Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

パート

会社で採用したパートの奥さん(20年前に一度だけやった相手が偶然)

これは奇跡の再会というべき話です。 
この話は、去年の7月にさかのぼります。僕の勤めている会社(といっても総勢でも7人という小さな事務所)で事務職の女性を探していたときです。37歳の奥さんが応募してきました。僕としては、もう少し若い方を探していました。イメージ的に、パソコンとか使えそうにないなとかたいした理由ではないのですが、、、。それで、ある部下に面接をさせました。しかし、本人が来ると、何か見覚えのある女性でした。女性が帰り、部下から履歴書を受け取り、面接の様子を確認しました。その部下は、特に問題はなく、採用してもよいのではという答えでした。 
そして、履歴書の名前、年齢など見て思い出したのです。僕はそっけなく採用にしようと、部下に気づかれないように言いました。

それは20年前のことです。僕は、同級生の友達と2人で彼の部屋で遊んでいて、隣で彼の妹と、その友達も遊んでいました。同級生の彼は、2人を部屋に呼び、お互いカップルになって、SEXしようみたいな提案をしてきました。どうも、彼と妹の中では、決めていたようなのです。僕は、彼の妹とSEXすることになったのです。両親が帰ってくるまで約5時間くらい時間はあり、そのとき、僕は2回発射したのです。

そしてそのときの、妹さんがその奥さんだったのです。苗字が変わっていたのですぐには気づきませんでしたが、1回の事ですがよく自分でも覚えていたなと感心してしまいました。奥さんは僕のことを気づいていないようでした。

そして、採用して2週間後の日曜の昼間に、歓迎会を開きました。つつがなく会は終わり、ほかのスタッフは日曜ということで、それぞれ家に帰っていきました。僕は、5年前にバツ1を喰らい、独身です。奥さんのほうは、日曜はご主人が仕事で、1人娘も高校生で部活の遠征があるということで、時間はあるといいました。僕は、奥さんの制服が手に入ったので、会社で1度試着してみますか?と誘い、事務所に連れて行くことにしました。うちの制服ちょっとかわいくて、ほかの女性スタッフもかわいく着こなしてくれているので、奥さんも期待してついてきてくれました。 
事務所に入り、僕は制服を手渡し、奥さんに着替えてくるように指示しました。しばらくして、更衣室から奥さんは出てきてくれました。 
「思った以上にかわいいです、仕事が楽しくなりそうです。サイズがちょっと小さいような気がするのですが、、、。」 
「でもこの間のサイズを手配しているから、間違いないよ、すごく似合ってると思うけど、、。」 
実は、少し細工しています。知り合いで、裁縫のできる方がいてちょっとお願いしていたのです。ブラウスの両脇を少し絞り込み、胸の形がくっきりするように改造し、スカートも裾を若干絞り、ヒップラインもくっきり出ます。しかも、丈も短くしたいとのことだったのですが、膝上10センチ位になるように改造しました。ほかの女子も少し改造しているし、違和感ないよと安心させるようにもって行きました。 
「奥さんていうか、あゆみさん、、、。僕のこと覚えてないですか?20年前のことなんだけど、、、。」 
「えっ、20年前ですか、、、?私高校生のときですか、、、?何だろう、、?わからないです。」 
「あゆみさんのお兄ちゃんの友達で、博之っていうんだけど、1回だけなんだけど、、、、。思い出した、、。あれだよあれ、、、。」 
そして、あゆみさんもようやく思い出したようです。 
「思い出しました、、、。あのときの人なんですね、、、。あのときのことは内緒でお願いします。家族がいるので、お願いします。」 

パート先の社長に食事に誘われ豪華なデートに酔ってしまって

優しい主人と子供二人を育てるママです。
春からパートに行きはじめました。
そこの社長さんに食事に誘われ主人には正直には言えず
職場の飲み会といい出席しました。
主人は良く飲みに行きますが私はほとんど行ったことがなかったんで主人は遅くなってもいいからたまぁには行っておいでと言われました。
18時に食事をし20時に綺麗なバーに行きました。
食事もバーも普段の私には行けるとこではない高級なところで感動のしっぱなしでした。
21時ころ主人に電話し少ししたら帰るねと言うと
週末なんだし子供も寝たから楽しんでおいでよと言われ
社長に主人がもっといいよって言われましたと伝えると
0時ころまでそこで飲んでました。
雰囲気に酔いお酒にも酔ってると社長が
Oさんのことずっと気になってました。また誘っていいですか?と言われ私はドキドキしました。
久しぶりの告白だし社長は素敵な紳士でした。
社長は素敵な方だったんで食事にもきました。
家庭を忘れ女性と見られしかも憧れの社長に告白され
席をはずしトイレで化粧を直しました。
席にもどり店を出るときに
私は主婦なんでそんなに出かけられません。今日は
主人がいいと言ってくれたんで出て来れました。
というとではもう少し言いでしょうか?と聞かれはいと言い
タクシーに乗ると高級なホテルに着きました。
部屋に着くと社長は抱きしめてくれ
一晩だけ夢をみさせてくださいとキスをされました。
私もこんな豪華なデートは初めてです。
といい酔いもあり社長に私からキスをしました。
服をきたままベッドでキスをされ私を社長は裸にしていきました。
社長は自分で服を脱ぎすて明るい部屋で裸になってました。
明るくて恥ずかしいですというと社長は
よく見せてくださいといい胸を愛撫され私のアソコは凄いことになってました。

(続きは下記のリンク先で)

パート社員とのセックス(夫が淡泊でほとんど何していない人妻)

本部から、同じ市内の営業所へ転勤になった。
販売の仕事なので営業所は多い。

着任した営業所は、パート社員も含めて10名いた。

数日たつと人間関係もわかりだし、
そこを仕切る主任は、あるパートさんを気に入っていた。 

○○広子というそのパートさんは、
37、8才ですらっとしていて、パートの中では一番目についた。

主任は、広子さんに話すときは親しげにするが、
広子さんは、そうではない。

日にちが経ち、くだけて話すようになってきた時
その事を、広子さんに言うと、

「全然タイプでもないし、興味もない」と言った。
これは何とかなるな、と感じた。

普通に会話をし、下ネタなどを話す事も無く、
仕事を教えたりして一か月ほど経った頃、たまたま営業所で二人になった。

出かける時であったが、
「広子さん」と呼び、「抱きたい、」と単刀直入に言った。

広子さんは「エッ、」と驚いていたが、
拒絶するような感じではなかった。

何事もなかったかのように振舞って、数日過ぎた。
今度は、耳元で「抱きたい、」と言い、手を握った。

広子さんは、「主人が、、、、、」と言いかけて、黙った。
最新記事