Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

倉庫

清楚なデパガの妻が屋上の倉庫でラグビー部の男達を喰いまくっていた

 結婚して半年、私は毎日が楽しくて仕方がなかった。
妻と知り合ったのは、いわゆる合コンという奴だ。私がいた支店の
取引先に、業界でも比較的老舗のデパートがあり、そこの経理部の
男に誘われたのだ。
「俺らの業界はだめっすよお。うちの店の女のこなんて、俺らのこと
なんて無視っすよ、無視。将来性ないから。Tさんがコンパきてくれたらサイコ―にモテるとおもいますよ」
彼は少し卑屈な笑い方をしながら言った。
「N銀行っつったら、最大手っすもんね。それもTさんはバリバリ出世
コースだし」
最近融資をしぶるようになった私の会社に気を使ってか、彼は必要以上にへりくだっている。

 大学卒業の時彼女と分かれて以来、ほぼ10年きちんとした彼女を持っていない私は、そろそろ結婚を考えなければいけない年になっていた。妻帯者でなければ、海外赴任もままならず、なにより女性にも
てないダメな男と言われるのはプライドが許さなかった。

「じゃ、自己ショーカイっす。こちらがN銀行H支店、33にして副
支店長のエリート、Tさん!。」
 流行のエスニック風居酒屋に集まったのは、私とその男、そして2人の女性だった。ひとりはどうも幹事の男とかなり親密らしく、やたら体を触りあっていた。もう一人の、栗色のショートの髪をした、顔の小さい女性が妻だった。
「かなちゃんはあ、コンパとか嫌いだからあ、慣れてないんですよお
、Tさんどんどん話してあげてくださいねえ」
妻の友達らしい、派手な顔をした女が、早くも酔っているのかそんなふうに私をけしかける。その横で妻は恥ずかしそうに笑っていた。
「Sさんは、エレガなんすよ、エレガ!でもってこんなに可愛いから社内でも社外でもファンが多いのに、真面目なんすよねこのこ」
男はそう言って、照れる妻に、Tさんは大丈夫、ちょ―真面目だから、と言った。

 私は彼女を一目で気に入ってしまった。派手に遊んでる、といった
デパート業界への偏見も、話していくうちになくなっていった。

 その後、数回デートを重ね、知り合って四ヶ月、私の隣の市への支店長としての転勤とほぼ同時に結婚式をあげた。すぐにでも家に入って欲しかったのだが、後任が決まる春まで働かないとお店に迷惑がかかるといって、しばらく妻は働く事に決めていた。そういうきちんとしたところも、私が彼女を妻に決めた理由のひとつでもあった。

 ある日、私は前にいた支店に用事があり、妻の働くデパートの近くまで出かけた。稟議に時間がかかり、その日はその町で夕食を一人で食べるはめになった。妻は父親が入院することになり、一日だけ実家に帰っていたのだ。
 和風のこぎれいな居酒屋で一人酒を飲んでいると、隣の個室が騒がしくなってきた。体の大きな男達が五,六人で騒いでいる。
 すると私の耳に突然、妻の旧姓が聞こえてきた。
「ショックですよおー。本社研修から帰ってきたら、Yさん結婚してるんすもん。それもなんかどっかの銀行のやつですってえ?」
 妻の会社の人達なのか?私はついつい聞き耳を立てていた。
「お前が全日本に選ばれるから悪いんだろ?おかげでこっちは一部守るのに大変だったんだぞ」
 間違いなく妻の会社の連中だ。彼女の勤めるデパートのラグビー部は全国的にもトップレベルのチームで、有名大学から何人も選手がはいっている。
「ショック大だよなあ、、。俺すっげえファンだったのになあ、、。エレガであんだけ清楚な人もめずらしーのになあ、、。」
 私が優越感に浸りかけた時、彼らが大声で笑い出した。
「Yが清楚?うはははは、、。お前ホントまだうちの店わかってないなあ。」
 どういうことっすか?彼が聞いた。私も胸の鼓動が激しくなってきた。どーもこーもないって、同期のこいつに聞いて見たら?障子ごしに言葉が私の耳につきささっていく。
「ここにいるやつら、みんな兄弟だぜ?お前以外。あいつ、、うちの部のフィジカルマネージャーだもんな」
 兄弟?みんな?私の疑問を仲間はずれの男が聞いてくれた。
「マジ?マジすか?倉田、、お前も?いつからだよ?結婚する前?」
私は手が震えてくるのを押さえられなかった。そんな、、ばかな、、。
「まえっつーか、いまもっつーか、、。俺、最近練習前に屋上でするのがくせになってるけど、、」
 あ、お前も?あいつめちゃくちゃフェラうまいだろ?やっぱ制服立ちバックは男の夢だよなあ、、。
 信じられない会話が障子の向こうで繰り広げられる。話しはどんどんもりあがり、男の一人が妻の携帯に電話をかけ始めた。
 仲間はずれの男が妻と喋っていて、あさって飲みに行く約束をとりつけていた。私は、なにかのまちがえだ、同じ名字の同僚に決まってる。あの、清楚な妻が、、、と必死で自分を納得させていた。
 障子の向こうから声が聞こえる。
「ま、うちのあの制服を着たYが、屋上で俺のをしゃぶってくれると思うと、俺もまだまだ現役続けなきゃって思うよなあ」
「ど、、ど、、どこうか?屋上のどこっすか?」
「お前もしてもらえるって。あの従業員用のCエレベーターをあがって、階段のぼった乾物倉庫あるだろ?あっこがナーイススポット。鍵もかかるし、ま、ほとんどつかってねーし。」
「俺、あそこでYさん後ろからしながら、ダンナさんの話し聞くのすきなんすよ。」
「お前ヘンタイだって。そーいえば去年までいたクインシーが、すっかり制服マニアになって帰っていったのは笑うよなあ」
「俺はホテル使うけどな。制服よりアイツのボディ、、さいこーだって」
 私は、彼らの話しが、別の女にかわってもその店を出ることが出来なかった。

 二日後、家を出る妻は、今日は送別会でちょっとだけおそくなる、といって家を出ていった。私が帰宅するころには帰っていたし、なにも変わった様子は見えなかった。私が聞いた話しはなんだったんだ、
 、、。私はその翌日、入社以来始めて有給を取り、妻の勤めるデパートへ向かった。

部下の熟女(巨乳OLを人気のない備品庫で口説いて性処理担当に)

初投稿させていただきます。 
私は社員60名ほどの中小企業の中間管理職(肩書きだけ)をやっております。 
私の下には十数名の部下がいます。 
二年ほど前に業務の繁忙に伴い、温子(仮名)が私の下に配属されてきました。 
その時ちょうど40歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。 
顔立ちもはっきりして、30半ばぐらいだと思っていました。 
ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている温子の姿が目に飛び込んできました。 
ちょっとタイトな制服のスカートがお尻の張りでパンパンになり、ショーツのラインくっきりと浮き出ていたのはレースの縁取りのあるTバックでした。 
迂闊にも見とれてしまった私に、他の部下が「どうしたんですか?」などと声をかけて来たので「荷物ぐらいお前が持て」などとその場を誤魔化しましたが、頭の中は妄想で一杯になっていました。温子を自分のものにしたくて我慢できなくなるのにさほど時間を必要としませんでした。 
兎に角個人的な情報を得るため仕事の合間に話しかけることを多くしてみました。セクハラがうるさくなって来ていたので言葉を選びながらプライベートを聞き出すのに少々手間を食いましたが、色々なことが判り始めました。 
二十歳で結婚し子供が一人いて手がかからなくなってきたこと。旦那はかなり年上だとのこと。一度プライベートな話を聞き出せばかなりのエロ話もしやすくなり、夜の生活なんかも意外と簡単に話すぐらいになりました。旦那が今だ現役で求めてくること。仕事が不規則な勤務らしく昼でも求めてくること。その割りに正上位と騎乗位しか知らないこと。 
旦那しか知らないこと。最近は旦那としてもいく振りをしていること。等‥ 
付け入る隙はその辺にあるかと、それとなく私が温子に関心を持っていることを伝えたり、冗談を言いながら手を握ったりと少しずつ距離を近づけていきました。 

会社の倉庫で・・・(在庫確認作業で社内一かわいい総務の子とペアに)

それは数年前に会社に勤めていたときのこと。
期末ということで在庫数の確認作業があり、中小企業であり全員での作業になった。
ペアで作業にあたることになり、偶然にも相手は加奈といい社内一かわいい、総務の女の子だった。

作業にはいり、僕らは広さで言えば縦長に2畳ほどの倉庫へと入った。
すれ違うにはどのように気をつけても触れ合うほどの狭さ。

すれ違うとき、僕は触れ合うのがきになり、お尻とお尻が触れ合うように控えめに通った。その瞬間、なんだかお尻がこっちに来たような気がした。だが、あまり気にすることもなく、再度すれ違う。また、お尻が・・・。
その行為に僕の股間はムクムクとよからぬ方向へ。この股間を加奈のお尻に擦り付けたいと思うようになり、向きを変えすれ違う。

アレ、お尻がこっちに来ない。。残念に思い、少し股間を押し当ててみる。
彼女の動きが止まる。ヤバッと思い、ごめん、なんか謝る・・・。
すると彼女が、なんかあたったね・・、もう一回あててもいいよ。って、???

加奈は以前より、僕のことが気になり想像し一人でオナしていたらしい。
そして、その時も総務である加奈が意図的に僕を相手に選び、作業場所も選択していた。

会社が始まる前に倉庫で(前日から彼と待ち合わせをする約束をして)

会社が始まる前に倉庫でしました。 
その後事務所で顔合わせるのがものすごく恥ずかしかった…。 

思い出すだけで濡れてしまいます…。 

前日から彼と倉庫で待ち合わせをする約束をしていました。 
通勤電車の中でも 
「こんな朝早くに会社に行って、男とSEXする約束してるんだ私…」と 
思うとそれだけで恥ずかしくてひとり電車で真っ赤になってました。 
その上ある物を用意してくるように言われていました。 

タオルです。 
感じてくると私は潮をふいてしまうのです。 
だから必ず持ってくるようにと。 
コンビニでタオルを買う時、レジの人の顔がまともに見られませんでした。 
そしていよいよ会社へ着きました。彼はまだ来ていません。 
待っている時間がものすごく長く感じました。 
男とSEXするために、会社の倉庫に朝早くからきている事実。 

と、シャッターが開く音がしました。 
コツコツと、彼の足音がします。 
「待った?」 
「ううん…(恥ずかしくて顔が見られない)」 
「じゃあ、こっちきて。」 
彼に腕をつかまれ、物を言うひまもなくある部屋に連れこまれました。 
倉庫の中の、今は使われていない狭い部屋です。 

会社の倉庫で新人♂と(人事担当の人妻が社内の案内中に)

前勤めてた会社だけど倉庫で新入社員の♂を食べちゃったことあるYO 
最後には逆に食べられたけど 

「誰か来るかもよ?」なんて言ったけど言った自分の方がかなり萌え 

短い時間の間に3回はイキましたw 

当時私は会社の人事担当 
新入社員の健康診断の手配やら入社手続きやらで接することも多かったんですよね 
で、世話しながら気さくに雑談w 
新入社員って言ってもそこは成年男子w 
雑談しながら彼女の有無やらなにやら結構聞き出しましたw 

あ、私は当時人妻w 

社内の案内しながら例の倉庫も案内 
倉庫だけあって人気はもちろんナイ 
最初案内した時はその子も 
「これだけ入り組んでたら何やっててもわかんないですよねー」なんてw 

ちなみに元々事務所として使っていたのもあって手洗い場もありますw 

なんて言われたもんだからちょっと試しに 
「試してみる?」って後ろにいたその子に振り返ってニコって笑ってみた。 
まだまだ大人の余裕を見せられる私。 
この時はまだ照れてるその子がカワイかったw 
最新記事