Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

不倫男

次はいつ逢えますか(長谷川京子に似た美人新入社員、妻の帰省中に)

俺32歳、彼女21歳だった。 

職場での出会い。 
当時、違う部署と組むことになった。 
その中に入ってきたばかりの彼女もいた。 
非常に美人なんだけど、仕事が出来ないのに口出しだけしてくる上司に気をとられ上司にばかり気がいっていた。 
当時は、頭の中でスケジュールを考えていたのだけど、彼女のところでスローダウンする。 
今、考えれば当たり前なんだけど。 
 
しばらくたって、飲み会が開かれた。 
みんなが飲みたいと言うのと、彼女の歓迎会だった。 
俺「新人だったの?。。。。。」 

新人だったら、スローダウンするのは当たり前だ。 
それなのに散々、文句を彼女に言ってしまった。 

今までは、お酒を少し飲めるくらいでお酒はほとんど飲まなかったのだが、 
その歓迎会の時期には段々と飲めるようにはなっていた。 
少し酔いながら彼女に話しかける。 
「新人だったんだね。たくさん怒っちゃったでしょ。」 
「そうですよ。なんか、訳解らないのに早くしろって激怒されましたよ。。。」 
「新人って言えばいいのに。」 
「いきなり怒ってるし、すいませんってしか言えませんよ!」 
それから何歳なのかとか色々話をした。 

翌日も仕事があるので、みんな一次会でお開きとなった。 
彼女とは途中まで帰り道が一緒だった。 
同じ電車に乗り込んで、ドアの横に二人で立ち、話をする。 
もうすぐ、彼女の降りる駅のアナウンスが流れる。 
なぜか彼女の服を降りないようにつかんでいた。 
そして出た言葉がこれだ。 
「一緒に俺の家掃除してよ。汚いんだw」 

当時は、子供が生まれてしばらくたっていたが、嫁は実家に帰省中であった。 
もちろん、すこし汚い。 

なぜか、彼女は自分の駅で降りずに付いてきてくれた。 
彼女はうつむきながら、電車に乗っている。 
俺の近所の駅についてから照れ隠しのように、二人ともしゃべりだした。 
駅からは、少し山を登る。 
二人で階段を上ってると、少し緊張もほぐれたみたいだ。 

不倫相手がハマった寝バック体位(同期入社のやり手キャリアウーマン)

今から8年くらい前か。

28歳の俺は、とある会社に転職した。

その支店では自分ともう1人、34歳の大手企業出身のキャリアウーマンが中途採用された。

そいつの名前は敬子としておく。

敬子はスレンダーではあったが、特に美人というわけではなく、俺はあまり異性を感じずに仲の良い同期として付き合ってきた。

入社して1年程経つと、俺は社内の営業成績もトップクラスとなり、敬子は事あるごとに俺に仕事の相談を持ちかけて来た。

「こいつ、少し俺に気があるな?」

と思ったが、俺には妻子がおり、敬子にも遠距離だが彼氏がいたからあまり気にしていなかった。

そうしている間に、敬子は仕事の事以外に彼との悩みや、聞いてもいない身の上話をするようになってきた。

そしてある夜、残業してると俺の携帯に敬子からメールが来た。

「彼氏と別れた。頭がどうにかなりそうだから、今夜は一緒に飲まない?」

と。
最新記事