Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

2015年12月

泥酔した同期の沙織(憧れの美人、Eカップでパイズリ、綺麗な顔に顔射)

同期の沙織が飲み会で珍しく泥酔した。やはり日本酒の一気飲みが
効いたのだろう。足元がおぼつかないし、視点も合っていない。
沙織は社内でもかなり綺麗な方だ。長身だが細身でスタイルもいい。
店から歩いて出れないので、肩を貸してあげた。とりあえずおっぱいを
揉んだ。Eカップぐらいはあった。Cカップぐらいかと思っていたので
意外だ。さらに足元がおぼつかなくなってきたのでおんぶをした。
柔らかいおっぱいが思いっきり背中に当たる。気持ちよかった。
  
俺はお酒を飲めないので、車で居酒屋に行っていたので、
もう電車がなくなった沙織を車で送ることにした。泥酔の沙織を車に乗せた。

先輩女性社員のSと仕事納めの後で(二人で飲みに行った流れでラブホへ)

この前の年末の話です。

数年来から、職場の仕事上いろいろ付き合いのあるSとの話です。 
Sは、30ウン歳の、年も社歴も私より上の先輩社員です。
部署は違いますが、業務上何かとやり取りが多いの社内でメールでやり取りが多いのです。 
きっかけは、いつも通りメールのやり取りをしてるなかで、コメントアウトして「もう、むかつくー(▼▼メ)」という一文があった。 
それに微妙に反応して「何があったんですか?」とコメントアウト返しをした。 

メールじゃ書ききれないとのこと、、じゃぁ、ってことで、「軽く呑みながら鬱憤晴らしでもしよう。」とさそってみるとすんなりOK。
しかし、都合があわず、結局仕事納めの日に呑むこととなった。 
通常だと、仕事納めの日は、会社の人間大勢で社内で騒いだ後、
外に二次会のような形でながれるのだが、今年は、それもあってさり気なくかわしつつ、夕方納会間近にメールで、「今日どうしましょうか?」とメールする。 
まさか1対1じゃないよな。と思いつつ、「誰か誘いましょうか?」という一文もつけて送った。
すると「誰でも良いよ」とのこと。
「だよなぁ。」と思いつつ、社内のめぼしい人間にメールして都合を聞いてみるとすべて玉砕。 

忙しいこともあり、あまり広範囲に連絡が取れず「なんかみんな都合悪いみたいです。どうしましょうか?」とメールすると、
「うーん、まぁまだ時間あるから考えよう。」と返信が来たので、
「二人になるかもしれないですねー(笑)」とメールすると、「?それでも良いよー」と返信がある。 
ちょっと期待しつつ、二人なんで、会社の近所を避けて池袋を選択した。 
池袋は長らく住んでいたので、店事情等はわかるので特に予約すること無く 
ちょっと遅めの20時に各々で向かう約束をした。 
私は20時5分頃到着するとまだ到着していない模様。20時15分頃になり、私は電話た。 

(続きは下記のリンク先で)

展示場で女子社員

私は32歳になる住宅メーカーの社員です。 転職してもう3年が過ぎ、ようやく戦力となっていると 自分でも思うくらいに受注も取れるようになり、 宅建の資格もようやく取得しました。 しかしまだ結婚はしていません。年収もサラリーマンの 平均年収の2倍以上稼いでいるのですが、不思議とお金を 稼ぐようになると、結婚相手の理想も高くなるんですね。 おそらく私と結婚すれば奥さんは専業主婦でも 十分に生活できると思いますが、出会い系なんかで 月に1人くらいと会ってエッチしたり遊びに行ったり してるんですが、どうしても理想の出会いがありません。 そして住宅展示場って都会にあるわけじゃなくて、 ひどいときには、田舎の田んぼの真ん中にあったりして、 主任になってからは、受注のあがっていない展示場に 行かされたりするので、飲みにもいけないようなことがあります。 しかし展示場ってけっこういいんですよね。 モデルハウスにもなっているから、ベットとかも 購買意欲をかきたてるいいやつを置いているし、 たまに社員が酔って寝ていたりするんです。 また展示場にはパートの女性が何人かいて、 うちの会社は週末とかの忙しい時にいたりするんですが、 女子社員もいます。 住宅会社の話はどうでもいいのですが、女子社員が寿退社 したので、派遣社員の子が働くことになったんです。 (続きは下記のリンク先で)

泥酔した北川景子似の女部長に目隠し生ハメ(下着を脱がすとパイパン)

先週の金曜日は人生で最高のハッピーを頂いた。
絶対誰にも言えないけど誰かに言いたくてメールしました。
初めてこういうの書くのでお手柔らかにお願いします。


まずはプロフから。

俺:26歳・平リーマン・独身・彼女なし・酒豪

女部長:29歳・独身(遠距離恋愛中)・超仕事ができる・北川景子似

中途採用なので多分引き抜かれて来たんだと思う。
気が強そうなオーラ全開で、他の部長とかにもズバズバ言い放題。
厳しい感じがするけど実は的を射てるので信頼は厚い。

北川景子似はちょっと言い過ぎかもw
でも匹敵するぐらいの美人で、馴れ馴れしくできない綺麗さがある。


部長と仕事をするようになって1年。
当初は「何だよ、この生意気な女は・・・」と思ってた。

でも次第に能力の高さと誠実さを認めざるを得なくなり、今では心底信頼してる。
これは俺だけじゃなく、他の同僚たちも同じ。
女からも好かれるから多分珍しいタイプだと思う。


そんな部長とここ4ヶ月ほど没頭してた仕事が無事手から離れていった。
さすがに部長も疲労気味で、でも清々しい達成感を感じてたはず。
いつもは絶対に来ない「お疲れ会」を、部長自らが率先して言い出したぐらいだから。

「あの部長が?」と同僚達も驚いてた。

5年後に(再会した不倫相手と性交をしていると旦那から電話が)

秋絵さんと最初に交わったのは、彼女が22歳で、僕は29歳で営業部の係長をしていました。 
その夜の事は今でも鮮明に覚えています。

秋絵は22歳で、身長は155㎝位、でも小顔で、B88、W57、H88のグラマラスな体型で、全裸になると赤い沼は、細く薄いヘアの列に挟まれて、きらめくように光っていました。 
繊細な襞の折り重なった中心に、透明な蜜が溢れていました。 
僕は秋絵の豊かな乳房を揉み立てていた手を、股間に差し向けて、左右の手で亀裂を限界まで押し広げました。

あの時、大きなベッドの鏡の前で、赤い噴火口のような割れ目を見せてやりました。奥はつやつやと光ったサーモンピンクの肉片が複雑に重なり合って見えます。 
「係長は私が結婚しても時々は逢ってくれますか」と突然聞きます。

まだ性交を始めてもいないのに、そんな事を聞かれます。 
僕の陰茎はそのときには松こぶしのように、にょっきりと逞しく姿を現しています。 
それは赤銅色に艶光って、茎根は脈打ち熱い血を滾らせていました。
最新記事