Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

男性からの告白

社内親睦旅行で先輩OLにパクパクして貰って口の中に放出した

今日で俺のGWは終わりなんだぜ。普通の会社員がウラヤマシス。 
だから唐突だが、今週始めに行った社内親睦旅行での話を投下する。 

今週始め、新入社員も入ったしと言う事で、社員全員で親睦旅行に行った訳だ。 
まぁ、成人ばかりの集まりという事もあり、特に何も無く集合から宴まで 
滞りなく進行し、宴もたけなわですがという事で、お開き。 
とはいっても、それで済む訳無いよね。大人の世界。 
社長は管理職クラスを引き連れて特別室(死ねよ)へ。 
犠牲にならなかった者達は各々方々へ散った。 

で、俺も漏れる事無く親しい先輩方の酒の相手をするハメに。 
で、会社の方針についてあーでもない、こーでもないとか 
業界の勢力がどうの、これから必要とされるのはこうゆう商品だの 
愚痴と熱い話交えながら、それぞれ酒を楽しんでいたんですよ。 
で、22時頃かなー? 
ある先輩が「なんかからあげとか食いたいよな」って言い出して 
他の先輩達も「そうだな」「ですね」とか言ってる。 

あー、これは「買出し行けよ」フラグ立ったのか・・・。 
て思って、めんどくせーから「じゃあ新入りに行かせますね」って 
切り返した。 
「でも、あいつら社長の所で召使君やってるはずだぞ」 
・・・。めんどくせーけど行く事にした。 

で、行くにも飲酒だから車乗れねえし、歩いていくしかねーから宿の人に 
「この近辺で、コンビニってありますか?」って聞いたのよ。 
そしたら・・・・。 
愕然としたよ。 
「え~、ふもとの方に行けばあると思いますが、車で小一時間程ですね」 
はぁ? 
そのまま先輩に報告したよ。わかりました、行ってきますなんていい子じゃないからさ。 

そしたら先輩、「じゃあ待ってるの嫌だから俺行くわ」 
一瞬、え?いい人なの?って思ったけど、 
「お前らも来るよな?」って他の先輩道連れ。 
他の先輩はコバンザメみたいな奴だから「いいっすね!」とかしか言わない。 
で、「社長来て誰もいなかったら明日うるせーからよ、547留守番して適当に話合わせとけよ」 
「はい、わかりまちた!(らっきー)」 
で、先輩おもむろに鞄から風俗誌持って行ったよ。それが狙いかw 

お待たせした。そろそろだ。 
そんな展開で一人ぼっちになって、気が楽だけどそれはそれでつまらない訳で。 
先輩達が残していった酒とつまみで一人酒。 
そしたら、部屋のドアが「コンコン」って。 
ついに来たか、地獄への召集と思って出ると、 
「あ、547さん。こんばんわー」ってそこに事務の太田さん。 
太田さん「皆はー?」 
俺「なんかいろいろあってふもとへ」 
太「まあいいや。飲もうよ」 

仕事では絡むけどゆっくり話した事が無かったので 
色々と話せた。で、他の連中が遅いって話になって 
「風俗誌持って行ったから、風俗でも行ってるんじゃないですか?」 
「えー?きもーい。547君もそうゆうとこ行くの?」 
「いや、行きませんよ」 
「うそだー」とか言いながら下な展開に。 

「でも男の人って大体そんなもんだよね、女を性欲解消の道具みたいに思ってさ」 
何かあったなって思ったから聞いたら彼に冷たくされてるらしい。 
「やりたい時だけ家に来て終わったら帰るんだ」 
それは絶対におかしいと思って慰めてたら泣き出す始末。正直少し興奮してた。 
その後もしばらく泣いてたが「あたし、もうやだ」って泣いた瞳で見つめられた 
時に、我慢限界でした。普段ツンツンしてる人が弱ってる姿がたまらなく可愛くて 
抱きしめた。嫌がる感じもなかったのでそのままでいたら 
「何もしないの?」 
「しませんよ、先輩だし」パンツの下は下心丸出しでしたが。 

寿退社する同僚の婚約者はエリートだけどエッチは物足りないらしい

職場の同僚の友紀(27)が寿退社することになった。 

友紀は見た目派手ではないので特別目立つ女というわけではないが、真面目で控え目な性格で家庭をしっかり守ってくれそうな雰囲気が好印象な女だ。 

婚約者の男は一流大学卒で一流企業に勤めているエリートらしい。 

確か最近まで友紀は「今、彼氏はいない」と言っていたと思っていたが・・・

相手の男がエリートとなると結婚への決断も早いということか。 
意外と打算的なところは、やはり女ということなんだろうな、ちっ! 

友紀に対して特に恋愛感情があるわけではなかったが、退社でこのまま会えなくなるのもちょっと惜しいと思ったので飲みに誘った。 
もちろんあわよくば一発という目論見で。 

居酒屋にて最初は会社のことや仕事のことを話していたが、酒が進むと砕けた雰囲気になり、会話もプライベートな話になっていた。

「今、幸せ?」と聞く俺に 
「うん、幸せだよ」と屈託のない笑顔で答える友紀。 

確かに幸せそうだった。 
ただ、結婚相手の彼氏、一流大学卒で一流企業に勤めているエリートということで俺はモテ男を想像していたが、どうやらそうではなく女関係はイマイチらしい。 

「彼からはっきりとは聞いてないけど、私が初めての相手、つまり今まで童貞だったんじゃないかな」ということだった。 

「じゃあ、エッチは物足りないんじゃない?」と聞くと 
「・・・でも、彼のこと好きだから」 

歯切れの悪い返事をする友紀から、ちょっと物足りないでいることは感じとれた。 
もしかしてチャンス!? 

「俺なら友紀のこと満足させてあげられるんだけどなぁ」と押してみたが、 
「ハハハ・・・」と友紀に適当にはぐらかされた。 

居酒屋からの帰り道、数件あるラブホテルの前で友紀を誘った。 
唐突だったので拒否されるが、 
「大丈夫、変なことはしないから!」と言って、半ば強引にラブホの中へ友紀を連れ込んだ。 

時期は忘年会シーズン、三次会で他部署のBBAをお持ち帰りした

入社三年目の話 
時期は忘年会シーズン、二次会も終わり数人で三次会に行くとたまたま他部署のメンバー発見 
ちょっと合流してみると、けっこうな出来上がり具合(多分こっちもだけど) 
そこで40過ぎのBBA(バイトかパート)がかなり酔っててしきりに「持ち帰られたい」と言っていた 
その時はフーン(*´∇`)って感じだったんだけど、トイレですれ違った時に見えた胸の谷間でフル勃起、その場で30分後に待ち合わせを約束した 
トイレから帰ると同僚が別のところに行きたがったので別部署のメンバーを別れた 

待ち合わせを気になるので早めに離脱、それでも50分はかかった 
帰ったかな?と思いながら待ち合わせ場所に行くと…いた…離れて見るとやはりオバサン、しかし彼女と別れて女日照りだった俺には問題無かった 
声をかけると「良かった」と言って笑った、もう少しで帰る予定だったとの事 
別に笑顔も可愛くは無かったが、女を感じたチンコは反応した 
すぐさまホテルへ… 
行きがけに話を聞くと、年齢は秘密、高校の息子あり、旦那とは何年もないらしい 
正直からかわれてると思ったけど、来なかったら辞めるつもりだったと言われた 
25の俺には重かった… 

ホテルに入って脱がせると、ベージュの下着だったのには笑った(これで持ち帰られたいかよ) 
ブラを外すとおっぱいは重力で垂れたが、その存在感は確かにある、聞けばEとの事 
乳首は茶色がかってはいたが綺麗だった、毛は少なめ、体型は年相応といったところ 
風呂に入って後ろからおっぱいを触った、乳首をつまむとかなり喘いだ 
聞けば旦那はおっぱいはあまり興味が無かったらしく殆ど触ってくれなかったと 
旦那…勿体ないぜ… 
ひとしきり揉むと風呂から上がった 
この時点でマンコはかなりヌルヌルだった 
ベッドでチンコ見せると舐めてくれた 

会社の忘年会で狙っていた人妻由美を酔わせてお持ち帰りした

会社の忘年会でした。 
今夜こそ、狙っている由美を何とかしようと考えていました。 
まずは場所取り、彼女をはじに座らせそして僕はその隣に 
由美は人妻で、ご主人は趣味で空手をしているそうです。 
髪は肩までかかるくらいの長さのストレート 
制服の時はベストと上着を着ています。 
今夜はモヘアのセーターです。意外と大きい!! 
その時点で僕の股間はもうギンギン 
宴会の最中は彼女を飽きさせないように精一杯盛り上げました。 
酔いも回るうちに彼女も僕に気を許して僕の膝やら肩をぺたぺた 
と触ってきます。その間僕もお返しに軽く膝をタッチ 
終止にこやかで「これはいける!」っと思いました。 
そろそろ終わりに近づき始めたので 
「帰るの?僕の良く行くショットバーでもう少し話しようよ」 
「うん、今夜は楽しかったからまだ帰りたくないし 
付き合うよ」なんとラッキー!! 
BARに入りカウンターの奥へ陣取ります。 
「なんにする?」「分からないから何か頼んで」 
それならと少し強めのカクテルで注文、マスターが作ってくれたのは 
トムコリンズ、GINがベースで口当たりはいいけど彼女の飲んでる 
量からすると、これ2杯で足に来る予定 
彼女がトイレにと席を立った、チャンス 
マスターに同じ物を注文するが、今度は少し強くしてとオーダー 
飲んで見ると「うん、強い・・・」 
僕は飲んでるフリをして彼女に勧め本当に足にきたみたいです。 
気分がいいと僕の肩に寄り添ってきました。 
ためしに彼女の膝に手を置いて見ます。 
嫌がる様子はなく、かえって足を開き気味にしてくれるではありませんか。 
それならと内モモをさすり、ストッキングの感触を楽しみます。 
場所がカウンターの奥なので他の客からは死角になり暗くてよく見えないはずで 
す。 
スカートが上にずり上がりパンティーの脇に指がとどきます。 
それでも嫌がらない・・・図に乗って指先で遊んでいました。 
酔ってるせいもありますが、確かに彼女の目はトロ~ンとした表情に 
変わって来ています。 
彼女にそっと耳打ちしました 
「出ようか・・・」「うん・・・・」 
店を出てエレベーターに乗ります 
エレベーターのドアが閉まると同時に彼女を抱き寄せディープキス 
最初はビクッとしましたが、そのまま僕に身を預けるように唇を合わせてきます。 
エレベーターがチン!といったので慌てて離れましたが 
下りてビルの影でまた唇を求め合いました。 
それから行く先は決まっています。 

子供のいない36歳の人妻派遣OLの性感帯を開発して性奴隷に

派遣で入った和子は細身の体に、くびれた腰をピチッと覆っている短めのタイトスカートにブラが透けて見えるブラウスが妙にそそる女だった。
子供のいない36歳の人妻というのもかなりそそる要件だったが一応私の部下ということになっていたのでセクハラにならないように接していたところ、ある時、同じフロアの同僚から和子がヤリマンだという噂を聞いた。
もう数名とやったという噂だが内容に信憑性があった。
そうなれば遠慮する必要はない。
パソコンに向かった和子が「○長、ここわからないんですけど」と私を呼んだ。
薄い生地の白のブラウスからピンクのブラが透けている。
後ろに立つとホックがリアルに見えるのがエロい。
どれどれと覗き込むと二つ目まで外したボタンの隙間からこんもりと盛り上がった谷間が見えて、聞いた噂の内容を思い出し下半身が硬く漲ってきた。
思わずその硬直を和子の背中に押し付けた。
背中の硬いモノの正体に和子はすぐに気付きビクッと震えたが息を少し荒くしながら無言であった。
私はマウスを持つ和子の手の上に私の手を添え、「ここをこうすればわかるから」と言いながら下半身を擦りつけるように動かした。
そうして耳元に熱い吐息を吐きかけながら囁いた「たまらない体だな。俺のこの硬いデカマラ食ってみたくない?」すると軽く息を呑む感じで和子が小さく頷いた。
「退社時に3丁目の○○銀行横の駐車場で待っているから」そう言うと俺は和子の横から離れた。

駐車場では待つほどもなく和子が現れた。
私は軽くパッシングをして所在を知らせると、小走りに和子が走り寄り助手席に座った。
「お誘いびっくりしました。○長は私に関心ないんだってガッカリしてましたから」そう笑う和子がすぐマジな表情になり口を軽く空けて私を見つめた。
そのサインを見逃すほど女の経験がないわけではない。
軽いキスから始めすぐ濃厚に舌が絡まりあうディープキスに変わった。
もう暗い外に安心して和子の唾液を吸い舌を吸う。
深いため息で和子唇を外し「キス、すごく上手なんですね。。。もうキスだけで私。。。」と言う和子の手を取り私の勃起に誘った。
手馴れた感じで和子が握りながら軽くしごき「すごく太くて硬い。。。」と潤んだ目で私を見る。
私はエンジンをかけ「飯にする?それとも今握ってるのを食べる?」と和子に聞くと、「スイッチ入っちゃいてます。。。」との返事に「オッケー」と私は行きつけのラブホに車を向けた。

(続きは下記のリンク先で)

最新記事