Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

不倫男

係長の巨根に突かれ本物の快感に目覚めた(FカップOLの浮気体験)

私はユキ(23歳)総務課に勤務しています。
会社でもそこそこモテル感じです^^
身長162センチ、バスト92Fカップ、ウエスト58、ヒップ88ぐらいです。

今の彼は短大時代から付き合っている2歳年上の会社員ですが、最近マンネリ化してきていてトキメクものがなくなりました。
今の彼とは月1セックスの関係ですが、昔1度生でしたときにもう少しで中出しされる目にあい、それ以降ゴム無しではさせていません。

ほかの男性経験がない私は、男性器のサイズなんてみんな同じものだと思っていたのが先輩OLの部屋に泊めてもらったときにアメリカ版のDVDのポルノビデオをみてしまい、あまりのすごさに興奮してショーツを濡らしていました。

男優の私の腕より太い反り返ったペニスに体が震え、血の気が頭に上り紅潮した顔を先輩に見られ、
「ユキちゃん、ショック?」
と訊かれあわてて
「大きかったらいいってことでもないですよね?」
と先輩をみると、
「やっぱり大きいのがいいのよ・・・」
と諭され、彼のサイズがお子様サイズに思えてしまいました。

その後、二人で一緒にバスに入りボディシャンプーでお互い洗いっこしました。
「ユキちゃん、グラビアアイドルの熊田曜子みたいやね・・・会社でも男ドモのオナペット的存在よ!」
「もうやめてくださいよ!」
といってふざけていると
「彼氏いるの?」と訊かれ、
「はい!」と答えると
「たまには浮気してみない?」
「へえ!綾さん不倫経験あるんですか?」
「今度結婚する彼と付き合い始めて男性に自信が持てたころ、他の男性に誘われたの!下心があるらしいのは判っていたけど好きなタイプだし、好奇心の方が先に行っちゃって関係しちゃったのね。」

(続きは下記のリンク先で)

媚薬で、撃墜(取引先の女の子を我慢できない状態にして中出し)

会社の取引先の女の子と話した。ちょくちょく会うんだけどまともに話すらしたことなくて、 
ちなみに気にも止めてなかったんだけど・・・。ちょうどその時会社内で結婚適齢期の話になった。 
「結婚は早くした方がいいよー。だってさ、年取って子供育てるのって大変ジャン」 
「そうですよね、私も早くしたいんですけどね。奥さんいくつなんですか?」 
「26歳。今2人目生まれたばっかだよ」 
「ええー。じゃあ、私の年でもう出産してたんですか!」 
「あれ?何歳なの?」 
「今25です」 
「嫁さんの1個したかぁー」 
そんな会話をしているうちに彼氏いないの?なんていう会話になっていった。 
「一応はいるんですけど遠距離だし、出身も学校も他所だから友達もいなくて・・・」 
「じゃあ、男でも女でも友達紹介してあげるよ」

それがきっかけで会う度に会話するようになった。 
話しているうちに結構いい女かもと思っていった。背は150くらいで顔もかわいい。 
こんな子誰かに紹介してヤらせるのももったいないなぁ。と思った結果、 
その前に味見してみようと計画を立ててみた。 
まず、どんな子か分からないと紹介もしにくいから、1回一緒に飲みにでも行こうよと誘ってみた。 
その子(ゆかり)は何の疑いもなく、ひとつ返事で誘いに乗った。 
おれはネットで液体の媚薬を購入。Xデーのために準備をした。

女子行員(正月明けに飲み会の後、同じ課の飯島直子似の可愛い子と)

なんか寂れてるようなので… 

昨年の正月明けの話。 

同じ課に飯島直子に少し似ている可愛い子がいる。自慢ではないが、漏れは会社 
では結構もて、その日は飲み会の後、家の方向が同じなので一緒に帰った。 
電車の中で、 
「私○○さんと一緒に帰るのすきなんですう。」なんて、彼女は酔っ払って 
言ってくれた。普段の言行からあながち冗談ではないと思ったが、 
「俺も同じだよ。2人だけで邪魔者もいないしなwww」 
なんて、応じていたら電車が揺れ、彼女は俺に寄りかかってきた。コート 
越しに柔らかい胸の感触がした。 

「おい、大丈夫か?けっこう飲んでたもんな・・・」 
「○○さんによっかかれるから大丈夫で~す」 
なんて、言ってますます体を密着させてきた。 

「あ~あ、ずっと駅に着かなければいいのに」 
俺「そうだな、○子ちゃんとこうやってピッタリくっついていられるしなww。」 
「○○さんのエッチ!」 
ってにこにこしているが、離れる気配はない。 

俺は会社ではおんなのこに手を出さない方針だった。お堅い業種(都市銀行) 
だし、いざこざが起こる可能性がある。また外でいくらでも見つけることは 
可能だ。という訳で、俺はそのシチュエーションを比較的余裕を持って楽しんで 
いた。 

「△△課の新人が○○さんかっこいいって言ってますよ~。でも、今は私が一人占めだもんね~」 
俺「そうそう、一人占めしていいぞ。俺が独身だったらな~。○○ちゃんを絶対口説いているのになww。 
ついでにその新人ちゃんも」「ダメですよお、私だけにして下さい。私やさしいからこの人って決めたら 
何でもしてあげますよお」 
俺「ホントかよお。。。結婚早まったなあ。。。○○ちゃんに何でもして 
もらえるんだったら」 
「う~ん、○○さんだったら、今でもしてあげちゃうかも・・。」 
「えっ」 
酔いも有ったのか、俺はいつもの余裕がなくなり段々Hモードに入ってきた。 

職場(俺に好意を抱いている部下の見舞いにアパートに行って不倫した)

その子が俺に好意を抱いてることは一緒の職場にいる以上、俺が気づかないわ 
けがなかった…。 
仕事をしててもその子は覚えが悪く、又性格は割とがさつで、よくしゃべる。 
一度、千円やるから10分黙ってろ。と言ったことがあるが、 
「そんなんしたら、死んでしまうわ…」 
って…オイオイナニイッテンダヨ。 
それでも自分の部下ともなれば、アホ、ボケ、カス…、と叱りとばしながらも 
その子は真摯に自分に向かってくれる俺に、好意を持ってみてくれてたようだ。

そしてその由美が風邪を引いたらしく、2日休んだ。 
周りは(鬼の霍乱か?)とは言ってたが、あんまり休まれては困るのでこっち 
から連絡し、俺が様子を見に行くことになった。

アパートの場所も知らず、取り敢えず近くまで来てから電話を入れると、 
「もう殆ど大丈夫なんです。今から出迎えに行きます…」 
とのこと。 
煙草を2本吸ってる間にヒョコヒョコと迎えに来てくれたが、その時の着てる 
ものが…、おっさんスウェットの上下そのものだ…。 
まだ鼻水が垂れるようで、グズグズ言わせてたが、部屋にはいると、 
「こんな格好で、風邪がまだ治ってないと思ったでしょう…」 
と…。 
見舞いと称して持ってきたオレンジを渡し、具合を聞いていた。 
まあ、やはりよくしゃべる…。 
更に鼻水が垂れてきてるのにそのまましゃべるものだから、こっちから、 
「鼻水垂れてきてるぞ。俺がすすってやろかぁ?」 
とキスでもしそうな口を作ると、 
「いいですぅ…」 
と思いっきり(ビィー…ム…)とティッシュを使う…。 
(こいつ俺のことをまったく異性として意識してないな…)

で、この窓からは冬になると山の雪景色が綺麗なんですよ…、と言う。 
そういやこいつはSKIが趣味とか言ってたな。 
部屋を見渡せば、カービングの板とブーツ(6カ所止めのレーサータイプ)に、 
更にショートSKIまで置いてある。 
夏はスキューバをするらしいが、なぜかカナヅチだという…? 
で、その横には洗濯かごに入ったままの洗濯前の下着があった。 
途端に俺は下半身が勃起するのを覚えた…。 
(…ったく、節操のない、理性も人格もない下半身やなぁ…) 
と苦笑しつつ、よく見れば、窓際には結構大きめのブラと可愛らしいパンティ 
が干してある。 
完璧に勃起した…。

今では、時効と思うけど(出張先での出来事、仲のいい同僚とアナル)

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。 
正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。 
うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。 
会社も気を使うのだと思います。 
しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。 
俺32歳既婚、M25歳独身♀。 
俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。 
時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。 
Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。まあ美人だし、好みといえば好みなのだが

出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき、いつものようにY談になった。 
ただ2人だけというのがいつもと違った。 お互いのセックスや趣味など。 
すると、アナルセックスの話になり、「アナルだと彼氏がいくのが早い」とM。 
「え〜お前アナルとか使えんの?彼氏に教えられた?」 
ときくと、前の会社で不倫してた上司に教えられたとのこと。 
この見た目いい女が、おっさんにいいようにされてたと思うと、妙に興奮し、あらためて女として見直してしまった。 
その他にも色々と教え込まれたらしい。 
「へ〜、じゃあ俺も、一回お願いしようかなあ・・」と冗談ぽく言うと 
「いいよ〜w。でも奥さんに悪いから、やっぱりだめ〜」と笑う。 
一度、皆で俺んちに遊びに来た時、妻とは面識があった。

結局、その日は何もなく翌日2日目の仕事を終え、明日、帰るだけとなった。 
お互いがそれぞれもち歩いた商品を持ち寄り、合わせてチェックするために、 
俺のホテルの部屋で2人で伝票とチェックする。 
いつもはパンツスーツの多いMだったが、その日はタイトスカートのスーツだった。 
ベッドに腰掛けたその足が、妙になまめかしかった。 
チェックも終わり「飲みに行くか?」と誘うと、「時間も中途半端だし、いいよ・・・」 とM。 
その割りに、自分の部屋に戻るとも言い出さない。
最新記事