Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

同期・同年代の女性と

寿退社する同僚の婚約者はエリートだけどエッチは物足りないらしい

職場の同僚の友紀(27)が寿退社することになった。 

友紀は見た目派手ではないので特別目立つ女というわけではないが、真面目で控え目な性格で家庭をしっかり守ってくれそうな雰囲気が好印象な女だ。 

婚約者の男は一流大学卒で一流企業に勤めているエリートらしい。 

確か最近まで友紀は「今、彼氏はいない」と言っていたと思っていたが・・・

相手の男がエリートとなると結婚への決断も早いということか。 
意外と打算的なところは、やはり女ということなんだろうな、ちっ! 

友紀に対して特に恋愛感情があるわけではなかったが、退社でこのまま会えなくなるのもちょっと惜しいと思ったので飲みに誘った。 
もちろんあわよくば一発という目論見で。 

居酒屋にて最初は会社のことや仕事のことを話していたが、酒が進むと砕けた雰囲気になり、会話もプライベートな話になっていた。

「今、幸せ?」と聞く俺に 
「うん、幸せだよ」と屈託のない笑顔で答える友紀。 

確かに幸せそうだった。 
ただ、結婚相手の彼氏、一流大学卒で一流企業に勤めているエリートということで俺はモテ男を想像していたが、どうやらそうではなく女関係はイマイチらしい。 

「彼からはっきりとは聞いてないけど、私が初めての相手、つまり今まで童貞だったんじゃないかな」ということだった。 

「じゃあ、エッチは物足りないんじゃない?」と聞くと 
「・・・でも、彼のこと好きだから」 

歯切れの悪い返事をする友紀から、ちょっと物足りないでいることは感じとれた。 
もしかしてチャンス!? 

「俺なら友紀のこと満足させてあげられるんだけどなぁ」と押してみたが、 
「ハハハ・・・」と友紀に適当にはぐらかされた。 

居酒屋からの帰り道、数件あるラブホテルの前で友紀を誘った。 
唐突だったので拒否されるが、 
「大丈夫、変なことはしないから!」と言って、半ば強引にラブホの中へ友紀を連れ込んだ。 

会社の忘年会で狙っていた人妻由美を酔わせてお持ち帰りした

会社の忘年会でした。 
今夜こそ、狙っている由美を何とかしようと考えていました。 
まずは場所取り、彼女をはじに座らせそして僕はその隣に 
由美は人妻で、ご主人は趣味で空手をしているそうです。 
髪は肩までかかるくらいの長さのストレート 
制服の時はベストと上着を着ています。 
今夜はモヘアのセーターです。意外と大きい!! 
その時点で僕の股間はもうギンギン 
宴会の最中は彼女を飽きさせないように精一杯盛り上げました。 
酔いも回るうちに彼女も僕に気を許して僕の膝やら肩をぺたぺた 
と触ってきます。その間僕もお返しに軽く膝をタッチ 
終止にこやかで「これはいける!」っと思いました。 
そろそろ終わりに近づき始めたので 
「帰るの?僕の良く行くショットバーでもう少し話しようよ」 
「うん、今夜は楽しかったからまだ帰りたくないし 
付き合うよ」なんとラッキー!! 
BARに入りカウンターの奥へ陣取ります。 
「なんにする?」「分からないから何か頼んで」 
それならと少し強めのカクテルで注文、マスターが作ってくれたのは 
トムコリンズ、GINがベースで口当たりはいいけど彼女の飲んでる 
量からすると、これ2杯で足に来る予定 
彼女がトイレにと席を立った、チャンス 
マスターに同じ物を注文するが、今度は少し強くしてとオーダー 
飲んで見ると「うん、強い・・・」 
僕は飲んでるフリをして彼女に勧め本当に足にきたみたいです。 
気分がいいと僕の肩に寄り添ってきました。 
ためしに彼女の膝に手を置いて見ます。 
嫌がる様子はなく、かえって足を開き気味にしてくれるではありませんか。 
それならと内モモをさすり、ストッキングの感触を楽しみます。 
場所がカウンターの奥なので他の客からは死角になり暗くてよく見えないはずで 
す。 
スカートが上にずり上がりパンティーの脇に指がとどきます。 
それでも嫌がらない・・・図に乗って指先で遊んでいました。 
酔ってるせいもありますが、確かに彼女の目はトロ~ンとした表情に 
変わって来ています。 
彼女にそっと耳打ちしました 
「出ようか・・・」「うん・・・・」 
店を出てエレベーターに乗ります 
エレベーターのドアが閉まると同時に彼女を抱き寄せディープキス 
最初はビクッとしましたが、そのまま僕に身を預けるように唇を合わせてきます。 
エレベーターがチン!といったので慌てて離れましたが 
下りてビルの影でまた唇を求め合いました。 
それから行く先は決まっています。 

社員旅行でトイレでエッチしてたら見つかって他の社員の前でセックス

私が新入社員だった頃、秋に社員旅行が有り、社員とパート、アルバイトを含め総勢150名ほどで、石川県の山中温泉に行きました。 
予定より少し遅れてP.M.6:30ごろに旅館に到着し、すぐに全員温泉に入り、P.M.7:30ごろから宴会が始まりました。 
私は新入社員だったのでカラオケを歌ったりして自分の席でビールを飲みながらくつろいでいると、 
パートとして働いていた笠○絵理子が私の隣の席にビールを手に持ちながら座りました。 

笠○絵理子は23歳で痩せ型で体型はあまり良いとはいえませんが、顔は普通で前から私に気がある素振りをしていました。 
温泉に入ったあとだったので、私は浴衣姿、絵理子はタンクトップにトランクスのようなショートパンツでした。 
しばらく絵理子と話していると絵理子がいきなり浴衣の上から私の股間を触りながら「大きいね」と言い、「私、今ノーブラなの」と言いました。 
私は酔っていましたので「本当?」と言い絵理子のタンクトップの襟口を指で引っ張り覗き込むと絵理子の小さいAカップぐらいの胸とピンク色した乳首が見えました。 
絵理子は「見えた~。エッチ!」と言い、横に座っていたパートさん達も「○○君と笠○さんラブラブね」と冷やかしていました。 

そのうち、宴会も終わりとなり全員自由行動となり、宴会場から出ることになりました。 
私も宴会場から出ようとしましたが、すこし酔っている絵理子が「トイレに行く」と言いましたので、 
ついていってあげることにしました。宴会場のすこし離れたとこにあるトイレまでついていき、 
女子トイレの入り口で絵理子を待っていました。 
しばらくすると、絵理子が女子トイレから出てきましたが、 
私を見るなり「酔っちゃった」と言って女子トイレの入り口の前で座りこみました。 
私は絵理子を立たせようと絵理子の腕を掴み、腰に手をまわそうとしましたが、 
手が絵理子の脇に入り胸に触れました。 
絵理子は「どこ触ってるの~」と甘えた口調で言いましたので、 
酔っていた私も「さっき絵理子も俺のちんぽ触っただろ」と言い返しました。 
すると絵理子は座り込みながら、「おっぱい吸って!」と言ってきました。 

高嶺の花の役員秘書をデートに誘って挿入しようとしたら処女だった

約30年前、当時会社の中で海外営業グループで主に米国を担当していた。
海外出張も度々経験していた。
本社役員が海外へ出張する際には、出張スケジュールからいろんなことまで、その地域を担当する者がハンドルしていた。
現地とのアレンジはもとより、役員秘書との密接なコンタクトも欠かせない仕事であった。
よくコンタクトしていた役員秘書、当時25歳で秘書の中でもマドンナ的存在であった。
当時私は独身、でも会社人間になりかけの時代。
だんだんとその秘書が私の脳裏にこびりつくようになってきた。
会社の中では、ほとんど秘書には手を出さないし高嶺の花でもあった。
その点、私は恵まれていた。
役員に出張スケジュールなどを報告するたびに、秘書と連絡を取り合った。

ある日、思い切ってデートに誘ってみた。
結果はOKだった。
役員スケジュール並に、彼女とのデートスケジュールを作成し見せた。
車で富士五湖へのドライブで行程、予定時間、昼食の場所、帰りの行程、夕食、それに彼女の自宅近く到着予定時間など、まさに仕事同様のスケジュール表だった。
彼女はびっくりと同時に感心していた。

当日、迎えに行き、ドライブを楽しんだ。
何度か役員にコンタクトする際、お話していたのですぐに打ち解けて車内では話がはずんだ。
昼食を終わるごろには、はたから見ると恋人同士のように見えた(と思っている。)。
帰り際、どうしても彼女を自分のものにしたかった。
しばらく車内で沈黙が続いた。
綺麗な海岸で駐車した。

倒産した会社の高根の華だったY美(デリヘルで元同僚に再会)

倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねて 
デリヘルで遊ぶことに。。ろくに顔写真も見ず、無指名で 
ホテルで待つこと10分、、そこに現れたのは倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、 
まさに俺の高根の華だったY美。 
勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならないおれは 
Y美をズリネタしていたものだった。 
 
向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうが 
いいですよね」と早々に帰ろうとする。 
Y美の腕を引っ張り、「まあ・・中に入りなよ」と強引に引きずり込んで「大変そうだね、 
なかなか再就職は難しいよね」と声をかけるも、「あの・・私、・・ちょっと無理なんで・・ 
チェンジしてもらっていいですか?」と半分パニックになってる。 
こんなチャンスはまずないと「選べるのはお客の方だよね?・・クレームつけたくないし、 
俺、あまり時間もないんだよね」とチェンジはしない意向を漏らすと彼女は「Tさんが前から 
私のこと好意をよせてくれてたのはわかっていました。仕事中にいつも私のこと目で追っていたのも 
知ってます。でも・・私、あなたは生理的に無理なんです。。だから・・お願いします。帰してください」 
と半ば泣きながら懇願してきた。 

(そうか・・おれのことそんなにキモかったんだ。。そんなに俺のこと嫌いだったんだ・・)と思いながらも 
(そんなに嫌なら仕方ないか・・)と思うどころか(よし・・絶対にやってやる。思い切り感じさせてやる) 
と燃えに燃え、「チェンジはしないよ。Y美さんの思ってたとおりです。俺・・ずっと君が好きで好きでたまらなかった 
し、こういうところで再会できたんだから、遠慮なく遊ばせてもらいます」ときっぱり。。 
俺のこと冷たい視線で見ていたY美はそう言うおれの言葉をさえぎり、「失礼します」とさっさとドアに向かって
歩き出し「クレームつけるならどうぞ付けてください」と言い残して帰ろうとする。 

「おれさ・・・前の会社の人達とたまに会うんだよね。来週も会うことになっているんだ。 
ほら、Y美さんと仲良かったK美さんも来るよ。Y美さんがとても元気そうにしてたって 
みんなには言っておくね」と後姿に声をかけるとY美の顔色が変わり 
「どういう意味?」 
「別に・・ただ・・近況報告と思ってさ」 
「今日のこと言ったら、あなただってこういうところで遊んでることがばれるでしょ」 
「おれは男だからさ・・別にどおってことないよ」 
しばらく沈黙のあと・・彼女・・ 
「汚い人・・」 

「ずるいね。私が嫌だって言ってるでしょ・・。身体が受け付けないの」 
「そうなんだ。。でもY美さんが嫌でも、おれは嫌じゃないし。。」 
「ここで帰ったら・・みんなに言うんでしょ」 
「うん、、言うよ」(きっぱり) 
キッと俺を睨み付けて 
「絶対黙っててね。約束して!」と怒りながら自分の携帯で 
「今、部屋に入りました。終了したらまた連絡します」 

(よおし!)と心で踊る自分の気持ちを抑えながら 
「じゃあ・・よろしくお願いしますね」と俺。。 

「いやあ・・おれもね、ようやく再就職が決まってね。職種が同じなんで 
なんとか採用されたんだよね」と話しかけるも、興味ないといったそぶりで 
「先にシャワーします」とバスルームに消えていく 
最新記事