

トイレを済ますと後輩は「売店でウコン飲みませんか?」と言うので、
階段を下りて売店に向かうことに……。

すると、売店近くにある大きなソファに浴衣姿の女性が横たわり、
スーツ姿の男性従業員と女性従業員が話しかけているのが目に留まりました。

「あっ! Sさんだ!」

僕と後輩は足早に近づくと、見るからにSさんは、
散々男性陣に飲まされ泥酔してしまったのでしょう、
顔を赤くして寝てしまっています。

「Sさん大丈夫?」と何度か声をかけてみるが、まったく反応がありません。

さすがにここで寝かすわけにもゆかないので、
部屋へ連れて行くことになり、後輩は宴会場に戻り
総務の人を呼びに行きました。

会社の受付嬢が夜のお仕事もしてるのは2人だけの秘密

受付兼事務みないな感じで会社に入ってきた娘との話なんだけど、 
その娘は顔はそうだな安めぐみだっけ、あの子をセクシーしたような感じ 
体はスレンダーだけど、出るとこは出てますって感じで、かなりそそる娘だった。

徐々に打ち解けていって、いろいろ話してると、 
かなりノリの良い娘であることが分かり、セクハラ話でも。 
「○○ちゃん 今日パンツ何色?」 
「う〜ん 今日は覚えてない 後で確認しとくね」って感じで 
うまくあしらってくれてたりした。

さらに仲良くなってくる内に、彼女から夜はクラブで働いてる事を聞かされた。 
んじゃまぁその店行ってみようって事で行ってみたりしたが、 
その店は自分には場違いな感じだったので通うって事はなかった、が 
こういう仕事してるから、男のあしらいがうまいんだなと納得できた。 
まぁ、そういう秘密を共有してる感で距離が縮まっていったわけ。

ある日、社用で2人っきりで会社を出る機会があり、その帰り道、 
車の中ではエロトーク真っ盛り、タイトミニから覗く太ももにガチガチになってた。 
途中コンビニに寄り、その駐車場に入って、彼女が車から降りようとした瞬間、 
腕をひっぱりちょい強引にキス 嫌がるかなと思ってたけど、すんなり受け入れてくれた。 
胸をまさぐりながらディープキスを続けていたが、 
さすがに真昼間だし、会社に帰らなくていけないのもあったので、 
買い物を終え、社に戻り、普通の業務をこなしていったのだった。

そんな事があってから、社内でも隙を見つけてはキスしたり、体を触ったりして楽しんでいたのだが、 
今度は奇跡的に社内のその部署に、2人きりになるという時間帯が出来た。 
2人っきりになったとたん彼女の方を見ると、彼女も期待感アリアリなのがわかる顔つきをしていて、 
すぐにキスをし、お互いの体をいじり始めた。 
タイトミニのスカートをまくりあげながら、 
「今日はどんなパンツなのかなぁ?」と言うと、 
「いや・・・見ればわかるでしょ・・・」見ると白のTバック。 
「エッチなの履いてるね いつもこんなの履いてるの?期待してた?」意地悪に聞いてみると、 
「違う・・・線が外に出るの嫌だから」と恥ずかしそうに答えてた。 

社長が思いつきで受付嬢を雇ったら(エロかったので会社の裏で中出し)

受付嬢(21才)と社内でヤッたときの話…。 

5年前の3月末。 
何を考えたか、突然、社長が「受付を雇おう」と言い出した。
電話など誰かが取ればOKなのに、 
従業員約50名のワンマン経営で、誰も文句は言えない。 

また、いつもの気まぐれかよ。 
どうせロクな女は来ないだろう。 

と、思っていたら、 
1人はモニカルインスキー(クリントンと浮気してたブス)、 
もう1人は石田えり(古くてスマソ)を若くしたような娘だった。 
面接官がスケベ親父だったので、エロオーラに釣られたらしい。

モニカはともかく、どうにかえりとお近づきになれないか。 

下心バリバリで色々と社内のことを教えたオレだったが、結果的に出遅れた。 
最初の歓迎会で同僚に出し抜かれ、いきなり2人が付き合い始めてしまったのだ。 
どうやら、同僚はオレ以上に話しかけていたらしく、完敗だった。 

ただ、妙な感触はあった。 
えりがいる受付とオレの部署は隣り合わせのフロアで 
ヒマを見ては話しかけていた。 

「××(同僚)と付き合ってんだって~。あ~あ、寂しいなぁ~」 
「えぇ、○○(オレ)さん、彼女いるんでしょ?ダメですよ、そんなこと言ったら」 

何か隙があるというか、目がエロイというか。 

特に、モニカが不在なときは露骨で、 
例えば、さりげなくコーヒーを買っていったりすると 
「うわっ、冷たい」などとオレの手を触ってきたりした。 

もしかして、普通にヤリマン? 
それとも、オレをからかってるだけ? 

悶々としてたら、後日、別の先輩から、酒の席で驚くべきコトを聞かされた。 

「オレ、えりとヤッっちゃったよ。アイツ、超軽くてさ。 
社内に××って彼氏がいるのに、マジ、マンコべろべろ舐めまくりだぜw」 

激しく凹むと同時に、エロ心が沸々と湧いてきた。 

受付嬢とのこと(他に彼女がいたのに身体が離れられない)

史織が妊娠したらしいと聞いたので思い出を買いてみる。


自分は某複合施設に勤めていて、史織はそこの総合受付にした。
色白でたれ目気味、おっとしたお嬢様という感じだった。その年の四月に勤務を始めて、半年以上はこれといって接触があるわけではなかった。朝には挨拶を交わす程度で、必要があれば来客の案内を頼むくらい。何人かいる受付嬢の中で特に目立つ存在ではなかった。

ことが動いたのは年末近くなってから。退勤して帰ろうと思ったら、従業員の通用口に史織がいて、たまたま帰るときに一緒になった。
「途中まで一緒に帰ろうか~」なんて軽く誘ってみたら、意外にも喜んでくれて、受付の愚痴やらを聞きながら歩いた。
「ところで史織ちゃんは彼氏いるの?」
「あ、はい~、います…」
別に狙ってたわけでもないけど、チッ、なんだよと正直思った。
「でも最近、ちょっと微妙なんですよね~」
「へー、そうなんだ。俺でよかったら相談乗るよ?」
史織は素直に喜んでくれて、その場でメールアドレスを交換した。

実はその時、自分には付き合ったばかりの彼女がいたので、史織と深い関係になるとかは全然考えてなかった。ヒマつぶしのメル友程度になればいいなと思ったくらいだった。
最新記事