Office Affair (会社職場での情事)

会社や職場での体験談を紹介します

遅かった処女喪失…童貞の後輩社員に気づかれないように馬乗りで

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。 
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。 
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。 
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。

同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。 
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。

同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。 
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。 
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。 
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。

やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。 
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。 
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。 
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。 
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

私は彼にならヴァージンを捧げてもいいと考えた。それもきっとチェリーの彼なら彼に気付かれずにヴァージンと決別できるかもしれない。 
実は結構若い内から好きモノだった私。女同士では結構ヤバイ事まで経験していた。

中学高校と割と県大会とかでは強かったバレー部にいた私は、身体はやわらかい方。 
女子高なので、女同士では、男性からはきっと想像できない程きわどい行為もあった。 
オナニーも早い内に覚えていて、ある程度棒状のモノも入れたりしていたし、多少の出血もあり。 
最近では通販で買ったバイブも入れてみたりして、あり、それなりに耳年増な私には、おそらく処女膜には穴があいていて、オナニーやレズ行為のやりすぎでたぶんあまり痛くないだろうという予感もあった。

ある金曜日の食事会の帰り、お酒を飲んだ彼は会社に車を置いて、私が家に送ってあげる事になった。 
(というか、安全日だった私は、決心していて、そのように画策した。) 
彼はお酒の勢いでちょっと気が大きくなっているようだった。 
話はエッチな方向になって、彼は多少の経験があるような素振りで強がっていた。 
「A君、私なんて、どう?」 
「えっ! あ、わはは。Kさんそんな冗談。」 
私は、彼の声がちょっと上ずったのを聞き逃さなかった。

社員旅行で新入社員の男の子に夜這いされた熟女はすぐに迎え入れた

ずいぶん昔、社員旅行に行ったときのこと。 
宴会の後、いくつかの部屋で飲んで、最後に自分の部屋に戻ってそこでまた何人かと飲んで、ついに寝入ってしまいました。
どれくらいたったことかわかりませんが、私は下半身付近に人気を感じて目が覚めました。 
寝ぼけながら何?と思ってると次の瞬間、浴衣が静かにめくられました。 
一気に目が覚めましたが、すっかりご無沙汰で、久しぶりのドキドキ感。 
つい寝入っているフリをしました。 
私は横向きの姿勢で、お尻を突き出すような格好で寝ていました。 
浴衣がめくられ、下半身はパンツ1枚になったはずです。 
私はドキドキしながら、今日はどんなパンツをはいていたか、どうしても思い出せませんでした。 
願わくばおまんこの染みが目立たないようなパンツであってほしい…。 
それにしても誰がしているのか? 
体の向きの逆側にいるので、確認できません。 
その誰ともわからない人の手がパンツの上からおまんこをツーっとさすりました。 
私は声を出しそうになるのを必死で抑えました。 
すると次に、大胆にもパンツを脱がせにかかりました。 
寝ていることになっているので腰を浮かせられません(私は大柄な、骨太女です)。 
彼は苦労しながらパンツを下ろしましたが、あんなにゴソゴソやって目を覚まさないと思ってるのかな? 
とにかく今度はおまんこがあらわになりました。 
太ももで彼の鼻息を感じるほど、彼はあそこに接近してきました。 
もうそれだけで興奮です。 
お尻の方に液が滴るのを感じました。 
次の瞬間、彼は指を入れてきました。 

社内親睦旅行で先輩OLにパクパクして貰って口の中に放出した

今日で俺のGWは終わりなんだぜ。普通の会社員がウラヤマシス。 
だから唐突だが、今週始めに行った社内親睦旅行での話を投下する。 

今週始め、新入社員も入ったしと言う事で、社員全員で親睦旅行に行った訳だ。 
まぁ、成人ばかりの集まりという事もあり、特に何も無く集合から宴まで 
滞りなく進行し、宴もたけなわですがという事で、お開き。 
とはいっても、それで済む訳無いよね。大人の世界。 
社長は管理職クラスを引き連れて特別室(死ねよ)へ。 
犠牲にならなかった者達は各々方々へ散った。 

で、俺も漏れる事無く親しい先輩方の酒の相手をするハメに。 
で、会社の方針についてあーでもない、こーでもないとか 
業界の勢力がどうの、これから必要とされるのはこうゆう商品だの 
愚痴と熱い話交えながら、それぞれ酒を楽しんでいたんですよ。 
で、22時頃かなー? 
ある先輩が「なんかからあげとか食いたいよな」って言い出して 
他の先輩達も「そうだな」「ですね」とか言ってる。 

あー、これは「買出し行けよ」フラグ立ったのか・・・。 
て思って、めんどくせーから「じゃあ新入りに行かせますね」って 
切り返した。 
「でも、あいつら社長の所で召使君やってるはずだぞ」 
・・・。めんどくせーけど行く事にした。 

で、行くにも飲酒だから車乗れねえし、歩いていくしかねーから宿の人に 
「この近辺で、コンビニってありますか?」って聞いたのよ。 
そしたら・・・・。 
愕然としたよ。 
「え~、ふもとの方に行けばあると思いますが、車で小一時間程ですね」 
はぁ? 
そのまま先輩に報告したよ。わかりました、行ってきますなんていい子じゃないからさ。 

そしたら先輩、「じゃあ待ってるの嫌だから俺行くわ」 
一瞬、え?いい人なの?って思ったけど、 
「お前らも来るよな?」って他の先輩道連れ。 
他の先輩はコバンザメみたいな奴だから「いいっすね!」とかしか言わない。 
で、「社長来て誰もいなかったら明日うるせーからよ、547留守番して適当に話合わせとけよ」 
「はい、わかりまちた!(らっきー)」 
で、先輩おもむろに鞄から風俗誌持って行ったよ。それが狙いかw 

お待たせした。そろそろだ。 
そんな展開で一人ぼっちになって、気が楽だけどそれはそれでつまらない訳で。 
先輩達が残していった酒とつまみで一人酒。 
そしたら、部屋のドアが「コンコン」って。 
ついに来たか、地獄への召集と思って出ると、 
「あ、547さん。こんばんわー」ってそこに事務の太田さん。 
太田さん「皆はー?」 
俺「なんかいろいろあってふもとへ」 
太「まあいいや。飲もうよ」 

仕事では絡むけどゆっくり話した事が無かったので 
色々と話せた。で、他の連中が遅いって話になって 
「風俗誌持って行ったから、風俗でも行ってるんじゃないですか?」 
「えー?きもーい。547君もそうゆうとこ行くの?」 
「いや、行きませんよ」 
「うそだー」とか言いながら下な展開に。 

「でも男の人って大体そんなもんだよね、女を性欲解消の道具みたいに思ってさ」 
何かあったなって思ったから聞いたら彼に冷たくされてるらしい。 
「やりたい時だけ家に来て終わったら帰るんだ」 
それは絶対におかしいと思って慰めてたら泣き出す始末。正直少し興奮してた。 
その後もしばらく泣いてたが「あたし、もうやだ」って泣いた瞳で見つめられた 
時に、我慢限界でした。普段ツンツンしてる人が弱ってる姿がたまらなく可愛くて 
抱きしめた。嫌がる感じもなかったのでそのままでいたら 
「何もしないの?」 
「しませんよ、先輩だし」パンツの下は下心丸出しでしたが。 
最新記事