Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

専務w(去年採用した美脚の事務員、事務所とラブホで4回戦)

俺、10人ちょっとの小さな会社だが、いちおう専務(36)。 彼女K(27)は去年採用した事務員。 
もちろん面接、採用したのは俺w 
ちょっと細めで、顔はそうだねー、敢えて言うなら深田恭子をちょっと細くしたような感じ。
身長は160センチくらい? 髪は今は肩まで位のミディアムストレートでかなり茶髪。
ちょっと唇が厚めな感じでもろに俺のタイプだったんだよねw 
昔はちょっとヤンキーしてただろ?って感じだけど、仕事は真面目にしてくれるし、明るいのでお客さんにも受けが良い。 

俺も妻子もちだが、彼女も結婚している。 
旦那がフリーのジャーナリストだそうで、たまにしか家に帰ってこないっていうのは聞いていた。
その日は先月末の締め作業で、もう一人男性社員と3人で残業。 
8時を過ぎたくらいでようやく請求書の印刷が終わって後は封筒に入れて封をするだけ、というところまで来た。 

俺「じゃあ、今日は終わっていいよ」 

俺は、自分の席で雑用を片付け始めた。 
男は机周りを片付けると「お先にー」ってさっさと帰っちまいやがった。 
(後で考えるとこれがラッキーの始まりなのだがw) 

K「まだお仕事なさるんですか~?」 
俺「まだ雑用残ってるから。先帰っていいよ」 
K「そうですか~?なんか手伝いますよ?」 
俺「うーん、じゃこれコピーしてくれる?」
俺は自分の席で書類の整理をしていたのだが、
コピー機の前に立ったKの後姿が目に入って、ついボーッと眺めてしまった。
Kの脚は太すぎず、細すぎず、長くて俺の好みの脚だった。俺、脚フェチなんだよねw 
「く~、いい脚してやがんな~」といつも思っていた。 
あ、ちなみにウチは女性社員は制服です。 
白のブラウスにチェックのジャケットとスカート&黒のストッキングという格好。 

K「専務、どこ見てんですか~?w」 
いつのまにかKが振り返っていて、そう言った。 
咎めるような口調ではなかったけど、 
マジで見入っていたので、すっげー焦った。 
俺「いや、あははは・・・」 
Kも笑っていた。 
俺「悪いね、遅くまで残業」 
K「専務も毎日遅くまで大変ですね」 
コピーをしているKとそんな会話をしながら、
俺は今度は真面目に自分の机で雑用を片付けていた。 

K「はい、コピー」 

コピーが終わって、Kがわざと?少しかがむような感じで渡してくれた。 
ブラウスのボタンが二つ目まで外れてるので(これはいつものことなんだけど) 
ちょっと胸元チラ、みたいなw 
何故か「誘われてる?」と直感した。 
前からイイなと思っていたわけでもあり、 
この時点で、俺はエロエロモード発動w 
どうにかしてやろう、みたいなw 

さて、どうやってHに持ち込むか・・・・
俺「じゃ、次これ、コピーお願い。」(全然コピーの必要なんかない書類なんだけどw)
Kがコピー機のほうに向かうと、すぐに席を立ち、FAXの着信を確かめるフリをしながら、Kの隣に立った。

俺「遅くまで悪いね~」
K「早く帰っても旦那いないから~w」
俺はちょっとフザケタ感じで、Kの肩を軽くたたく。
俺「さびしいね~」
肩に手を置いたまま、Kの横顔を覗き込む。しかし、Kはちっとも嫌がるような素振りがない。

イケルっっ!!!!

俺はKの肩に置いた手を、腕のほうに滑らせて、ぎゅっ!と力を込めた。

Kは体を引き寄せられ、俺のほうを見た。 
ちょっと驚いたような顔?でも抵抗しない。 
次の瞬間、俺はKに軽くキスをした。 

遅い初(会社に入って飲み会の後で一年先輩に、処女を失った)

私の初体験は去年の秋です。 
 短大を卒業して普通に就職しました。高校、短大と共学だったんですけど、周りにはいつも女の子が居ました。友達はその中でも彼氏を作ったりしていたんですけど私には出逢いが無いというかあまり周りに男の子が居ませんでした。女の子でグループを作っていたからよりずらかったのかもしれません。 
 中学生の頃は結構男の子に告白されたりもしたんですけどね。

 そんな私も会社に入るとやっぱり周りは男の人の方が多かったのでいろんな人に誘ってもらいました。

 会社の飲み会とかでおじさん達はやらしい話を平気でするんですが私は処女なのを隠して話をあわせていました。 
 去年の秋に会社でお疲れ会みたいな飲み会があってその時、私の一年先輩の彼が隣りに座ったんです。

 彼は「ゴメンねやらしい話ばっかりでいつもそうなんだよね。」と優しく話し掛けてくれました。 
 私も「大丈夫ですよ」なんて笑顔でお話していました。

 一次会が終わった後おじさん達は「風俗に行く」と言い出したので私は帰ることにしました。 
 その時彼が「俺も風俗なんて行きたくないよ」 
 「一緒に飲みに行こうか?」と言うので「ハイッ」って一緒に飲みに行きました。 
 ところが「次の飲み屋に行くんだったら途中で買い物して俺んちで飲まない?」って行ってきました。 
 私は別に何処で飲んでも同じだし、男の人の部屋を見てみたかったのもあって彼の部屋に行ってしまいました。

最高のSEXの虜になった私(身体の相性がいい年下の同僚)

今から3年程前の出来事です。

私は当時30歳、小さめのIT企業に営業職として勤めていました。
結婚して2年目になり、そろそろ子供を作りたいなと考えていたので、
妊娠したら今の会社は退職し、家庭に入ろうと思っていました。

旦那は29歳と年下でしたが、そこそこ稼ぎも良く生活には不自由していませんでしたし、
出世コースを進んでいた事もあり、将来の結婚生活は安泰な状態でした。

そんな折、中途入社で1人の男の子が入社して来ました。
名前はS君といい、長身でスラッとしていて今時のイケメンといった感じで、歳は3つ年下の27歳という事でしたが、どこか大人びた雰囲気もある不思議な子でした。

「○○さん、よろしくお願いします」
「あ、はい・・こちらこそよろしくお願いします」

まっすぐこちらを見て爽やかな挨拶をされ、一瞬戸惑ってしまった私はあまり目を合わせられませんでした。

その数日後、課長が私の席まで来てこう告げました。

「S君の教育係はあなたにやってもらうから、しばらく仕事に慣れるまではサポートしてやってくれ」

「えー!仕事、結構溜まってるんですけど・・」

私は自分の事で精一杯だったので必死に断ろうとしましたが、

「○○さんもこの会社にいて長いんだから、それくらいの事はできるようになってもらわないとね」

「・・・はぁい・・分かりました」

そろそろ退職しようと思っているとは言えず、結局面倒な役割を引き受ける事になってしまいました。

その夜、旦那にS君の教育係になってしまった事を愚痴っていたのですが、旦那もあまり興味が無いのか、冗談を言ってマジメには聞いてくれません。

「でもイケメンなんだろ?変なオッサンよりはマシで良かったじゃない」

「イケメンって言うのは一般的にって意味だよ。私は別に全然タイプじゃないし・・」

「あっそ・・まあ辞める前の一仕事だと思えばまだ気が楽になるんじゃないか?」

完全に他人事です。
愛しい嫁が困っているのに・・。

「まあ・・・そんな事より、今日はHしたいな」

「え?今日?疲れてるんだけどなー・・」

「でも子供欲しいんでしょ?めんどくさがってたらいつまでも出来ないよ?」

「んー・・・まあそうなんだけど・・」

私は特にSEXが好きという訳ではなかったので、仕事のある日にするのはちょっと億劫だなぁといつも思っていました。

「ちょっとだけだよ・・」

最新記事