Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

不倫女

人妻OLの私と課長の息子…女のすべてを教えたけど立場が逆転

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。 
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。 
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。 
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。 
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。 

昔何度も告白してくれた同級生に雇ってもらった人妻のエッチなお仕事

42歳の主婦です。
主人が不景気で給料が下がり、子供も下の子が高校生になったのでパートを探しましたが、
なかなか年齢的に見つかりませんでした。

そんな中、クラス会で昔何度も告白されたYくんに会いました。
空手部だったYくんは太いというイメージでその頃はそんなYくんはいやで断りました。

20年ぶりに見たYくんはかわらない顔で体型も変わっておらず、太いというよりムキムキな身体でした。
「仕事を探してるけどないんだ」と話すと、Yくんは親の会社を引継ぎ経営してて、
事務仕事を奥様にさせてたそうですが3年前に離婚し、それでいいならと私を雇ってくれることになりました。

何ヶ月かで仕事に慣れました。Yくんは私が急用でも休みをくれたり、お給料も多めにいただいてました。
ゴルフ好きの主人にゴルフの券を何度もいただいたりするうちに主人も感謝してました。

仕事で遅くなったときはYくんが自宅まで送ってくれ、主人にすみませんと挨拶を毎回してくれ、主人もゴルフ券をもらって、
「いつもお世話になってるんで遅くなってもうちは平気ですから気にせず使ってください」と言うと、
「そう言っていただけると助かります」と言いYくんは帰りました。

その後は遅くなっても 主人は大変だなと機嫌もよく20時頃帰宅するのが普通になってました。
出張も多くYくんと地方に行くこともあり、食事をして帰宅したり、地方の観光地も時間を見つけて連れてってもらいました。

一度4日連続で地方に行くことがあり、遠くだったので2日続けて23時頃帰宅すると、
「遅くて大変だな、朝も5時に出てったら大変だからそっちに泊まる方が楽なんじゃないの?」と言われ、
「私がいるから毎日帰ってきてるの。Yくんだけなら泊まりのとこだよ」と言うと、

「じゃあ明日は泊まりでって聞いてみたら?疲れてるのがはっきりわかるから」
と言われ、すぐにYくんに電話をすると「助かります」と言われ、次の日は泊まりで行くことになりました。

その日に限って15時頃に仕事が終わり、次の日まで何もない日でした。
田舎だったので観光もないので部屋に戻りました。シャワーしようとすると壊れてるようで出ません。

Yくんの部屋にシャワーが壊れてることを言いに行こうとノックをすると返事がなく、戸が少し開いてたので中に入ると裸で座ってました。
見ると、エッチなテレビを見て一人でしてるYくんがいました。

パート社員とのセックス(夫が淡泊でほとんど何していない人妻)

本部から、同じ市内の営業所へ転勤になった。
販売の仕事なので営業所は多い。

着任した営業所は、パート社員も含めて10名いた。

数日たつと人間関係もわかりだし、
そこを仕切る主任は、あるパートさんを気に入っていた。 

○○広子というそのパートさんは、
37、8才ですらっとしていて、パートの中では一番目についた。

主任は、広子さんに話すときは親しげにするが、
広子さんは、そうではない。

日にちが経ち、くだけて話すようになってきた時
その事を、広子さんに言うと、

「全然タイプでもないし、興味もない」と言った。
これは何とかなるな、と感じた。

普通に会話をし、下ネタなどを話す事も無く、
仕事を教えたりして一か月ほど経った頃、たまたま営業所で二人になった。

出かける時であったが、
「広子さん」と呼び、「抱きたい、」と単刀直入に言った。

広子さんは「エッ、」と驚いていたが、
拒絶するような感じではなかった。

何事もなかったかのように振舞って、数日過ぎた。
今度は、耳元で「抱きたい、」と言い、手を握った。

広子さんは、「主人が、、、、、」と言いかけて、黙った。

会社の女(同僚のW不倫の現場に遭遇・撮影→脅迫して寝取った)

俺は30歳、会社員

俺の会社は電気部品の工場で、俺は製品管理をしている。 
そんな時、友人から噂話を聞いた。 
事務員の女と検査の男が浮気をしているとの事。しかも、書類室で密会をしていて、中では何をしているのか? 
その女は俺の2歳年上で、かなりの美形(スタイル抜群)。俺は入社当時から憧れの女性だった。しかし、結婚していたので 
俺は諦めていたのだ。しかも、相手の男性も結婚していて、まさにW不倫だった。まぁ噂なので、嘘だと思っていた。

ある日、俺は書類を捜しに、例の部屋に入って探し物をしていた。その時、誰かが中に入ってきた。 
その後を追う様にもう一人が入ってきて会話が始まった。俺は、黙って影で様子を伺っていた。

男「誰もいないよな」 
女「大丈夫、こんなとこ、誰も来ないよ」 
男「キスしようぜ!」 チュッ 
男「興奮するよ。真奈美」 
女「でも、バレタラ大変よ」 
男「もう、我慢出来ない、早く頼む」 
女「もう・・・でも私も濡れまくって大変なの」 
男「お前がそんな女だったとは思わなかったよ」 
女「そんな事言わないで」 
男「早くお尻をこっちに向けて」 
パンパンパン肌が当たる音がした。こんな所でSEXしている!俺は物陰から2人を確認し驚いた。噂の人だった。 
俺は携帯で、映像を盗撮した。(開始のタイミングで音がするからドキドキしたが、気づいていない様だった) 
15分位して2人は出て行った。 
事務所で確認すると、何もなかったかの様なそぶりで、仕事をしていた。 
帰り時間、俺は例の彼女に初めて話しかけた。 
俺  「今晩は、真奈美さん」 

主人以外の初めての挿入受け入れ(転勤する部下と出張先のホテルで)

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」 
「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」 
そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。 
私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。 
最新記事