新年早々、毎年恒例の社員旅行で温泉へ行ったときの話です。
参加者はおよそ100人で、男女半々。

中でもひときわ目を引いたのは、社内でアイドル的存在の

受付嬢のSさんです。

24か5歳くらいだろうか、すらっとしたモデル級のスタイルに、
軽くウェーブのかかった背中までのロングヘア、
多くの人が小西真奈美に似ていると言う、申し分ない美人です。

そんないかにも育ちが良さそうなお嬢様系Sさんの、
目眩がしそうなほどの華麗な浴衣姿に
男性は一瞬でノックアウトされ、言葉を失い、ただただうっとりするだけ。

ロングヘアをアップにし、浴衣ならではの
セクシーな首回りがなんとも悩ましい。

Sさんの浴衣姿を見られるだけで、
社員旅行に来た甲斐があったと言っても決して過言ではありません。

夕方に到着し、ゆったりと温泉に浸かったあとは、
毎年大盛り上がりの大宴会。

僕はビールや日本酒をたらふく飲むとトイレに行きたくなり立ち上がると、
「トイレですか? 僕も行きます」と、後輩も一緒にトイレに行くことになりました。

トイレを済ますと後輩は「売店でウコン飲みませんか?」と言うので、
階段を下りて売店に向かうことに……。

すると、売店近くにある大きなソファに浴衣姿の女性が横たわり、
スーツ姿の男性従業員と女性従業員が話しかけているのが目に留まりました。

「あっ! Sさんだ!」

僕と後輩は足早に近づくと、見るからにSさんは、
散々男性陣に飲まされ泥酔してしまったのでしょう、
顔を赤くして寝てしまっています。

「Sさん大丈夫?」と何度か声をかけてみるが、まったく反応がありません。

さすがにここで寝かすわけにもゆかないので、
部屋へ連れて行くことになり、後輩は宴会場に戻り
総務の人を呼びに行きました。