Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

女性からの告白

遅かった処女喪失…童貞の後輩社員に気づかれないように馬乗りで

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。 
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。 
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。 
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。

同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。 
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。

同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。 
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。 
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。 
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。

やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。 
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。 
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。 
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。 
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

私は彼にならヴァージンを捧げてもいいと考えた。それもきっとチェリーの彼なら彼に気付かれずにヴァージンと決別できるかもしれない。 
実は結構若い内から好きモノだった私。女同士では結構ヤバイ事まで経験していた。

中学高校と割と県大会とかでは強かったバレー部にいた私は、身体はやわらかい方。 
女子高なので、女同士では、男性からはきっと想像できない程きわどい行為もあった。 
オナニーも早い内に覚えていて、ある程度棒状のモノも入れたりしていたし、多少の出血もあり。 
最近では通販で買ったバイブも入れてみたりして、あり、それなりに耳年増な私には、おそらく処女膜には穴があいていて、オナニーやレズ行為のやりすぎでたぶんあまり痛くないだろうという予感もあった。

ある金曜日の食事会の帰り、お酒を飲んだ彼は会社に車を置いて、私が家に送ってあげる事になった。 
(というか、安全日だった私は、決心していて、そのように画策した。) 
彼はお酒の勢いでちょっと気が大きくなっているようだった。 
話はエッチな方向になって、彼は多少の経験があるような素振りで強がっていた。 
「A君、私なんて、どう?」 
「えっ! あ、わはは。Kさんそんな冗談。」 
私は、彼の声がちょっと上ずったのを聞き逃さなかった。

社員旅行で新入社員の男の子に夜這いされた熟女はすぐに迎え入れた

ずいぶん昔、社員旅行に行ったときのこと。 
宴会の後、いくつかの部屋で飲んで、最後に自分の部屋に戻ってそこでまた何人かと飲んで、ついに寝入ってしまいました。
どれくらいたったことかわかりませんが、私は下半身付近に人気を感じて目が覚めました。 
寝ぼけながら何?と思ってると次の瞬間、浴衣が静かにめくられました。 
一気に目が覚めましたが、すっかりご無沙汰で、久しぶりのドキドキ感。 
つい寝入っているフリをしました。 
私は横向きの姿勢で、お尻を突き出すような格好で寝ていました。 
浴衣がめくられ、下半身はパンツ1枚になったはずです。 
私はドキドキしながら、今日はどんなパンツをはいていたか、どうしても思い出せませんでした。 
願わくばおまんこの染みが目立たないようなパンツであってほしい…。 
それにしても誰がしているのか? 
体の向きの逆側にいるので、確認できません。 
その誰ともわからない人の手がパンツの上からおまんこをツーっとさすりました。 
私は声を出しそうになるのを必死で抑えました。 
すると次に、大胆にもパンツを脱がせにかかりました。 
寝ていることになっているので腰を浮かせられません(私は大柄な、骨太女です)。 
彼は苦労しながらパンツを下ろしましたが、あんなにゴソゴソやって目を覚まさないと思ってるのかな? 
とにかく今度はおまんこがあらわになりました。 
太ももで彼の鼻息を感じるほど、彼はあそこに接近してきました。 
もうそれだけで興奮です。 
お尻の方に液が滴るのを感じました。 
次の瞬間、彼は指を入れてきました。 

Hな忘年会…皆の見ている前でブリッジの姿勢で部長を受け入れる

事務用品サービス会社に勤める23歳のOLです。
今までに3人の男性との経験があり、最近、ようやくSEXの喜びが解かり出し、いろいろな事に興味を持ち始めたときで、偶然このサイトを見つけ、面白そうなので梨佳が体験したばかりのことを投稿します。

お歳暮を配りに出向いた会社で、総務の部長に忘年会のお誘いを受けました。
「印度聖典仏教芸術体験○○会」と言う難しい名前で、研究仲間の集いだと言うことなので気軽にOKの返事をしてしまいました。
当日、部長に連れられて会場のホテルに着くと、受付のインド人女性に荷物を置く部屋ですと鍵を渡され、荷物を置きに部屋へ向かいました。
部屋はとても豪華なスイートで、今迄に泊まったことのない広さがありました。
荷物を置き、受付に戻ると、今度は控え室に案内され、着替えをするように言われました。

1枚の布を渡され、それをサリーのように身体に巻きつけるのだそうで、数人の女性が同じように着替えています。
隣の人に訊ねると、神聖な儀式なので、正装をして出席するのだと教えられ、肩からブラのストラップが見えると駄目だというので、パンティーだけの身体に布を巻きつけました。
額の中心に赤い印をつけられ、鏡を見ると本当に印度の儀式に参加するような気になりました。

会場に入ると、既に5人の男の人達が間を空けて座っており、私は部長に手招きされ、横に座りました。
部長も頭にターバンを載せ、下半身には白い布を腰巻のように巻きつけただけの姿で、上半身は裸です。
間もなく、お祈りが始まり、みんなは声を出して呪文のようなものを唱えていますが、梨佳は、ただ黙って聞いているだけでした。
お祈りが終わると、お料理が運ばれ、やっと忘年会らしく、賑やかにおしゃべりが始まりました。
お酒の酔いが回りだした頃に、会場の照明が薄暗くなり、部屋の真ん中にスポットライトが当てられると、受付をしていたインドの女性がイアリングのような小さな飾りを乳首につけ、紐パンと言うよりも糸パンと言ったほうがいいくらいのちっちゃな下着をつけただけの姿で腰をくねらせ、悩ましげな踊りを始めました。
みんなの手拍子で盛り上がり、いつの間にか梨佳も誘われ、一緒に踊りだしていました。

(続きは下記のリンク先で)

会社で深夜、真っ暗なフロアで憧れの上司にキスされて胸モミモミされた

連日残業続き。深夜帰宅が当たり前になっていた。 
憧れの上司との時間が長くもてて嬉しかったんだけど 
この前、まっくらな別フロアーで 
キスされて胸モミモミされた。とても幸せだった。 
でも何ごともなかったように仕事してる。。。

あのですねぇ。。。 
11月半ばあたりから連日終電&休日出勤が続いていたんですよ。 
で、私が仕事してるフロアーは5階なんだけど 
5階の女子トイレっていつ行っても超混みでウザイんで 
いつも別の階(7階)のトイレでハミガキしたり化粧直したりしてたんです。 
そこのフロアーは会議室&応接室なので普段は女子トイレはガラーンとしてるんですね。

深夜まで残業だと、会社がほか弁を人数分注文してくれるんですけど 
その日、お弁当を食べたあとでちょっと歯磨きして化粧なおして 
また仕事するかーって思って5階のトイレに行ったら 
別フロアのトイレにハミガキ&化粧ポーチを置いたままだということに気が付いて 
取りに行ったんです。でも夜だったから階段なんか真っ暗で・・。


もちろんトイレも真っ暗。手探りで自分のポーチなどを手にして 
急いで戻ろうとした時に靴音が聞こえたのです。 
清掃のおじさんにしてはヘンな時間にいるなーと思っていたら 
その人が近寄ってきてイキナリ私の手首をつかむようにして 
びっくりして「キャ!」と声を出すと、憧れの上で!!

「会議室に資料忘れてたのを思い出したので来たんだ」と言いつつ 
私の後頭部をなでなでし始めて「暗いから危ないよ」といってキス。 
無抵抗にしてたら立ったまま服の上から乳触ってきたり 
乳首のコリコリを探してきたり。。。

休日出勤して会社の営業の男性社員に睡眠薬で眠らされ犯されました

私は24才のOLです。仕事は男性の営業社員のサポートをしています。
この間、サポートしている営業の男性にレイプされました。 
私の仕事は、営業先での契約関係の資料をまとめたり作成をサポートする仕事です。
営業先は、海外ともやり取りしている関係で土日に休日出勤することがあり、その日も土曜日に出社することになっていました。

 営業の男性は、午後になると営業先へ出かけてしまい、私は彼が営業先から資料を持ち帰ってから、仕事に取り掛からなくてはならず、他の資料を作成しながら帰社を待っていました。
16時頃に電話が入り「営業先でなかなか商談がまとまらず時間がかかってしまった。
これから戻るが、申し訳無いが今日中に資料をまとめてほしいので待っていて欲しい。」という内容でした。
彼は、17時頃に帰社してそれから資料作成に取り掛かりましたが通常の資料でも3時間程度かかる資料作成が、この営業先の資料は、契約内容が細かくそれ以上かかりそうでした。

 21時頃になると他の社員も1人帰り2人帰りで、とうとう会社に残っているのは、私たち2人だけになってしまいました。
22時頃にやっと資料ができあがり、彼がお疲れさまとコーヒーを入れてくれたので2人でそれを飲みながらチェックをし、細かな修正は彼が行うということで私の仕事は終わりです。
コーヒーを半分くらい飲んだ頃、なんだか急に疲れがでたのか眠くなって来ました。
それにしても異様な眠たさです。意識が朦朧としてきて、彼が何か話しかけてきているのですが何をしゃべっているのかわかりません。
彼が私のコーヒーに睡眠薬を入れてあったのです。
最新記事