会社の上司がセフレだった話ですが、先にスペック書いておきます。

女上司は仮名で絵美子37歳のバツイチでした。
気が強そうなキリリ顔で、仕事もできるバリバリのキャリアウーマンタイプ。
お○ノ水大卒のお嬢様育ち。
身長は164cmで、体重は分からないけどスレンダー。
タイトスカートから出る脚は生唾モノ。
着痩せするタイプで、脱げばDカップ美乳の持ち主。

入社当時から絵美子は上司でした。
ミスをすると冷たい表情で淡々と説教するので、一緒に仕事するのが本当に嫌だったのを覚えています。
運良く俺は違う上司が直属だったのだけど、27歳の時転勤が決まり絵美子の部下になった。
無難に過ごしていたが、ある時ちょっとした計算間違いが元で大変な事になった。
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
急遽俺と絵美子の2人で謝罪に行き、初めて2人で接待をした。

当時の絵美子は接待はしない方針だったので、先方もチャンスだと思ったんじゃないかな。
懐石料理を食べに行き、絵美子に飲め飲めと酒を勧めてくる。
俺の失敗だったから見ているわけにもいかず、代わりに呑みます!と凄い飲まされた。
人生であんなに酒を飲んだのは、あの時が最初で最後。
記憶は飛んで歩く事も出来なかったらしく、絵美子が家に送ってくれたみたい。

タクシーで帰る途中、何度も停めては路上に吐いてたと後で聞かされた。
その時は俺だけじゃなく、絵美子も普通以上に酔ってたみたいです。
俺を抱えて何度も転んでは立ち上がり、擦り傷やアザを作ってました。
部屋に辿り着いてスグに俺はトイレへ直行し、声を掛けても反応が無かったみたいです。
心配でそのまま放置するわけにもいかないと思い、絵美子は部屋で待ってたようです。
急性アルコール中毒で意識不明にでもなったら責任問題ですから。

酔ってた絵美子は気が付けばそのままベッドにもたれて爆睡。
俺は数時間後の早朝に復活して、寝ている絵美子を発見しました。
この時の姿がもう堪らないぐらいエロく見えてしまいました。
タイトスカートからスラリとした綺麗な脚。
正座を横にずらした様なスタイルで寄り掛かって寝ていました。