ソフトですが職場での体験の範囲で書きます。 

まだ入社して2年目の頃に会社で美人な先輩と仕事していた。 
目元は黒木メイサに似ていて言葉遣いも含めて少しキツイ印象ですが、実際は意外と優しい先輩でした。 
胸は小さいですがお尻が外人並みにプリプリでそれを見るだけでいつも興奮してました。 
 
ある日、夜遅くまで2人で残っている時に先輩が棚の裏側に落ちた書類を拾おうとしました。 
その時に短めのスカートがあがってパンツちらちらと見えました。 
ドキっとして思わず屈んでスカートの中を覗き込む姿勢でじっくり見ました。 
清潔感のある白パンツ。しかもお尻が大きいので両サイドがハミ尻状態。 

見入っていたら突然先輩が振り返って 
黒木先輩「あ!ちょっと、おっまえ何見てんの!」 
むしろ俺の方がすごいびっくりして 
俺「す、すみません・・・」 
とひたすら謝る。動揺して顔も赤くなっていたと思うが、勃起もしていた。 

先輩はそれほど本気は怒っていなかったようで 
黒木先輩「ったく、そんなヒマなことするんなら仕事終わらせな」 
と言いつつ、さらに先輩が一瞬俺の股間に視線をおろす。 

するとニヤっと口元が緩んで 
黒木先輩「今日帰ったらコレかぁ~?w」 
と、顔の前で先輩は右手で棒をつかむような手つきでグーをつくり、上下にシコシコと動かすジェスチャーをした。 

俺はもうそれがメチャクチャ興奮した。 
しかし動揺して 
俺「い、いえ・・・、すみません・・・」 
とだけ言ってその日はそれっきりで終わった。 

昨日の続きです。 

次の日が土曜出勤で夜になるとフロアで先輩と2人きりだった。 
先輩が俺の席に来て仕事の話を一区切りさせると、 
黒木先輩「で、昨日は家でナンカしちゃった?」 
俺「え・・・、な、なんですか」 

すると先輩は無言のまま、ちょっと蔑みるようにも見える綺麗な瞳で見下し無表情のままで 
グーをつくって上下にシコシコするジェスチャーだけした。 

無言の威圧感のようなSっぽい雰囲気に負けて 
俺「・・・はい。しました」と白状した。 
黒木先輩「な、に、を!」 
間髪入れずに強めに言われました。 
俺「オ・・オナニーです」 
もう相手のペースです。