社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。 
社員は男女半々で、ほとんどが20~30代。その編プロは 
ご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。
 
 
俺(当時24)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、 
その腕を買われて入社した。入社半年くらいで広告を掲載してくれる 
クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。 

 9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、 
社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステ 
サロンの写真を撮ってくるように頼まれた。さっそくアポ取りの電話を 
入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。 
普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの 
会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か 
編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。副編に相談すると、 
「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件は 
そのまま忘れていた。 

 1週間後の取材前日になって、俺は副編に「明日のモデル誰ですか?」と 
確認を取った。ところが、副編はすっかり忘れていたようで「やばーい!」 
「どうしよう…」とかなりテンパっていた。社内の女性陣は取材・入稿期間の 
真っただ中で、ほとんど外出。中にいるスタッフもモデルなんてしているヒマは 
ない。サロンは副編のコネクションで取れた広告だったので、結局、普段は 
絶対にそんなことをしない副編がモデルとして同行することになった。 

 行きの車の中で、副編は「今の職になってからデスク業務ばかりだったから、 
仕事で外へ出るなんてひさびさだなぁ。しかもモデルなんて新人のころ以来だよ♪」 
と、なぜか上機嫌だった。いつもはパンツ姿なのに、その日は珍しく膝が見える 
スカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣いながら、 
前日から気になっていたことを聞いてみた。 

 「エステってどんなエステなんですか?」 
 「フェイスエステが中心だよ。なに、変な期待してんの。ばーかw」 

 職場ではテキパキと仕事をこなし、みんなに頼りにされる反面、 
仕事中はあまり笑わない副編がいたずらっぽく笑ったので、それを 
きっかけに会話が弾んだ。副編の見た目からは想像できなかったけど、 
副編も最近になってカメラの勉強を始めたらしく、カメラ談義でも 
盛り上がった。副編はプライベートな話をしないタイプなので、俺は 
副編を一人占めしたような錯覚にかられた。 

 20分ほどでエステ店に着いたが、店の担当者との打ち合わせで大きな 
問題が発覚した。その店では新装キャンペーンとして、全身オイルエステ 
コース5000円を打ち出したいので、その写真を撮ってほしいという。 
選択肢は2つ。副編がそのままモデルになるか、後日あらためて別のモデルを 
連れてくるか。ただ、締め切りを考えると、答えは1つしかなかった。