私は結婚して妻と子ども二人がいる某地方公務員です。
あれは7年前になります。
清楚な美人が庁舎の受付嬢として新しく入りました。

派遣で来たのですが美人に加え、その服装や身のこなしもあまりに優雅で清楚、接客も気品があり完成度の高い女性です。

ほんとに偶然だったんですが、彼女と二人で昼食を摂る幸運にめぐりあえました。
私が昼食をとろうと一人で歩いていると、彼女の方から話しかけてきました。

彼女はいつも弁当を持参していたらしいのですが、たまたまその日は持ってきていなくて、仕方なく外食をとろうとしていたのです。

『この近くに食べるとこありますか?』と尋ねられました。
彼女にしてみれば、特に私である必要はなかったのでしょうが、私の顔を見知っていたこともあり聞いてきたようです。

私は『蕎麦屋ならすぐ近くにありますよ。私もこれから行くとこですけど一緒に行きますか?』と聞き返しました。

『蕎麦屋』という響きが気楽で警戒心を感じさせなかったのか一瞬考えたような間がありましたが、『それじゃお願いします。』と返事が返ってきました。
私は偶然にせよ評判の美人と昼食を一緒にできることで少し舞い上がりました。会話から彼女は元大手保険会社の本社に正社員として勤務していて、そこで知り合った現在の夫と昨年結婚。 自分は寿退職し専業主婦になったが、夫の帰りも遅く時間を持て余し気味なので、また、パートで仕事を始めたとのこと。 ちなみに夫は企画部在籍のエリート社員である様子。 どおりで…というのが感想でした。 それから、庁舎で顔を合わせると言葉を一言二言交わすようになり、飲みに行く約束をする事ができました。 二人でパブに入りお酒を交わしました。 とても楽しいひとときでしたが、彼女は夫の話になると、表情が翳るのです。 夫は仕事で連日深夜にしか帰ってこず、土日も不在のことが多くすれ違いになっているとのことでした。 彼女にしてみればこんなはずではなかったということなのでしょう。 私は帰り道、寂しそうな彼女の肩をそっと抱きました。 彼女は最初驚いて『この手なんですか?』と聞き返してきたので、『なんとなく寂しそうだから、嫌ならどけるよ』というと彼女はそれ以上何も言いませんでした。 一緒にタクシーに乗り彼女の自宅まで送りました。 タクシーの中で自然に私と彼女はキスをしていました。