Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

会社の忘年会で狙っていた人妻由美を酔わせてお持ち帰りした

会社の忘年会でした。 
今夜こそ、狙っている由美を何とかしようと考えていました。 
まずは場所取り、彼女をはじに座らせそして僕はその隣に 
由美は人妻で、ご主人は趣味で空手をしているそうです。 
髪は肩までかかるくらいの長さのストレート 
制服の時はベストと上着を着ています。 
今夜はモヘアのセーターです。意外と大きい!! 
その時点で僕の股間はもうギンギン 
宴会の最中は彼女を飽きさせないように精一杯盛り上げました。 
酔いも回るうちに彼女も僕に気を許して僕の膝やら肩をぺたぺた 
と触ってきます。その間僕もお返しに軽く膝をタッチ 
終止にこやかで「これはいける!」っと思いました。 
そろそろ終わりに近づき始めたので 
「帰るの?僕の良く行くショットバーでもう少し話しようよ」 
「うん、今夜は楽しかったからまだ帰りたくないし 
付き合うよ」なんとラッキー!! 
BARに入りカウンターの奥へ陣取ります。 
「なんにする?」「分からないから何か頼んで」 
それならと少し強めのカクテルで注文、マスターが作ってくれたのは 
トムコリンズ、GINがベースで口当たりはいいけど彼女の飲んでる 
量からすると、これ2杯で足に来る予定 
彼女がトイレにと席を立った、チャンス 
マスターに同じ物を注文するが、今度は少し強くしてとオーダー 
飲んで見ると「うん、強い・・・」 
僕は飲んでるフリをして彼女に勧め本当に足にきたみたいです。 
気分がいいと僕の肩に寄り添ってきました。 
ためしに彼女の膝に手を置いて見ます。 
嫌がる様子はなく、かえって足を開き気味にしてくれるではありませんか。 
それならと内モモをさすり、ストッキングの感触を楽しみます。 
場所がカウンターの奥なので他の客からは死角になり暗くてよく見えないはずで 
す。 
スカートが上にずり上がりパンティーの脇に指がとどきます。 
それでも嫌がらない・・・図に乗って指先で遊んでいました。 
酔ってるせいもありますが、確かに彼女の目はトロ~ンとした表情に 
変わって来ています。 
彼女にそっと耳打ちしました 
「出ようか・・・」「うん・・・・」 
店を出てエレベーターに乗ります 
エレベーターのドアが閉まると同時に彼女を抱き寄せディープキス 
最初はビクッとしましたが、そのまま僕に身を預けるように唇を合わせてきます。 
エレベーターがチン!といったので慌てて離れましたが 
下りてビルの影でまた唇を求め合いました。 
それから行く先は決まっています。 

子供のいない36歳の人妻派遣OLの性感帯を開発して性奴隷に

派遣で入った和子は細身の体に、くびれた腰をピチッと覆っている短めのタイトスカートにブラが透けて見えるブラウスが妙にそそる女だった。
子供のいない36歳の人妻というのもかなりそそる要件だったが一応私の部下ということになっていたのでセクハラにならないように接していたところ、ある時、同じフロアの同僚から和子がヤリマンだという噂を聞いた。
もう数名とやったという噂だが内容に信憑性があった。
そうなれば遠慮する必要はない。
パソコンに向かった和子が「○長、ここわからないんですけど」と私を呼んだ。
薄い生地の白のブラウスからピンクのブラが透けている。
後ろに立つとホックがリアルに見えるのがエロい。
どれどれと覗き込むと二つ目まで外したボタンの隙間からこんもりと盛り上がった谷間が見えて、聞いた噂の内容を思い出し下半身が硬く漲ってきた。
思わずその硬直を和子の背中に押し付けた。
背中の硬いモノの正体に和子はすぐに気付きビクッと震えたが息を少し荒くしながら無言であった。
私はマウスを持つ和子の手の上に私の手を添え、「ここをこうすればわかるから」と言いながら下半身を擦りつけるように動かした。
そうして耳元に熱い吐息を吐きかけながら囁いた「たまらない体だな。俺のこの硬いデカマラ食ってみたくない?」すると軽く息を呑む感じで和子が小さく頷いた。
「退社時に3丁目の○○銀行横の駐車場で待っているから」そう言うと俺は和子の横から離れた。

駐車場では待つほどもなく和子が現れた。
私は軽くパッシングをして所在を知らせると、小走りに和子が走り寄り助手席に座った。
「お誘いびっくりしました。○長は私に関心ないんだってガッカリしてましたから」そう笑う和子がすぐマジな表情になり口を軽く空けて私を見つめた。
そのサインを見逃すほど女の経験がないわけではない。
軽いキスから始めすぐ濃厚に舌が絡まりあうディープキスに変わった。
もう暗い外に安心して和子の唾液を吸い舌を吸う。
深いため息で和子唇を外し「キス、すごく上手なんですね。。。もうキスだけで私。。。」と言う和子の手を取り私の勃起に誘った。
手馴れた感じで和子が握りながら軽くしごき「すごく太くて硬い。。。」と潤んだ目で私を見る。
私はエンジンをかけ「飯にする?それとも今握ってるのを食べる?」と和子に聞くと、「スイッチ入っちゃいてます。。。」との返事に「オッケー」と私は行きつけのラブホに車を向けた。

(続きは下記のリンク先で)

会社で深夜、真っ暗なフロアで憧れの上司にキスされて胸モミモミされた

連日残業続き。深夜帰宅が当たり前になっていた。 
憧れの上司との時間が長くもてて嬉しかったんだけど 
この前、まっくらな別フロアーで 
キスされて胸モミモミされた。とても幸せだった。 
でも何ごともなかったように仕事してる。。。

あのですねぇ。。。 
11月半ばあたりから連日終電&休日出勤が続いていたんですよ。 
で、私が仕事してるフロアーは5階なんだけど 
5階の女子トイレっていつ行っても超混みでウザイんで 
いつも別の階(7階)のトイレでハミガキしたり化粧直したりしてたんです。 
そこのフロアーは会議室&応接室なので普段は女子トイレはガラーンとしてるんですね。

深夜まで残業だと、会社がほか弁を人数分注文してくれるんですけど 
その日、お弁当を食べたあとでちょっと歯磨きして化粧なおして 
また仕事するかーって思って5階のトイレに行ったら 
別フロアのトイレにハミガキ&化粧ポーチを置いたままだということに気が付いて 
取りに行ったんです。でも夜だったから階段なんか真っ暗で・・。


もちろんトイレも真っ暗。手探りで自分のポーチなどを手にして 
急いで戻ろうとした時に靴音が聞こえたのです。 
清掃のおじさんにしてはヘンな時間にいるなーと思っていたら 
その人が近寄ってきてイキナリ私の手首をつかむようにして 
びっくりして「キャ!」と声を出すと、憧れの上で!!

「会議室に資料忘れてたのを思い出したので来たんだ」と言いつつ 
私の後頭部をなでなでし始めて「暗いから危ないよ」といってキス。 
無抵抗にしてたら立ったまま服の上から乳触ってきたり 
乳首のコリコリを探してきたり。。。
最新記事