よく、保険外交員やセールスレディーが「体」を使って契約を取ったという話があるが、 
私にも、似た様な経験がある。

 それは「バブル」がはじけた直後の話。 
私の会社には毎月、ある銀行の渉外担当の女性行員が定期積金等の集金に来ていた。 
一般に、渉外担当は男性行員なのだろうが、この銀行は女性行員だった。 
ちなみに窓口にも美人が多く、私の同級生の男の間でも結構評判だった。

 そんなある日、両親が旅行に行っていて留守の時に、担当者・りつ子が来た。 
りつ子は私の1学年下で、当時24歳だ。 
いつもは玄関先で用件を済ませるのだが、この時のりつ子は、いつもと様子が違っていた。 
 ここで話を少し脱線させると「玄関先」と言うのは、会社に隣接している自宅の玄関だ。 
そこにしゃがんで集金の金額を数えたりするのだが、時々スカートの奥が見えたりする事も 
あり、密かに私は「集金日」を待っていた。 
 さて、この日は休業なので、私は誰もいない会社の事務室で電話番をしていた。 
りつ子は、深刻な顔をして 
「あの…、お話があるんですけど…」 
と言ってきた。 
「何でしょうか?」 
と尋ねると、りつ子は 
「今月、ノルマに足りないんです。で、できましたら『協力』を御願いしたいのですが…」 
と言った。 
私は「もしや」という思いが脳裏をよぎり、 
「ここで立ち話するのもなんだから、奥へ入って話をしましょう」 
と言って、会社の応接室に通した。 
 お茶とお菓子を用意して、りつ子と向かい合って座る。 
ソファーに座っているりつ子は、膝を固く閉じていて、心なしか震えている。 
 私は、りつ子の膝に時々目をやりながら「商談」をした。 
私「銀行員って、給料もいいけど大変ですよねえ」 
り「給料なんて、そんなに高くないですよ」 
私「そうですか。でも私だって、ノルマがなければ就職したいですよ」 
り「私も、ノルマがなければずーっと勤めていたいくらいですよ」 
私「それで、いくら位(ノルマに)足りないんですか」 
り「100万なんです。今月はボーナスが出る月なので、いつも以上に厳しいんです」 
私「100万か…。ボーナスねえ…。ウチは自営だしなあ…」 
り「そこを何とか御願いします」 
私「ちょっと待ってて、金庫の中を見てくるから。いくらかはあると思うから」 
 この時、りつ子は少し膝を開き、スカートの奥を私に見せた。 
いつもは、パンストでガードも堅いのに、この日は生足で、しかも毛が透けて見えた。 
いわゆる「勝負下着」だったのだ。 
 金庫の中には、100万以上の現金があった。 
ここで私は「カケ」に出た。 
金庫からその札束が入った封筒をりつ子の前に差し出し 
「ここに、100万はある。但し『取引』しようじゃないか」 
と言った。 
「何を『取引』するんですか」 
と、青ざめた表情で聞く。 
りつ子は、「生パン」を私に見せれば「ノルマ」が達成できると思っていたみたいだが 
「現実」はそんなに甘くはない。 
 私は、そんなりつ子を見て「これは落とせる」と確信し、 
「そんなの、決まってるじゃん。りつ子の『体』だよ」 
と言って、りつ子と並んで座り、膝から太腿を撫でた。 
りつ子は顔を背けて逃げようとしたが、ここで『逃げて』ノルマを達成できない 
ことの方が怖いのか、 
「やめて下さい」 
とは言ったものの、抵抗らしい抵抗はしなかった。 
 私は、唇を奪いながら、制服の上着を脱がせ、ブラウスをはだけて手を差し込んだ。 
りつ子は、屈辱感からか、涙を一杯溜めて真っ赤になっている。 
それが私を一層興奮させた。 
ペパーミントグリーンのブラをはずすと、84センチ位の柔らかな胸が顔を出した。