たしか二年前くらいの話だが当時おれは関東地方の某病院に勤めていた(今もだが) 
肩書は外科部長で外科医5人の小所帯のナンバー3。 
といっても一番上が副院長(ほとんど手術はしない)、次が診療部長(乳がんしか興味ない)だったので通常診療ではトップだ。 
で外来、手術などで忙しい毎日を過ごしていた。 
 
そんなある日テレビのバラエティー番組で病院、医師を貶めるひどいのがあり、2ちゃんの医師板でも話題になった。 
偶然、その番組を少し見たがあまりのひどさにムカついてすぐチャンネルを変えた記憶がある。 
で、ひどい番組をなくすにはスポンサーにクレームをつけよう!運動が地味に広がったのでおれもとある企業に 
「あんなひどい番組のスポンサーをやるとは医療にかかわる企業としていかがなものか?もし納得のいく説明がなければ今後御社の製品は使えない」ってメールをした。 

そして翌日。早速その企業から「今確認中なのでもう少し時間を下さい」とのメールが。 
そしてその翌日、「たしかにひどい内容でした。お詫びと当社としての今後の対応をお話したいので一度責任者と訪問してもよろしいでしょうか?」と 
まあ、訪問は面倒だが本気かどうかもあるし、2ちゃんにさらしたかったwというのもあって受けた。 

で、当日。4人の大所帯で訪問してきた。名刺を見るだにすっごく偉い人、クレーム課の人、それと当院にきてる営業、関連会社の当院にきてる営業だった。 
まあ、その会社の対応は早く、きちんとしてて某社のように2ちゃんで小さな祭りになることもなかった。 
やはりその番組に対するクレームは何件も来ているみたいなことを話して、今後はこんなことのないようにします。とのことだった。 
その後はその手の番組は明らかに減ったのでやはりスポンサー様は偉大だと思ったよ。 

まあ、前置きは長かったが、その会社の当院にきてる営業は女性だった。 
はっきりいってその会社の製品は営業かけなくても十分売れていてたまにしか見かけないが 
ちょっと冷たい感じのするキャリア志向の女性って感じだった。(まあ、営業にキャリアもなさようだが) 

その翌週、手術が終わって7時くらいに医局に戻ってきたら、そいつが待っていた。 
「先生、先日は大変ご迷惑をかけて…」(別に迷惑はかかってないがw) 
『いや、きちんとした対応だったからもういいよ。でも次はないよ』 
「つきましてはお詫びといってはなんですが一席設けたいのですが」 
はっきりいってその会社から接待の誘いがあったことなんて一度もない。 
『じゃあ、今度都合のいい日連絡するから。』と軽い気持ちで受けた。 
『でも今度は偉いさんとか連れてこないでよ。緊張しちゃうからw』 
「いえ、今回のは私の個人的なお詫びなので○○部長はいらっしゃいません」 
個人的な気持ち?ふーん。