Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

出張

昔何度も告白してくれた同級生に雇ってもらった人妻のエッチなお仕事

42歳の主婦です。
主人が不景気で給料が下がり、子供も下の子が高校生になったのでパートを探しましたが、
なかなか年齢的に見つかりませんでした。

そんな中、クラス会で昔何度も告白されたYくんに会いました。
空手部だったYくんは太いというイメージでその頃はそんなYくんはいやで断りました。

20年ぶりに見たYくんはかわらない顔で体型も変わっておらず、太いというよりムキムキな身体でした。
「仕事を探してるけどないんだ」と話すと、Yくんは親の会社を引継ぎ経営してて、
事務仕事を奥様にさせてたそうですが3年前に離婚し、それでいいならと私を雇ってくれることになりました。

何ヶ月かで仕事に慣れました。Yくんは私が急用でも休みをくれたり、お給料も多めにいただいてました。
ゴルフ好きの主人にゴルフの券を何度もいただいたりするうちに主人も感謝してました。

仕事で遅くなったときはYくんが自宅まで送ってくれ、主人にすみませんと挨拶を毎回してくれ、主人もゴルフ券をもらって、
「いつもお世話になってるんで遅くなってもうちは平気ですから気にせず使ってください」と言うと、
「そう言っていただけると助かります」と言いYくんは帰りました。

その後は遅くなっても 主人は大変だなと機嫌もよく20時頃帰宅するのが普通になってました。
出張も多くYくんと地方に行くこともあり、食事をして帰宅したり、地方の観光地も時間を見つけて連れてってもらいました。

一度4日連続で地方に行くことがあり、遠くだったので2日続けて23時頃帰宅すると、
「遅くて大変だな、朝も5時に出てったら大変だからそっちに泊まる方が楽なんじゃないの?」と言われ、
「私がいるから毎日帰ってきてるの。Yくんだけなら泊まりのとこだよ」と言うと、

「じゃあ明日は泊まりでって聞いてみたら?疲れてるのがはっきりわかるから」
と言われ、すぐにYくんに電話をすると「助かります」と言われ、次の日は泊まりで行くことになりました。

その日に限って15時頃に仕事が終わり、次の日まで何もない日でした。
田舎だったので観光もないので部屋に戻りました。シャワーしようとすると壊れてるようで出ません。

Yくんの部屋にシャワーが壊れてることを言いに行こうとノックをすると返事がなく、戸が少し開いてたので中に入ると裸で座ってました。
見ると、エッチなテレビを見て一人でしてるYくんがいました。

出張先で上司とHしてしまいハマってしまいそう。彼氏とは遠距離で

聞いてください。 
この間、出張先で上司とHしちゃいました。。。 
すっごく・・・きもちよかったです 
はまってしまいそうです・・ 
 
ちょっと出かけてました。反応が早くてびっくりです。 
ありがとうございます。 
誰にも言えないけど、誰かに聞いてほしくて。。。 

23歳のOLです。 
4月上旬の出張のときに会社の上司(49歳)とエッチしてしまいました。 
その上司とは定期的に取引先の出張に行ってるのですが、先日訪問したときの話です。 
うまく伝わらないかもしれませんが・・・ 

その日は納入日前後ということもあり 
初めて二泊三日の出張に行くこととなりました。 
仕事が無事修了したあと、 
初日打ち上げもかねて居酒屋で食事をすることになりました。 
緊張感から開放されたこともあり、いつになくお酒がすすんで、ほろ酔い気分です。 
そうなってくるとプライベートな話になるのは流れで、いろいろ聞かれました。 
「彼氏はいるのか?」とか「遠距離で寂しくない?」などです。 

彼氏とは遠距離(月一回会えるくらい)で、昨年の入社以来さみしい日々が続いていました。 
特に最近はなにかと彼も私も忙しく、二ヶ月近く会えない状況でした。 

そんな愚痴をこぼした後、泊まり先のビジネスホテルのエレベーターで肩を抱かました。 
突然だったのでびっくりして固まってしまっていたら、ほおに軽くキスをされました。 

「いやかい?」って聞かれたのですが、思わず「いえそんなことは・・」と言ってしまい、 
そのまま上司の部屋に連れて行かれました。 

泥酔女をお持ち帰り(一緒に出張に行った後輩の女の子とホテルで)

会社の後輩(♀)と出張に行ったときの話し。 
その日は金曜日で帰りの列車の時刻の都合で泊まりの出張になった。 
仕事も順調に片付き、まずはホテルにチェックイン。 
夕食がてら近所の居酒屋に呑みに出かけた。 
翌日は帰るだけなので仕事のことは気にしなくてもよく、彼女は久しぶりの泊まり出張ということで、俺が勧めるままに調子よく飲んでいた。 
彼女は酒は強いと聞いていたはずだったが、意外に早くできあがってしまった。 
つぶれてしまっては困るので早々に勘定を済ませて店の外へ。 
最初のうちはふらつきながらも自分で歩いていたのだが、少ししたら俺の腕にしがみついてきた。 
ほどよい大きさの胸が俺の腕に押し付けられ、俺の酔いも加速気味になった。 

普通に歩けば10分もかからない距離を30分かけて、やっとの思いでホテルに着いたときには、俺が両手で支えていないと歩けない状態になっていた。 
フロントで二人分の鍵を受け取りエレベーターに向かおうとしたとき、フロントの女性が「お客様」と声をかけてきた。 
そのとき俺は彼女の部屋が女性専用フロアだったことに気がついた。 
これは俺が女性専用フロアに入るのを止めようとしているのだと勝手に思い込み「大丈夫です、俺の部屋に連れて行きますから」と言ってさっさとエレベーターに乗り込んだ。 
(後で思ったのだが、連れて行くのを手伝ってくれようとしていたのだと思う) 
部屋に着き、彼女をベッドに座らせる。手を離したとたんにゴロンと横になってしまう。 
ひとまず、そのままにしてホテルの隣のコンビニに行って、ポカリやビールやお茶を買ってきた。 
再び部屋に戻り、彼女にポカリを飲ませたりしたが、とても自分で部屋に戻れる様子ではない。 
仕方ないので、このまま俺の部屋で寝かせることにした。 

30歳童貞の俺が部下の21歳の処女と出張に行って(部屋が一つしか)

漏れは、小さな商社で営業課長をやっている30歳。仕事はそこそこで出世も早かったけど、
未だに彼女居ない暦30年の童貞。悔しいが、未だにこの年で、ビデオや本、想像で毎日抜いている。
ずっと男しか居ない会社だったが、今年初めて、新卒の女子社員が入った。
短大卒でまだ21歳の優菜ちゃんと言う子で、小柄で童顔の明るい子だった。
一応、俺の直属の部下という事になり、コピー取りから、営業のサポートまで、
いつも一緒に行動する事が多かった。
営業車で2人きりで乗っていると、真面目に仕事の話をしながらも、漏れは溜まっている時は、
優菜ちゃんの白いうなじや、パンストの足に目が行き、半立ち状態だった。
入社して半年ほど経ったある日、久しぶりに地方出張の取引が入り、泊まりで行く事になったが、
資料の整理など、サポートが必要な為、優菜ちゃんを連れて行く事になった。


二人で新幹線に乗り、某地方都市へやって来た。
午後から取引の為、商談をすぐにこなし、無事仕事も終わり、宿泊先のビジネスホテルに向かった。
「久しぶりに、大きな商談で、疲れたかい?」
「ええ、でも課長の営業力はすごいなって、見ていて感激しちゃいました」
ビジネスホテルに無事に着くと、なんと大きなトラブルが発生した。
シングルの部屋を2つ予約したのだが、なんと、ホテルの手違いでツインの部屋がひとつしか予約されて
居なかったのだ。他の部屋は全て予約でいっぱいである。
「まいったな、、他のビジネスホテルを探してみるか、、今から取れるかなあ」
優菜ちゃんはしばらく黙っていたが、「いいですよ。同じ部屋で。今から予約するのも面倒ですよね」
「えっ、、いいの?本当に」
二人で、ツインの部屋に泊まることになり、俺はドキドキしてきた。
実は、ここの所残業で忙しく、5日も抜いていない。ホテルの部屋で、エロビデオを見ながら、
抜こうと思っていたのだ。かなり溜まっていたので、同じ部屋に泊まるという事だけで、半立ちだった。
似た状況の体験談

主人以外の初めての挿入受け入れ(転勤する部下と出張先のホテルで)

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」 
「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」 
そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。 
私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。 
最新記事