超激務部署に配属されていた2年前、何人もの派遣さんが入り混じって活気 のある部だった。
そんな中に新しく配属してきたM子さん。概婚の同い年 (29)人妻の色気をもった超美人だった。おちゃらけ担当のわしは即効、
小手先の笑いで挨拶をすませ、4日間位は朝晩の挨拶程度。
 そしてついに人生、最高で最悪の幕開けが始まった。
商談先の会社へ訪問前、上司からM子さんを同行させ、仕事内容を勉強 させてとの事、
ちょっと大きな取引話だったんで、「一瞬マズイと思ったが、まあ バリット決めていい所見せよう」と楽な気でOK
 車の中で初日以来の会話、まあ仕事の話や家庭の話やったと思う。

そのうち、早くもM子さんにヘナチョコアタックをかけてくる奴がいて迷惑
していると相談された。「悩みを聞いて、何とかせんとネって」一通り相談 が終わったあと、出てしまった得意のおちゃらけが・・・・・


「○○の気持ちもわかるで、M子さん美人じゃけわしでも好意持つよ」
「って 、実はもうやばいんじゃ~」って暴露
 助手席のM子さんは、黒ストにヒール。すらーとした脚、車に乗り込んで
から、ちら見決めて「ギンギン」状態。
「もぉお~○カさんって肩をパチと叩かれ、笑った」
そう、実はM子さんは、わしが脚、ちら見してた事も「ギンギン」になってた
事を知っていたのだ。もうこうなりゃ話はH方面へ・・・・
「このままじゃ商談にならん、M子ちゃんが手こきしてくれとる事
想像して自分で慰めてくるよ」
ってスーパーの駐車場に車を入れた。
「自爆ネタと時間つぶしにジュースを買ってくるつもりやったんだが・・・」
「M子ちゃんが、本物でも良いよってマジ顔になった」
そのままスーパーのトイレに二人で入った。

手でしてくれると思ってたら、いきなりフェラしてくれた。もう夢中で、M子ちゃん
の服を脱がせ胸をナメまくった、全喘たれてない むしろハリがある。
M子を便座に座らせ、黒ストッキングを破った(ここはスーパーすぐ買える、なぜかそこだけは冷静だった) M子のアソコを触りまくった。びょしょびしょやった。さすがにここで挿入は音が聞こえるので止めた、そのまま口に出した。
M子は意地悪そうに沢山出たよって笑った。
 黒スト買って、そのまま商談、大成功、最高の取引になった。
M子とは、次の日すぐホテルに行った。