Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

会議室

総務部長の社内性行為報告(毎週金曜日、娘より若い部下のOLと)

某建設系、総務部長の任に就いているSと申します。
娘より若い部下のK子くんと、週一ペースで、会議準備室で行為を行い
ます。妻ではまったく起たない私の一物が、Kくんの口中や膣内では、
信じられないくらい、機能します。還暦まであと3年、私もなかなかやるなと、
自負いたしております。
K子くんは、よくテレビで観る、長澤まさみという子に似ています。

総務部長Sです。自分のデスクにて打っております。
朝礼後、2チャンネルに書き込むなど、アホな年寄りだとお笑いください。
さて、本日がK子くんとの行為に及ぶ日(毎週金曜午後3時)ですので、
胸高鳴っております。そのK子くん、今現在、澄ました顔で端末打って
おります。あの娘を犯せるかと思うと、もう股間が硬くなります。
絶対社外では会わない、キスも禁止、行為後、2万渡すなど制約も多いの
ですが、この金曜の3時のために、生きているようなものです。

では、午後3時の行為後、詳しく書き込もうかと思います。
ウザイ年寄り引っ込め、というご意見があれば、おっしゃってください。

総務部長Sです。

行為を終えました。K子くんはまだデスクに戻りません、化粧直しが続いているようです。
今日の行為で少しだけ嬉しいことがありました。少しだけキスを許されました。
軽いキスですけどね。

さて少し詳しく今日の行為を文章で再現します。
会議室と会議準備室の鍵は私が管理しています。フロアも2階離れているので、他の社員が
来る可能性はゼロなので、安心して行為に及べます。
K子くんが部屋に来ると、私はまず強く抱きしめました。髪の匂いや首筋の匂いを楽しみます。
50歳も後半になると、男も相当スケベになります。まず、すぐには服を脱がしません。
OLの制服の感触を楽しむのです。ブラウスの上からの胸の弾力を掌で楽しみ、
スカートを少しつまんで、下から覗き込むなどのスケベ行為を楽しみます。
ちなみに今日のK子くんのブラとパンティの色は薄いピンクでした。

次に、本格的な行為へと進みます。

まずは、ブラウスのボタンをはずし、ブラをはずし、乳首を口に含みます。
片方の乳房を揉みながら、片方の乳首を吸います。
乳首を舌で転がすと、無表情のK子くんの眉間に皺が寄り、少しせつなげな吐息が
漏れ始めます。こんなスケベ親父でも感じるところは感じるようです。
しばらくその行為を続けたのち、私の手はスカートの中へと移動します。
もちろん乳首への愛撫は続けたままです。パンストとパンティを少し下げ、
パンティの中へと手を滑り込ませます。 
このあたりで、パンティの中の膣は、かなり湿ってきています。

さらに、その膣やコリっとしたお豆を愛撫するうち、相当ビショビショになってきます。
このコリっとしたお豆を愛撫すると、K子くんは、かなり声を出し始めます。
この声が可愛くてたまらんのです。澄ました長澤まさみ顔の小さな口元から、
「ん… んんん…」と声が漏れます。
こんな私のような親父でも感じてくれていると思うと、もう嬉しくて嬉しくて。
指がつるほど激しく、膣とお豆をこねりました。ほんと指がツルほど…
すると彼女の声が、隣の部屋に聞こえるのでは?と思うほど高くなってきました。

おっと、来客だ。ちょっと中断。

憧れの既婚男性社員に好きなこと気付かれてしまって夜の会議室で…

経理部のTさん・・・普段接することあんまり無かったけど、 
たまたまちょっとした仕事で会話することがあって、 
優しくていい方だなってのが最初の印象。 
それがきっかけで、社内ですれ違ったときとかに、 
少し話しするようになりました。 
気が付いたら、好きになってて・・・。 
でも指輪してたから、諦めなきゃなって思ってた。

あるときTさんと同じ部署Kさんの有志での送別会の話が。 
幹事のTさんより女子社員が少ないから、参加してくれない?とのこと。 
Kさんには仕事でお世話になっていたので、出ます!と私は即答。 
他の女の子にも声かけてって頼まれて、 
連絡取るのにメルアド教えてもらった。 
そのアドレスは携帯のアドレスで・・・、 
これを知ってしまってのがきっかけだったのかな・・・。

その後何人か女子社員声かけて、携帯からメールを送った。 
その後ちゃんと感謝のメールが返ってきて、 
結構マメな人なんだななんて、思ったなぁ。

送別会で初めてTさんと飲む機会があって、 
お酒意外と弱いとか、飲むと陽気にかなり陽気になるとか、 
色々知ることが出来て楽しかった。 
後日Tさんに幹事お疲れ様でした!ってメール送ったら、 
参加ありがとうメールきて、それからメール交換するように・・・

(・・・なかなか本題に入れなくてごめんなさい) 
二日に1回ぐらいの割合でメールしていて、 
Tさんのこと色々知ることが出来て、もっと好きになっていった。

あるときメールで、「ユリちゃんは彼氏いないの?」 
なんて聞かれて「今はいませんよー」と答えたら、 
「勘違いだったらごめんね。もしかして僕のこと好き?」 
!!気付かれてたなんて!私はすごく焦った。 
普段はすぐ返信しないんだけど、 
「ごめんなさい!分かっちゃいました? 
 きっと迷惑ですね。もうメールしません」と送信。

「前々からそうじゃないかなって思ってたんだけどね。 
 こんなこと書いて、自意識過剰思われるかなって・・・ 
 でも、メールいつも楽しみだったんだ。 
 もうしないなんて言わないでね」 
とTさんからのメール。 
結局私の気持ち気付かれてしまったまま、 
メール交換は続いちゃいました。

その後たまたま帰りに偶然駅で遭って、 
ご飯食べに行こうってことなりました。 
さすがに会社の側だとまずいから、 
ちょっと離れたところに行こうかとのこと。 
お互い全然知らない駅で降りたので、 
お店とか知らなく、チェーン店の居酒屋に入りました。

案内されたのは、テーブル席で、 
面と向かって座るの初めてだし、 
私の気持ち知られているから、とっても緊張。 
普通に会社や仕事の話しとかしただけなんだけど、 
ドキドキしちゃいました。

帰りにエレベーターに乗って、たまたま二人っきりに。 
私はお酒のせいでちょっとボーっとしてたんだけど、 
いきなりTさんがキスをしてきました・・・。 
突然のことに、私はビックリ。 
まさか・・・憧れのTさんが私なんかに、 
キスしてくるなんて思わなかったし・・・。
最新記事