Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

既婚女性が年下男性と不倫

人妻OLの私と課長の息子…女のすべてを教えたけど立場が逆転

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。 
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。 
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。 
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。 
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。 

年下の同僚を…(残業中5歳年下の包茎の男の子の童貞を賞味した)

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、 
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。 
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび 
ありました。 
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、 
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、 
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も 
自信がでてきたとか…。 
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね〜」と彼に声をかけると、 
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。 
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、 
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、 
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。 
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。 
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。 
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。 
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、 
性の知識もあまりなかったようです。 
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、 
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた 
め、 
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、 
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、 
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、 
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、 
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。 
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、 
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、 
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに 
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。 

主人以外の初めての挿入受け入れ(転勤する部下と出張先のホテルで)

一寸過激なタイトルになってしまいました。私は50才の主婦兼会社員です。子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」 
「そう、寂しいね」「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」「そうなんだ」 
そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。 
私は一旦部屋に戻り一日の汗を流し、スーツ姿からラフな服装に着替え私は彼の部屋に行きました。彼もラフな服装でした。 

A君 20代半ばの妻子持ち(30代後半バツイチ女がバイト男と)

こないだ会社で温泉に泊まりに行った時のこと。
ホテルの中にある店で二次会をしていて
ロビーにあるトイレに行って戻ると
店を出た所に、バイトのA君がフラフラしながら泣いていた。
「どうしたの?」と聞くと、
仕事に対しての自分の情けなさを言ってきたので
「大丈夫だよ」と励ますと、私の肩で泣き始めた。
「すみません、Tさん。オレ、Tさんのこと好きかも」
私は30代後半。バツイチでつきあっている彼氏あり。
A君は20代半ばの妻子持ち。けっこうカッコイイ。 

酔っぱらいの戯言と流した私は、ちょうど入れた歌のイントロが
店の中から聞こえてきたので、「大丈夫だよ!じゃあ」と去った。
その後、部屋で三次会をすることになり
みんな酔っぱらって訳がわからない状態になり始めた時、
色んなお酒を飲んでいたので、グラスが足りず
マージャン部屋としてとっていた誰も泊まらない部屋から
私がグラスを持ってくることに。
「えーっと、グラス、グラス…」と冷蔵庫の上を見ていると
いつのまにかA君がいて、洗面所の中からドアを半開きにして
私に手招きをしている。

会社の倉庫で新人♂と(人事担当の人妻が社内の案内中に)

前勤めてた会社だけど倉庫で新入社員の♂を食べちゃったことあるYO 
最後には逆に食べられたけど 

「誰か来るかもよ?」なんて言ったけど言った自分の方がかなり萌え 

短い時間の間に3回はイキましたw 

当時私は会社の人事担当 
新入社員の健康診断の手配やら入社手続きやらで接することも多かったんですよね 
で、世話しながら気さくに雑談w 
新入社員って言ってもそこは成年男子w 
雑談しながら彼女の有無やらなにやら結構聞き出しましたw 

あ、私は当時人妻w 

社内の案内しながら例の倉庫も案内 
倉庫だけあって人気はもちろんナイ 
最初案内した時はその子も 
「これだけ入り組んでたら何やっててもわかんないですよねー」なんてw 

ちなみに元々事務所として使っていたのもあって手洗い場もありますw 

なんて言われたもんだからちょっと試しに 
「試してみる?」って後ろにいたその子に振り返ってニコって笑ってみた。 
まだまだ大人の余裕を見せられる私。 
この時はまだ照れてるその子がカワイかったw 
最新記事