Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

人妻

時期は忘年会シーズン、三次会で他部署のBBAをお持ち帰りした

入社三年目の話 
時期は忘年会シーズン、二次会も終わり数人で三次会に行くとたまたま他部署のメンバー発見 
ちょっと合流してみると、けっこうな出来上がり具合(多分こっちもだけど) 
そこで40過ぎのBBA(バイトかパート)がかなり酔っててしきりに「持ち帰られたい」と言っていた 
その時はフーン(*´∇`)って感じだったんだけど、トイレですれ違った時に見えた胸の谷間でフル勃起、その場で30分後に待ち合わせを約束した 
トイレから帰ると同僚が別のところに行きたがったので別部署のメンバーを別れた 

待ち合わせを気になるので早めに離脱、それでも50分はかかった 
帰ったかな?と思いながら待ち合わせ場所に行くと…いた…離れて見るとやはりオバサン、しかし彼女と別れて女日照りだった俺には問題無かった 
声をかけると「良かった」と言って笑った、もう少しで帰る予定だったとの事 
別に笑顔も可愛くは無かったが、女を感じたチンコは反応した 
すぐさまホテルへ… 
行きがけに話を聞くと、年齢は秘密、高校の息子あり、旦那とは何年もないらしい 
正直からかわれてると思ったけど、来なかったら辞めるつもりだったと言われた 
25の俺には重かった… 

ホテルに入って脱がせると、ベージュの下着だったのには笑った(これで持ち帰られたいかよ) 
ブラを外すとおっぱいは重力で垂れたが、その存在感は確かにある、聞けばEとの事 
乳首は茶色がかってはいたが綺麗だった、毛は少なめ、体型は年相応といったところ 
風呂に入って後ろからおっぱいを触った、乳首をつまむとかなり喘いだ 
聞けば旦那はおっぱいはあまり興味が無かったらしく殆ど触ってくれなかったと 
旦那…勿体ないぜ… 
ひとしきり揉むと風呂から上がった 
この時点でマンコはかなりヌルヌルだった 
ベッドでチンコ見せると舐めてくれた 

セックスの悦びを知らない美人人妻受付嬢を巨根で狂わせメス奴隷に

私は結婚して妻と子ども二人がいる某地方公務員です。
あれは7年前になります。
清楚な美人が庁舎の受付嬢として新しく入りました。

派遣で来たのですが美人に加え、その服装や身のこなしもあまりに優雅で清楚、接客も気品があり完成度の高い女性です。

ほんとに偶然だったんですが、彼女と二人で昼食を摂る幸運にめぐりあえました。
私が昼食をとろうと一人で歩いていると、彼女の方から話しかけてきました。

彼女はいつも弁当を持参していたらしいのですが、たまたまその日は持ってきていなくて、仕方なく外食をとろうとしていたのです。

『この近くに食べるとこありますか?』と尋ねられました。
彼女にしてみれば、特に私である必要はなかったのでしょうが、私の顔を見知っていたこともあり聞いてきたようです。

私は『蕎麦屋ならすぐ近くにありますよ。私もこれから行くとこですけど一緒に行きますか?』と聞き返しました。

『蕎麦屋』という響きが気楽で警戒心を感じさせなかったのか一瞬考えたような間がありましたが、『それじゃお願いします。』と返事が返ってきました。
私は偶然にせよ評判の美人と昼食を一緒にできることで少し舞い上がりました。会話から彼女は元大手保険会社の本社に正社員として勤務していて、そこで知り合った現在の夫と昨年結婚。 自分は寿退職し専業主婦になったが、夫の帰りも遅く時間を持て余し気味なので、また、パートで仕事を始めたとのこと。 ちなみに夫は企画部在籍のエリート社員である様子。 どおりで…というのが感想でした。 それから、庁舎で顔を合わせると言葉を一言二言交わすようになり、飲みに行く約束をする事ができました。 二人でパブに入りお酒を交わしました。 とても楽しいひとときでしたが、彼女は夫の話になると、表情が翳るのです。 夫は仕事で連日深夜にしか帰ってこず、土日も不在のことが多くすれ違いになっているとのことでした。 彼女にしてみればこんなはずではなかったということなのでしょう。 私は帰り道、寂しそうな彼女の肩をそっと抱きました。 彼女は最初驚いて『この手なんですか?』と聞き返してきたので、『なんとなく寂しそうだから、嫌ならどけるよ』というと彼女はそれ以上何も言いませんでした。 一緒にタクシーに乗り彼女の自宅まで送りました。 タクシーの中で自然に私と彼女はキスをしていました。 

部長と不倫していた人妻上司を証拠の動画をネタに脅して調教する話

僕は31歳の独身会社員です。彼女いない歴もかれこれ7年くらいたつでしょうか?これは、前回付き合った彼女との別れにすったもんだがあり、かなりの労力を使ったため、若干特定の女性と付き合うのにためらっているせいもあります。後、1人身で風俗通いが好きなだけ好きなときにできることに今は満足していることもあります。しかし、周りの同期は昇進していき、会社での焦りがあるのも事実。しかも、今回あるプロジェクトにかかわることになったのですが、てっきりリーダーに指名されると思いきや、サブリーダーでした。しかも、リーダーは34歳の真美子さん。もちろん社歴は先輩なのですが、今までもこれといって、重要な役職はなく、すでに結婚しており、噂では私用で急に休むこともしばしばだそうで、どちらかというと僕が見張り役なのかと思ってしまうほどです。しかし、僕の元上司に確認したところ、真美子さんも一応、結果を出していて、認められての昇格らしいので、従うしかないなと思いました。唯一許せるのは、真美子さん、結構グラマーで、推定Fカップのおっぱいと、スーツ姿がいつもミニスカートで、スカートからこぼれる太腿がちょっと気になっていたのです。 
そして、一緒に働き始めて、数週間が過ぎ、ある見てはいけない秘密を見てしまったのです。それはこの人事の秘密に迫るものです。それは、僕が退社後忘れ物に気づき、社内に戻ったときのことです。気づいたのが30分以上たってからで、しかも翌朝に経過報告するために、家で資料整理いようと思っていたので、どうしても必要だったのです。真美子さんは残業するといっていたので、たぶんまだ残っているだろうと思い、会社のある集合ビルに入って行き、社内へと歩を進め、僕たちのプロジェクトの部屋に近づいた。しかし、中からはなぜか会社からは到底聞こえるはずのない男女の性行為している声が漏れてきたのです。おそらく、誰も来ないと思っているのか、ドアは半開きで中の様子をチラ見したところ、真美子さんとなんと、うちの会社の新規プロジェクトの部長との性行為でした。その部長は真美子さんを人事に推薦した本人です。前からの関係なのか、この件を機にその関係になったのかは定かではありませんが、そういえば、新人のときに一から教えてくれたのが、部長だし、恩返ししたいといっていたのを思い出しました。ひょっとしたら、すでにそのころからの関係なのかもしれません。とはいえ、2人とも家族ある身。いわゆる不倫関係です。 
僕はいいネタをいただいたと思いました。もちろん、携帯で動画をとり、動かぬ証拠をゲットしたのは当然の流れです。 
さて、翌日一日いつも通り仕事をし、昨日あの後家出がんばって用意した資料も無事発表が終わり、部長からもOKを頂き今までになくお褒めの言葉を頂き気分も上々です。その日は部長は家庭の用事があるらしく、定時でそそくさと帰って行きました。真美子さんは今日も残業をするらしいです。他の同じプロジェクトのメンバーも退社して行きました。僕は、真美子さんに一緒に残業すると告げました。今日の報告がうれしくて、さらに確実なものにしたいというと、今日は金曜で明日、あさって休みだし、一緒にがんばってのこってあげるといわれました。1時間ほど経過し、仕事のめどが立ち、真美子さんから、休憩しようと提案があり、コーヒーを入れてもらいました。僕もビルの1階にあるコンビニにいき、スイーツを買い一緒にホッコリと休憩しました。 
しかし、一転空気が変わりました。もちろん昨日のことを問い詰め始めたからです。別に脅すつもりではなく、昨日この部屋に戻って書類を取りに戻った際に起こっていた状況を話し、動画も見せ付けました。真美子さんは凍っていました。
(続きは下記のリンク先で)

採用面接に来た人妻が好き物だった…ご主人も納得して浮気OKの契約

私は小さな経理の事務所を運営しています。以前所属しているところから、独立したのが2年前。細々と運営しています。 
スタッフは、私(仮名で 佐藤信一 47歳 独身)と3名の女性のパートさんです。 
最近少しずつ仕事が増え、1名増やそうと求人をかけることにしました。 
何人か面接することができ、そのうちの3名の中で決めようかと思っていたのです。3名とも経理の経験者で甲乙つけがたい状況ではありましたが、なんとなくそのうちの1名(仮名で 白石真菜さん 38歳 人妻)の方を採用しようと私の中では決めていました。理由は一番私の好みのタイプで、制服映えも思想だったからです。もちろん、独身の方もいたのですが、結婚→退職ということもあるかと思い、めぼしをつけていました。 
そして、その方に採用の電話をしようと思った日の午前中のこと。なぜか、その方のご主人から電話が入りました。 
「先日そちらに妻が面接に伺ったと思います。私はその夫です。どなたかもう採用者決まりましたか?」 
急な質問に私は驚きながらも冷静に対応。 
「近日中に採用者に連絡を入れます。ただ、それはご主人とはいえ、今はお教えできません。」 
「うちの妻を採用してほしいのですが、、、。経理の経験もあります。すぐに役に立つと思います。後私のお給料が少なく困っています。何とか助けてもらえませんか?」 
「そういわれましても、、、。逆にそういう話になってくると、私としては判断が余計難しくなります。もうこれくらいでいいですか?」 
「待ってください。うちの妻見てもらえましたよね?38歳ですが、まだまだ若い方に負けないくらいのはち切れんばかりの悩ましいボディー。胸は特に私の自慢で96センチのHカップ。しかもまだ垂れていないんです。太股もむっちりしていて、制服でタイトスカートとか履かせたら興奮物です。それでも、ほかの方を採用するというのですか?」 
このご主人、何を言っているのか?さすがの私も9割は怒りでイライラしてきました。どうやってこの電話切ってやろうか? 
しかし、なぜか残りの1割、そう面接に来た日のことを思い起こしていました。彼女だけがきっちりとしたスーツ姿で面接にこられていました。確かにはち切れんばかりの胸は、白で胸元の大きく開いたカットソー。スカートはタイトで向かいのソファーに腰掛けてもらったのですが、裾が捲くり上がり少し脚が広がるたびに、チラッと見えるショーツ。確かに私がこの方を選ぼうとしている理由の1つは紛れもなく、ご主人の言われていることと同じようなこと、、、。 
「所長さん、、、。実は恥ずかしいのですが、、、。うちの妻は凄く好き物なんです。私が今週2回程度妻の相手をしています。でも妻は、全く満足できず、ほかの日も、妻のことを指や、おもちゃで気持ちよくさせています。でも、このままだと妻がほかの男性へ浮気してしまいそうなんです。しかし私もそれは許せない、、、。でもどうにもならない、、、。そして、妻にある約束をしたんです。仕事を探して、その職場の男性なら、浮気をしてもいいと、、、。だから、不特定のどんなやつかもわからない男性とは辞めてくれと、、、。そして今5社目の面接なんです。妻にも、私にももう後がないんです、、、。」 
さらにわからない話になってきました。この夫婦にかかわってはいけないと思う気持ちが、、、。しかしそれと同時にあの奥さんを自分のものにできるのかと、、、。わあつぃも47歳とはいえまだまだそっちも現役。最近では風俗通いで処理していたものが、いつでも身近に処理できる女性がいる状況、、、。9割の怒りが、9割の興味へと変わり、どうやってこの夫婦を納得させられるかを必死に考えている自分に気がつきました。 
私は、必死に深呼吸をし、冷静に返事をしました。 
「明日の土曜日に奥さんの面接を再度行い採用を決めようと思います。ご主人も同伴してほしいのですが可能ですか?こういった契約は双方が納得できるものでないと、後々ややこしくなるのはいやなんです。」 
「わかりました。明日、私も何とか休みを取って一緒に妻と伺うようにします。ぜひお願いします。」 
「では、明日10時にお待ちしています。」

ここから、私は明日に向けての準備に入りました。もちろん無駄になるかもしれないのですが、ご主人の雰囲気だとうまくいくだろう。そう感じ取りました。

そして、翌日の約束の時間。2人はやってきました。 

会社で採用したパートの奥さん(20年前に一度だけやった相手が偶然)

これは奇跡の再会というべき話です。 
この話は、去年の7月にさかのぼります。僕の勤めている会社(といっても総勢でも7人という小さな事務所)で事務職の女性を探していたときです。37歳の奥さんが応募してきました。僕としては、もう少し若い方を探していました。イメージ的に、パソコンとか使えそうにないなとかたいした理由ではないのですが、、、。それで、ある部下に面接をさせました。しかし、本人が来ると、何か見覚えのある女性でした。女性が帰り、部下から履歴書を受け取り、面接の様子を確認しました。その部下は、特に問題はなく、採用してもよいのではという答えでした。 
そして、履歴書の名前、年齢など見て思い出したのです。僕はそっけなく採用にしようと、部下に気づかれないように言いました。

それは20年前のことです。僕は、同級生の友達と2人で彼の部屋で遊んでいて、隣で彼の妹と、その友達も遊んでいました。同級生の彼は、2人を部屋に呼び、お互いカップルになって、SEXしようみたいな提案をしてきました。どうも、彼と妹の中では、決めていたようなのです。僕は、彼の妹とSEXすることになったのです。両親が帰ってくるまで約5時間くらい時間はあり、そのとき、僕は2回発射したのです。

そしてそのときの、妹さんがその奥さんだったのです。苗字が変わっていたのですぐには気づきませんでしたが、1回の事ですがよく自分でも覚えていたなと感心してしまいました。奥さんは僕のことを気づいていないようでした。

そして、採用して2週間後の日曜の昼間に、歓迎会を開きました。つつがなく会は終わり、ほかのスタッフは日曜ということで、それぞれ家に帰っていきました。僕は、5年前にバツ1を喰らい、独身です。奥さんのほうは、日曜はご主人が仕事で、1人娘も高校生で部活の遠征があるということで、時間はあるといいました。僕は、奥さんの制服が手に入ったので、会社で1度試着してみますか?と誘い、事務所に連れて行くことにしました。うちの制服ちょっとかわいくて、ほかの女性スタッフもかわいく着こなしてくれているので、奥さんも期待してついてきてくれました。 
事務所に入り、僕は制服を手渡し、奥さんに着替えてくるように指示しました。しばらくして、更衣室から奥さんは出てきてくれました。 
「思った以上にかわいいです、仕事が楽しくなりそうです。サイズがちょっと小さいような気がするのですが、、、。」 
「でもこの間のサイズを手配しているから、間違いないよ、すごく似合ってると思うけど、、。」 
実は、少し細工しています。知り合いで、裁縫のできる方がいてちょっとお願いしていたのです。ブラウスの両脇を少し絞り込み、胸の形がくっきりするように改造し、スカートも裾を若干絞り、ヒップラインもくっきり出ます。しかも、丈も短くしたいとのことだったのですが、膝上10センチ位になるように改造しました。ほかの女子も少し改造しているし、違和感ないよと安心させるようにもって行きました。 
「奥さんていうか、あゆみさん、、、。僕のこと覚えてないですか?20年前のことなんだけど、、、。」 
「えっ、20年前ですか、、、?私高校生のときですか、、、?何だろう、、?わからないです。」 
「あゆみさんのお兄ちゃんの友達で、博之っていうんだけど、1回だけなんだけど、、、、。思い出した、、。あれだよあれ、、、。」 
そして、あゆみさんもようやく思い出したようです。 
「思い出しました、、、。あのときの人なんですね、、、。あのときのことは内緒でお願いします。家族がいるので、お願いします。」 
最新記事