Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

泊りがけの温泉地での忘年会で社長夫人に女性用トイレに連れ込まれ

10年ほど前、大きな会社に嫌気が差し、小さな会社にとある部門の責任者として転職した際の事です。

泊りがけで温泉地にて忘年会がありました。

宴会が終わり、各部屋にて2次会が催され、私はそのうちの若い者だけが集まった部屋で盛り上がってました。

酔いが回り、お茶が飲みたくなって部屋のある階の自動販売機コーナーでお茶を買い、フラフラと部屋に戻ろうとすると、向こうから社長婦人が歩いてきました。

社長婦人は当時40代後半。

ちょっと派手目で長身、胸はあまり大きくないんですけどいいお尻。
タイトなスカートを履くとついつい目が行ってしまう。

気さくに話しかけてくれてとても良くしてもらってました。

社長婦人もかなり酔ってるようで、すれ違いざまに、

婦人「顔真っ赤よww~」

私「奥さんだってかなり酔った顔してますよ~ww」

なんて他愛のない会話をしながらすれ違い、自分の部屋の鍵を挿そうとしたら、浴衣の袖を後ろから引っ張られたのです。

振り向くと社長婦人がいて、口の前に人差し指を立てて

「シィー」

っとしながら立ってます。

どうしたのかと困惑していると、婦人が小声で

「お風呂は入ったの?」

私も小声で

「宴会の前に皆で入りましたよ?」

と答えると社長婦人は誰もいない事を確かめ、私の腕を引き、泊まってる部屋のある階より上の階に連れて来られました。

(続きは下記のリンク先で)


 

忘年会で泥酔した会社の後輩の美人受付嬢を食べて中出ししちゃった

会社で忘年会だったなあ。 事務の子が受付の友達連れてきてた。 

かなりの美人でキレイだなって。好みによるけどね。退社後に宝くじキャンペーンガール?もやってたくらいだし。良いほうじゃないかな。 

お酒注いで貰って キレイですよねなんて話しながら彼氏いいねえ。 羨ましいよな。なんて何気ない話し。 

事務の子が酔っちゃって俺が送ることになって 受付の子も一緒についてきた。 

オレも酔ってるもんでフラフラ三人で二人三脚みたいで歩き無事に送り届けた。 

受付の子を送る段階で結構飲んでたのか安心感かわかんないけど グタッってもたれ掛かってきた。

うわっラッキーだなあ。でもタクシー捕まえなきゃって通りに出てると 

えっ 気分悪くて休みたいって言い出した。マジか? 

吐きたいって言い出すもんだから公衆トイレに入った。 深夜だからひっそりしてて ついてきてって、、。ついていったよ。 

後ろから支えて口の中にオレの指入れて吐かせた。 何かこんな状況下だが大きくなってきて 彼女に当たってるんだが支えてて離せないんだよね。 

ハンカチで彼女の顔を拭いて タクシーに何とか乗った。 

彼女が何か小声で言ってるけどよく聴こえないから 口元に耳を寄せた。 

気分悪くてまたダメみたい、、。って。 慌てて停めて降りた。 

何故か前にこれでもかってギラギラのラブホ、、。 

入っちまった 

(続きは下記のリンク先で)

休日出勤して会社の営業の男性社員に睡眠薬で眠らされ犯されました

私は24才のOLです。仕事は男性の営業社員のサポートをしています。
この間、サポートしている営業の男性にレイプされました。 
私の仕事は、営業先での契約関係の資料をまとめたり作成をサポートする仕事です。
営業先は、海外ともやり取りしている関係で土日に休日出勤することがあり、その日も土曜日に出社することになっていました。

 営業の男性は、午後になると営業先へ出かけてしまい、私は彼が営業先から資料を持ち帰ってから、仕事に取り掛からなくてはならず、他の資料を作成しながら帰社を待っていました。
16時頃に電話が入り「営業先でなかなか商談がまとまらず時間がかかってしまった。
これから戻るが、申し訳無いが今日中に資料をまとめてほしいので待っていて欲しい。」という内容でした。
彼は、17時頃に帰社してそれから資料作成に取り掛かりましたが通常の資料でも3時間程度かかる資料作成が、この営業先の資料は、契約内容が細かくそれ以上かかりそうでした。

 21時頃になると他の社員も1人帰り2人帰りで、とうとう会社に残っているのは、私たち2人だけになってしまいました。
22時頃にやっと資料ができあがり、彼がお疲れさまとコーヒーを入れてくれたので2人でそれを飲みながらチェックをし、細かな修正は彼が行うということで私の仕事は終わりです。
コーヒーを半分くらい飲んだ頃、なんだか急に疲れがでたのか眠くなって来ました。
それにしても異様な眠たさです。意識が朦朧としてきて、彼が何か話しかけてきているのですが何をしゃべっているのかわかりません。
彼が私のコーヒーに睡眠薬を入れてあったのです。
最新記事